上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

7月衆参ダブル選急浮上! 「無効」判決相次ぎ首相決断か

昨年12月の衆院選をめぐり、広島高裁と同高裁岡山支部が相次いで「無効」を宣言したことで、永田町に不穏な空気が漂い始めた。
安倍晋三政権は経済政策「アベノミクス」の追い風を受け、今年夏の参院選で勝利した後に、憲法改正などに踏み込む構えを見せているが、衆院多数の正統性が危うくなってきたのだ。司法の最後通告に応じるだけでなく、宿敵・民主党の息の根を止めるため、安倍首相が今年7月、衆参ダブル選挙に踏み切る可能性が急浮上してきた。
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20130326/plt1303261825005-n1.htm

今回の流れは民主党政権が最高裁の違憲判決が出てから2年間放置していたことが原因であり、去年野田総理は違憲状態と知りながら解散総選挙に踏み切っている。
その結果、自民党大勝したのだが、そしたら今度は選挙無効判決を受けて民主党細野氏は「政権そのものの正当性が問われた」などと発言。

このまま衆参ダブル選挙へ突入すれば民主党の比例復活した原口、辻元、菅、や生き残った細野、岡田、などを一掃できるだろうし、TPPの交渉参加で支持率が上昇し、ハネムーン期間終了してもなお自民党憎しのメディアの調査でさえ、支持率75%超安倍内閣にとっては、民主党の息の根を止めるチャンスでもある。

自民党のこのような高い支持率は、今まで日本の政界は自民党VS反自民党であったが「反自民党」が民主党の反日政治によって消滅してしまったから出ているのだろう。社民も共産も民主も対抗するだけの力もない。

後は選挙前からTPPには肯定的な発言をしていた安部総理に関して、交渉参加表明の報道を「安倍総理はまだ交渉参加表明とは一言も言っていない、飛ばし記事を書くなー」と被害妄想的な間違った発言をしていた残念な自称保守が騒ぎ立てて自民党の足を引っ張ろうするだろう。
この手の人たちは自民党支持者でもなんでもないヒステリー集団と化している。

「安倍さんはいい人だから心の中では反対しているはずである」と勝手に解釈し、それが交渉参加と報道されると「飛ばし記事だ」と言い、正式に交渉参加になると突然、「交渉参加は戦後のアメリカとの戦いだー頑張れ安倍さん」と根拠なく決め付ける。ではTPPに参加することになったら「アメリカとの戦いに負けたけど安倍さんは頑張ってくれた」とでも言い出すのだろうか?
発言に一貫性もなく、安倍総理」の名前を出しては思い込みで発言を繰り返す。
まさに今のチャンネル桜と同じである。

チャンネル桜「うるさいハエどもが反桜キャンペーンをやってるようだ。批判コメント全削除を指示した」
【水島総】TPPと中国侵略問題[桜H25/3/25]
http://www.youtube.com/watch?v=XR4uSKITyWA
TPPの交渉参加を受け、掌を返すように「安倍降ろし」に狂奔する戦後保守達。
しかしポスト安倍の具体的な展望もなく、対案のないまま反対論に酔い痴れる様は、無邪気と言うより卑怯者といって差し支えないだろう。

水島社長
「大々的に反桜キャンペーン、反水島キャンペーンをやってる人がいる。うるさいハエみたいな人たち
「TPP批判と安倍批判を分けて考えないといけないんだけども、私がそれをできなかったということで、Youtubeの動画に色んな書き込みがあってね。分けなきゃいけないことが分けられなかったんで。
で、そういうチャンネル桜の姿勢について批判するものはどんどん削除していい。というふうに指示しました。
こういう事でですね、なんか皆、両論併記がいいとか言うんですけどね、んなもん、私はもういいよ!と。両論併記でよく民主主義とか言いながらね。
私たちの放送は民主主義のアレじゃなくて、ちゃんとこういう論理でやってますということを言いながら、色んな人たちに出ていただくという。そこが偽善、公正を装うものとは違うということを改めて言いたいですね。建設的な反対意見なら良いけど、安倍個人への批判とかはね」

コメント削除で大荒れだった動画
【直言極言】改めて、安倍絶対支持とTPP絶対反対[桜H25/3/22]
http://www.youtube.com/watch?v=bJyHdns-lKQ

◆支離滅裂な行動 TPP交渉参加推進議員は叩き潰す!怒りのシュプレヒコール!
http://www.youtube.com/watch?v=gx6MEq8b1Rc

水島社長
「TPPに賛成した議員、こういった国を滅ぼす議員達は必ず次の選挙で叩き落す!」
「戦後の保守と言われた人々に対しても国柄を守る道を選ぶのかアメリカに屈する道を選ぶのか、こういった日本人の姿勢が問われている!」

チャンネル桜は、現在を「今ここにある危機の非常時」すなわち国難の時だと考えています。
平時では既に無く、「戦時」すでに、反日勢力、反日国家との間接、直接の侵略「戦争」が開始されているという認識を持っています。
この危機認識の中で、私たちは「TPP反対、安部政権支持」の旗印こそ、安部政権に強い交渉力を与え、TPPを換骨奪胎させて、関税自主権を守り国益を守る現実的な道だと考えています。
その意味で、このコメント欄の投稿基準をお伝えさせていただきます。
コメント欄に入ってくる組織的謀略工作に対しては、有無を言わさず「敵」として削除させていただきます。また、残念ながら、その工作に乗せられたと思われる「善意」の投稿も、上記の認識において、削除されることもあります。
このコメント欄は、仲良し議論クラブではありません。チャンネル桜自体やその方針に反対する方は別の場所で議論してください。
「戦後体制脱却」のためのラストチャンスの戦いは、すでに始まっています。
この「戦争」に参加いただける方にだけ投稿をお願い申し上げます。 チャンネル桜編成部
http://www.youtube.com/watch?v=XR4uSKITyWA 



どこにでもハエのような人間はいる。彼らは粘着という行為を重ねることで性格の一部になっているのだろう。普通なら気に入らなければ見ないはずである。文句を言いながらサイトに噛り付いて離れられない人のことなど気にしていても仕方ないのではないか?

青木直人の予言 ブログより
これが総選挙最終日、熱狂する善意の若者たちが、秋葉原で日の丸の旗をふりながら、「救世主」安倍晋三に涙ながらにエールを送ってから3か月目の光景なのです。
「おまかせ定食」のメニューは支援者の方々の希望通りのものだったのでしょうか。
教訓にすべきは単なる思いこみではなく、事実を直視するということではないのでしょうか。
そして、願望ではなく、客観的で正確な情勢動向の分析なしにいかなる社会活動も成功は期し難いということなのです。主観的な願望や楽観はいともたやすく事実と言う客観性に報復されてしまう。

保守待望の安倍政権誕生で、逆に保守の瓦解がはじまりそう。

安倍政権の評価をめぐり、保守勢力が分裂・内ゲバ化を進行させています。もうこの流れはポイント・オブ・ノーリター(引き返し不能)でしょう。両者は互いに「なぜわかってくれないんだ」「日本を愛しているのに」と言いながら,相手の喉元に匕首をあてているという状況です。
その光景はまるで、土佐勤王党の最期を見る思いです。武市瑞山の捨て駒にされた岡田以蔵は入れ墨を入れられたばかりか、武市から自害せよと毒の入った差し入れを送られたのです。裏切り者は抹殺する。政治はあまりに非情です。
以蔵は吉田東洋暗殺に師の武市が関与したことを自白することで武市への復讐を完結し斬首されていったのです。
http://aoki.trycomp.com/

自民党VS反自民党であった今までの構図が、反自民が消し飛び、自民党支持率が75%超。
民主党政権の時から比べると本来ならば喜ぶべき支持率なのだが敵がいなくなると分裂の危険があるということなのだろう。
私は安倍氏を支持にはまったく揺らぎもなく、TPPは安倍総理の交渉参加表明の前から交渉参加には賛成である。
多くの日本国民がTPPの交渉参加を支持していることを考えると、投票率があがる衆参同時選挙もねじれ解消の一つの手段かもしれない。

日本人なら知っておきたい TPP 環太平洋戦略的経済連携協定

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2013/03/27 17:05 ] 選挙関係 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。