上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

逃げようとした日本人を射殺 事件発生直後、邦人9人殺害か

アルジェリア人質事件の犯行グループが襲撃した南東部イナメナスの天然ガス関連施設で、プラント建設大手「日揮」の従業員として働いていた一人が20日、AFP通信に対し、16日の事件発生直後に日本人9人が殺害されたと語った。職員の名はリアド氏。襲撃してきた武装集団は、日本人の居住区域に向かい、逃げようとした日本人3人をまず射殺。
米国風の英語で「ドアを開けろ」と叫んで武装集団が発砲したところで、さらに2人が死亡。リアド氏らはその後、居住区域内で「さらに4人の遺体を見つけた」と言葉を詰まらせながら語った。 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130121-00000008-jij-m_est

◆不明邦人の安否確認続く=「新たに25遺体発見」-アルジェリア
アルジェリア南東部イナメナスの天然ガス関連施設で起きた外国人人質事件で、日本政府は21日、現地入りした城内実外務政務官を通じ、行方不明となっているプラント建設大手「日揮」の日本人10人の安否確認作業を続行。ただ、確認には時間がかかる見通しだ。

城内政務官はガス施設や現地の病院で確認作業を行う予定。生存が確認された日揮の日本人7人は政府専用機で近く帰国する。
アルジェリア内務省は軍事作戦が終結した19日、人質23人と武装勢力32人が死亡したと発表しているが、ロイター通信は治安筋の話として、20日の施設内捜索で新たに人質とみられる25人の遺体が発見されたと伝えており、さらに犠牲者が増える恐れもある。
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013012100038

多くの被害者がでたアルジェリア人質事件。
背後に中国の人民解放軍がいたというのは間違いないだろう。
今回の一連の騒動は、アルジェリア政府と中国vsアルジェリアのアルカイダ組織とそれを影で援助するアメリカCIAという構図の可能性が高い。

◆アルジェリアのアルカイダ系組織、中国人への報復を宣言―香港紙
2009年7月14日、英・情報会社スターリング・アシストによると、国際テロ組織アルカイダが、このほど中国新疆ウイグル自治区の暴動で多数のウイグル族が犠牲になったことを受け、「中国人に報復を行う」と宣言を発した。香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストの報道を、英公共放送・BBCの電子版が伝えた。

このほど報復宣言を行ったのは、アルジェリアにあるアルカイダの支部組織「イスラム・マグレブ諸国のアルカイダ」(AQIM)。アルカイダ系の組織が中国に対してこうした威嚇を行うのは初めてだが、各国のイスラム系組織がこれに追随する可能性が指摘されている。
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=33417

中国によるウイグル人の虐殺について、同じイスラム圏であるアルジェリアのアルカイダ系組織は報復宣言をしている。
またそれ以前にもアフガンのアルカイダ組織が度々ウイグル人の弾圧に抗議するために中国へとテロを仕掛けている話は出ていたと記憶している。

今回のウイグル問題を巡って中国と敵対するアルカイダ、そして北アフリカを開発してあらゆる面で事業パートナーとなっているアルジェリア国家と中国の関係、それが人質を見殺しにし、テロ組織への攻撃重視する救出劇と大きく関係しているようである。

◆アフリカにおける中国—戦略的な概観 (China in Africa)
http://www.ide.go.jp/Japanese/Data/Africa_file/Manualreport/cia07.html

中国の北アフリカ進出は、新彊地区から出たウイグル族イスラム過激派の動向と活動を追跡することに関連した、安全保障問題につながってくる。
中国の肩を持つアルジェリアはアルカイダテロ組織(CIA)への攻撃を重視し、中国もまたテロ組織だけでなく、人質になっている日本人やその他のウイグル救済側に立つ国の人質に関して、「テロ組織への攻撃重視、言い換えれば、ウイグルの肩を持つ日本などの国への遠まわしな攻撃・威嚇」をすることを目的としたのではないか?

アルカイダテロ組織がCIAと密接につながっていることを考えると、今回のアルジェリア人質事件は大きくみれば「中国対アメリカ」という構図も見えてくる。

三重スパイ――CIAを震撼させたアルカイダの「モグラ」

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2013/01/21 17:05 ] 戦争・テロ・動乱・事故・天変地異 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。