上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

異常さを増す 原口議員 「1977年に未来へ行き原発事故の光景見た」

民主党の原口一博衆議院議員(53)が、過去に自作した詩をFacebookで公開している。その詩は昭和52年(1977年)4月に書かれたもので、原口氏が学生だったころのもののようだ。

「その霞の中から赤い炎が刺すような光を放っていた
 黒い煙がその赤い炎を覆っており
 死臭がそこから漂ってくるのだった」(一部引用)

と綴られており、原口氏は「恐ろしい事故のイメージ。核と共存できない世界」を詠ったものだと説明。
また、この詩の着想について、「昭和52年の僕は、未来に行って、この光景をみていた」と綴っており、チェルノブイリ原子力発電所事故もしくは福島第一原子力発電所事故のことを指しているようだ。
「あまりにも暗い、そしてどこにも救いのないイメージ。赤い炎。見たこともないような禍々しい閃光。黒い煙」
だとそのイメージを改めて説明している。
また詩の冒頭で「彼は戦いに行った」と綴っているが、ここに登場する「彼」が原口氏のことを指しているのかは定かではない。
http://yukan-news.ameba.jp/20130304-297/

グーグルアースの件で恥をかいた原口議員。
そして今回は政治家がオカルト的な話をfacebookに書いてしまう異常な行為、彼は自分が何をしているのかわかっていないようである。
以前から「おかしいのではないか?」と思うような発言が多かったが、日を追うごとに増しているように思える。

原口議員の支離滅裂な発言
◆原口議員の2013年3月1日のfacebook
どうせ死ぬのにどうして生きているのか?
死すべき運命の人々がどうして日々をそれに目を背けて生きていけるのか?
小学生の私は、大人と言う大人に聞いて回った。
胸が苦しくなるような経験だった。小さな私は、医師の診断を受けることになった。
「どこも身体は悪くありません。神経質ですね。」と言われることもあった。
夢遊病のように「どうして生まれてきたのか?」と叫びつつ歩き回った
母親は、小さな私を抱いて時が過ぎるのをただ待つほかなかった。医師の方々にも打つ手はなかった。
https://www.facebook.com/kharagucih/posts/570734709611671

◆内閣不信任案に賛成すると言いつつ、次の火には真逆のことを。
たった一日で言うことがころころと変わる原口議員。
虚言癖があるのだろう。一度は落選したものの、比例で復活しまたこの人が4年間税金を使い議員生活を送る。
melto589.jpg

◆消費税増税法案について2012年の9月には「民主党のトップ・総理になったら凍結する」と言いつつ、今年の2月のインタビューでは2009年の選挙では消費税増税を言わなかったが言うべきだったなどと発言。

120914 原口一博衆議院議員インタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=DI-dNKchsyk#t=00m55s
――もし代表になって民主党のトップ・総理になったら、消費税増税法案をどうするつもりでしょうか?
原口 『 凍結します』
   ↓
   ↓
2.14原口一博、本音で語る60分!その弐-01
http://www.youtube.com/watch?v=12B4eD9ux8s#t=01m26s
『私も前回(2009年の選挙)は消費税増税を言わなかった。言うべきだというのがボクの09マニフェストでの主張だった。しかし言わなかったから私達はつらい思いをした。今回(昨年末の選挙)はそこから逃げまい。もう誰がやってもここは避けて通れない。やはり真面目な真摯な姿勢が主権者に伝わったんですね』

◆原口一博ブログ 『いじめにあっている君に(1)』(2012/7/14) 実際にイジメられてる人に役に立つような長文ではないと思われる。
(略)
外に出られないトンネルなんかないからね。暖かさや光のある方向がわかるかい?
永遠に続くいじめなんかないからね。お日様の温もりはわかるかい。両手を広げてみよう。お日様が力をくれているのがわかるかい?
空を吹く風の気持ち良さがわかるだろう。目をつぶって風の音を聞いてみよう。風が嫌なことを吹き去ってくれるのがわかるだろう。 

君がいるところから土は見えるかい?土を手に取ってみられるかい?運動場の砂でもいいよ。庭の土でもいいよ。
土が君の辛さを吸い取ってくれると感じてごらん。傷つけられた心を癒してくれると感じてごらん。
「みんな」なんかいないからね。君を傷つける「みんな」なんかいないからね。

大丈夫。ふぅーと大きく息をはいて誰かが君の中にいれてしまった毒の気持ちまではいてしまうように。
大きく息をゆっくりと吐いてごらん。毒の代わりに綺麗な空気が入ってくるのがわかるだろう。
もう大丈夫だって思えるまでには時間もかかるかもしれないけど。誰かに手を握ってもらってごらん。
一人ぼっちなんてないさ。いつかは君も、今の君のように辛い思いをしている人を助けてあげる人になるんだ。
誰よりも辛いと思っている君だから同じような思いをしている人の気持ちがわかるよね。
ふぅーと大きく、ゆっくり息をはいてごらん。世界は愛と温もりと美しさに溢れているよ。
今は見えなくてもいつかは見えるから。今は感じることが出来なくても、わかる時がくる。だから今日は、ゆっくりと息をはいてごらん。
両手をお日様に向かって広げてごらん。お日様は、君の強い味方だよ。暖かいものだらけだってわかる日がくるよ。
http://ameblo.jp/kharaguchi/entry-11302030509.html

原口議員は幸福実現党へ移動することでも考えているのだろうか?
とりあえず比例区は全廃するべきだと思う。比例復活した原口、管、辻元らを見てもこの制度がいかにマイナスになっているのかよくわかる。

ウェブで政治を動かす! (朝日新書)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2013/03/06 17:27 ] 原口一博 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。