上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

中国の大気汚染 

中国東部で深刻化している大気汚染が、日本にも影響を及ぼすことに懸念が出ている。
中国では今年に入り、北京市などで汚染物質を含んだスモッグに覆われる日が続き、体調を崩す住民が急増。飛来したとみられる汚染物質が日本でも確認され、西日本の一部では基準値を超える汚染物質が観測されている。加藤勝信官房副長官は31日の記者会見で、「ただちに日本への影響があるレベルではないが、引き続き環境省で大気汚染物質の状況を調査するなど、適切な対応を図っていく」と述べた。

懸念されているのは、大気汚染物質の一つで、直径2・5マイクロ・メートル(1マイクロは100万分の1)以下の微粒子状物質「PM2・5」。吸い込むと肺の奥まで入り込み、肺がんなど呼吸器や循環器の疾患の原因になる可能性がある。
環境省によると、10日夜から北京市を中心に中国東部で大気汚染が発生、14日まで主要都市で汚染が確認された。同市内の濃度は多い時には大気1立方メートルあたり約500マイクロ・グラムで日本国内の基準(1日平均35マイクロ・グラム以下)の十数倍にあたる。
http://www.yomiuri.co.jp/eco/news/20130131-OYT1T00653.htm

melto612.jpg

北京ではPM2.5の濃度が最高で東京の年間の平均値の20倍以上に達し、大気汚染の基準となる指数も6段階のうち最悪のレベルとなっている。
ぜんそくや気管支炎程度ならまだしもPM2.5は肺癌の原因だとすでに明らかになっている物質である。

◆大気エアロゾル(微粒子)予測
http://sprintars.riam.kyushu-u.ac.jp/forecastj.html

◆国立環境研究所
http://envgis5.nies.go.jp/eastasia/ConcentrationMap1.php

◆すでに九州にはPM2.5が降り注いでいる
melto613.jpg

◆中国大気汚染:流入の西日本「物質濃度が急上昇」
中国で深刻化する大気汚染が「越境汚染」として西日本に流入した影響で、30〜31日にかけて近畿地方で大気汚染物質「硫酸塩エアロゾル」の濃度が急上昇したとみられることが、国立環境研究所の分析で分かった。地上の実測速報値も、環境基準を超す地点があった。
http://mainichi.jp/select/news/20130131k0000e040166000c.html

◆北京 薬局のマスク売り場には人々が殺到し、パニックに
北京市環境保護局は、市内35ヵ所で、国際基準に基づいた大気汚染指数を毎日計測し、ホームページ上で公表している。この指数が100を超えれば危険で、最も危険な「300以上」とは、「人体のあらゆる部位に直ちに計り知れない危険が及ぶ」レベルだ。
ところが北京市では何と、12日に35ヵ所のうち17ヵ所で「500以上」を、24ヵ所で「450以上」を記録してしまった。市内西部の中心地、西直門では何と「933」を記録!5ヵ所では想定外の高数値によって計測器が壊れ、計測不能となる始末だ。
専門家によれば「933」とは、即日肺がんを発症してもおかしくないレベルだという。
このため、2000万市民が住む首都・北京はパニックと化した。
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34719

即日、肺癌を発症すると聞けば大袈裟かもしれないが、がん細胞は毎日5000個程度発生していると言われており、それを免疫が処理しているのだが、その免疫が追いついていかなければあっという間に人間の体は癌細胞に覆われる。
北京では「北京咳」が最近になって物議をかもしている。
扁桃腺が腫れたような痛みや急に咳き込み始めるといった症状が確認されている。

北京咳
一部の外国人は北京に到着後すぐに咳に悩まされ始め、咳は数十秒間に1回、毎回かなり長い間続き、北京を離れると急に症状が治まるという。
http://news.nifty.com/cs/world/chinadetail/rcdc-20130126011/1.htm

◆中国各地に“癌の村”…「日本の核汚染よりひどい」=重金属問題
中国各地で、癌(がん)などの多発地域が存在する。発症・死亡率が大幅に上昇し、多くは45歳前後で死亡する。
血管関係の病気、癌、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)が多発している。
10歳になっても、歯が1本も生えない子どももいる。
従業員の間で「イタイイタイ病」は、「普通に見られる病気」という。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1014&f=national_1014_047.shtml

melto614.jpg

◆動画 実在する中国のガン村・エイズ村・肝炎村など
http://www.youtube.com/watch?v=V99jVtYAVZg&feature=player_embedded

またこの手のニュースで気をつけなければならないことは、かつて中国の黄砂問題をNHKなどのマスコミは煽りに煽って日本人を不安にし、そして民主党政権とグルになった中国は1兆7500億円をという日本人の税金を毟り取っている。
それだけの莫大な金を民主党政権は献上したが、黄砂対策には使われていないようでまったく効果がでていない。

今回の大気汚染も、ー煽るだけ煽っておいて、問題を解消する為に日本の技術が必要、日本が協力するべきという論調で日本に何らかの援助を引き出す目的も考えられる。
すでに朝日などはそういったニュースを流し始めている。

◆中国大気汚染―改善は日中の利益だ
http://www.asahi.com/paper/editorial20130130.html

去年から日中戦争が始まると大袈裟に騒ぎ立て、日本人を恐怖に陥れて「中国が尖閣問題で脅してくるから、もう共同開発でいいではないか?」という論調を引き出すために情報戦を仕掛けてきているのと同じである。
中国は日本と戦争する気などまったくない。日本政府が受けてたつと言えば中国は一週間もせずに負けることがわかっているのである。

◆田母神俊雄 ‏@toshio_tamogami
中国が尖閣で日本を挑発して戦争をしようとしていると言う人がいます。繰り返しますが中国は戦争をするつもりはありません。日本政府が受けて立つと言えば中国は自衛隊に勝てないからです。中国は戦争するぞと日本政府を脅し、中国の言い分を飲ませるための情報戦争を仕掛けてきているだけなのです。

◆放射脳と同じく「中国恐怖症」を埋め込まれる日本人
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-2066.html

また中国か!―90分でわかる「中国の悪行」大全 (晋遊舎ブラック新書 12)
にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2013/02/01 17:05 ] 中国に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。