上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

河野太郎「私を在日認定したブログは謝罪と削除をしなければ法的処置」

河野太郎 ‏@konotarogomame
謝罪と削除が速やかに行われない場合は、法的措置も検討します。ネット解禁も間近ですので。RT @*** 在日でも帰化すればOKという意見を見ますが『帰化はあくまでも形でしかありません』 【転載】帰化人国会議員一覧 http://amba.to/NDpy1J
https://twitter.com/konotarogomame/status/321470022256046080

河野太郎 ‏@konotarogomame
広報本部が断固たる対応をとっていきます。RT Twitterなどで人種・民族差別を煽り政治家などへの誹謗中傷を繰り返す人々のプロフィールを見ると自民党ネットサポーターズクラブ会員を名乗るケースが目立ちます。自民党として人種・民族差別、排外主義を許さない姿勢を示してください。
https://twitter.com/konotarogomame/status/321540902726295552



そもそも河野談話とは当時の官房長官だった河野洋平氏の「河野」という名前がついてはいるが、河野洋平氏が突然思いついて個人で出したものではなく当時の内閣の意思として発表されているとのこと(後述)。
内閣の意思なので内閣が否定しなければずっと継承されていく類のもので、自民党内閣はこの「河野談話」をずっと踏襲しており、今年にはいってアメリカが安倍内閣に「河野談話見直せば具体的な対応取る」と警告している。
慰安婦問題のでっあげは単なる朝日新聞のいやがらせというよりは、アメリカの朝鮮半島統治の政策の一つとして日本が犠牲になっている類のものではないだろうか?

息子である河野太郎氏がネット保守から叩かれるのは「慰安婦捏造」問題で父親の河野洋平氏が個人的に「河野談話」を作ったと思われている点が大きいけれども、息子である太郎氏が「慰安婦強制連行はあった」と支持していることに他ならない。

この人のように実際に日本人にも「慰安婦強制連行はあった」という人はたくさんいる。
左翼の中にはしばき隊と有田議員のように明らかな外国組織と手を組んでいる輩もいれば、私たち保守とはやり方が違うけれども日本をよくしようと、彼らなりに真剣に考えている左翼、いわゆる「愛国リベラル」という人たちも存在している。考えはまったく賛成できないし相容れないものではあるが、日本は悪いことをしたのだから謝罪しないといけない、慰安婦強制連行はあった、と本気で思っている。

一部の極端な自民党ネットサポーターズクラブの会員の問題は去年から、いろんな方面で指摘されていて、野党になってしまった自民党が、マスメディアの偏向報道への対策の一つとして力を入れているものであるが、これは別の言い方をすれば、弱気になった自民党が有権者にやや迎合気味に擦り寄った結果、「政治家は何もわかっていないから私たちが意見して教えてあげないといけない」という間違った距離感、勘違いした層を作り出してしまったのも確かである。

それとは別にツイッターではネットサポーターズクラブを利用して北朝鮮労働党や統一教会関係者が日本人になりすまし、「自民党支持者」として暗躍している可能性もあるだろう。
党員資格にはいろんな規則があるが自民党ネットサポーターズクラブにはまったくない。
自民党としてはあまり重きを置いていないだろうし、もともとその程度のものだと認識して、河野氏はいちいち言わずに放置すればいいのではないか。

河野太郎氏が語るいわゆる「河野談話について」
河野談話とは「河野」という名前がついてはいるものの、河野氏の意見ではなく「内閣の意思」であり、「あの表現は官邸の中で皆で相談して、最終的に決めたものなのです。当然外務省、厚生省、労働省など、関係する官庁には全部連絡して決めたわけですから、あれは内閣の意思でして、特定の人の意見ではない。内閣の責任で出した談話だということは間違いありません」

Q この「内閣の意思」は宮沢内閣以降どうなっているのですか。

A 宮沢内閣以降の歴代内閣はこれを踏襲しています。


Q 「河野談話」を修正、または撤回するためにはどうしたらよいのでしょうか。誰がやればよいのでしょうか。

A 「内閣の意思」は、総理大臣が明示的に踏襲すると発言しなくとも、明示的に否定しない限り、新しい内閣に引き継がれます。


Q 加藤談話及び河野談話については、談話を出した本人が意見を変えれば変更ができるのでしょうか。

A 歴代官房長官は、この問題に限らず、様々な問題について談話を発表してきていますが、いずれの談話も内閣の意思を表しているものであって、個人の意見を述べたものではありません。ですから官房長官談話の変更には、内閣の意思の変更が必要になります。
談話を出した本人のその後の意見というものは、談話には関係ありません。
http://blogos.com/article/45981/

◆アメリカからの圧力 河野談話見直せば具体的な対応取る
オバマ米政権が日本政府に対し、旧日本軍の従軍慰安婦の強制連行を事実上認めた「河野談話」など過去の歴史認識の見直しに関して慎重な対応を求めていたことが分かった。見直しは韓国や中国など近隣諸国と日本の関係の深刻な悪化につながりかねず、オバマ政権が重視するアジア太平洋地域の安定などにも悪影響を与えるとみているためだ。
米側は昨年末、複数の日本政府高官にこうした意向を伝えた。オバマ政権高官は日本経済新聞の取材に「特に『河野談話』を見直すことになれば米政府として何らかの具体的な対応をせざるをえない」と述べ、正式な懸念を示す声明の発出などの可能性に言及。談話の見直しの動きを強くけん制した格好だ。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS05001_V00C13A1PE8000/


朝日新聞「従軍慰安婦」記事数の変動
~1985年1月1日~1998年4月30日~

年      件数      特記事項
1985      3      ソ連にゴルバチョフ書記長登場。
1986      3
1987      2
1988      4
1989      6      ベルリンの壁崩壊。
1990      8
1991     110      ソ連崩壊。
1992     622
1993     350
1994     296
1995     384
1996     450
1997     375
1998      76
http://www.akashic-record.com/jgi-a.html

ソ連崩壊によって韓国国内に大勢いる「韓国左翼(共産主義者・北朝鮮勢力)」らの「共産主義崩壊」の反発、「反米運動」の回避、それらの不満を一気に日本への「敵視」に変えるために過去の連合国が朝日新聞を使い「従軍慰安婦」をでっち上げたという意見に賛成である。
共産主義の国からしてみれば過去のように日本と韓国が手を組むことは脅威であり、アメリカからしてみれば両方を手なづける意味で、日本と韓国の間が良好であるよりはこじれていた方が都合が良い。
朝鮮半島は常に共産主義と民主主義のせめぎ合いの場所でありアジアの火薬庫である。

マッカーサーの呪いから目覚めよ日本人!

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2013/04/11 17:05 ] 自民党関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。