上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

維新・中山成彬元文科相「戦前の日本の朝鮮や台湾統治は欧米諸国の植民地主義とは違う。学校、道路、鉄道をつくった」

8日の衆院予算委員会では、日本維新の会から4人が質問に立った。「寄り合い所帯」と呼ばれる維新だけに、出身は民主党、自民党、たちあがれ日本、官僚とバラバラ。環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)問題を徹底追及したり、教育問題で安倍晋三首相を間接的に応援したりと、質問スタイルも“四者四様”となった。

「戦前の日本の朝鮮や台湾統治は欧米諸国の植民地主義とは違う。学校、道路、鉄道をつくった。韓国の近代化にも熱心だった」

自民党からたちあがれ日本に移り、維新所属となった中山成彬元文部科学相は、「自虐的だ」との指摘を受ける歴史教科書の是正を訴えた。

中山氏は、慰安婦問題をめぐる報道の偏向などにも言及し、教育再生を「最重要課題」と位置づける首相を間接的に応援。自民党出身の松浪健太氏も、政府の見解をただすより持論の道州制の重要性アピールに時間を費やした。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130309/plt1303091029000-n1.htm

◆2013.03.08 衆議院予算委員会 中山成彬 日本維新の会
34分過ぎから。
歴史問題、教科書検定、尖閣諸島の地図「創氏改名は朝鮮人が望んだと東大で講演したら朝日新聞に叩かれた
朝日が歪曲した慰安婦史料、20万人を強制連行し性奴隷にしたという嘘、について
http://www.youtube.com/watch?v=H-dBkv0LxDY

◆日韓併合時代の真実
http://www.youtube.com/watch?v=g5DIY2zBTMw

先日のTVタックルでも維新の西村慎吾議員が「慰安婦はいなかった」「戦後の補償を日本は既にしているのに韓国政府が該当者に配っていない」という事実を発言した。
今国会でも維新の中山議員が「教科書に嘘が書かれていること」を始めとして、日本が韓国を植民地にしたなどという嘘について言及した。

日本は台湾や韓国へ行きインフラ整備をして教育を施し、同じことをして台湾では今でも感謝され、朝鮮では「植民地にした」と罵られている。
不名誉な濡れ衣を着せられたままである日本について、事実をここまではっきりと本当のことを国会で述べた人はいないだろう。
以前自民党、麻生内閣にいたときに中山氏は「日教組の解体」を進めようとしたが多くの抗議を受けたために、大臣を辞任せざるを得なくなったが、「成田反対はゴネ得」「日本は単一民族」「日教組を解体へ」という発言は間違いではない。
慰安婦についてもネットでは真実が語られているが国会で「朝日新聞の捏造であること」を言及されたことはほとんどない。

たち上がれ日本から維新へ合流した議員を私は自民党とともに応援しており、西村議員、中山議員、そして石原慎太郎が「なぜ自民党ではだめだったのか」もよくわかる。
結局慰安婦問題、歴史教科書の嘘、日教組解体、尖閣問題など、彼らが手をつけようとすれば「過去の自民党内部」からの圧力によってできなかったことがあるから、彼らは平沼氏も加わりたちあがれ日本を作り、そして今維新への所属となった。

橋下氏の発言のブレ、迷走、思いつき行動など維新にはまだまだまとまりもなく野合の一面が見え隠れし、せっかく個人で素晴らしい考えをお持ちの方がいても、いつ民主党と組むと言い出すのか、みんなの党と「政策」が大きく違うのに連帯すると言い出すのか、と不安定要素が付きまとう。
中山成彬氏は素晴らしい方と思うが、私は自民支持にはかわりはない。

ひと目でわかる「日韓併合」時代の真実

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2013/03/11 17:05 ] 橋下徹・維新の会 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。