上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

環境汚染が進む中国 ブタ・イヌ・ネズミが一晩で大量怪死

中国河南省洛陽市偃師の東屯村で15日、ブタやイヌの大量死が確認された。
村民は「一晩のうちに村のイヌがほぼ全て死んだ。死ななかったものも今にも死にそうだ」と話している。
複数の養豚場でブタも大量に死んだという。
ある養豚場では飼育していた70~80頭が全て死に、ネズミが死んでいるのも確認された。
この村で死んだブタは238頭、イヌは89匹に上った。ネコなどほかの動物の状況は確認中だ。
村民はこの現象について近くにある医薬製品生産の化学工場から排出される気体が原因ではないかと疑っている。
現地の衛生、畜産関連部門は、今回の動物の大量死が鳥インフルエンザウイルスH7N9型の感染とは関係がないと指摘した。原因については調査中だ。
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/341724/

閲覧注意 一晩で大量に死んだ豚、犬、ねずみなど
http://www.xinhua.jp/resource/2013/04/110-21.jpg
http://www.xinhua.jp/resource/2013/04/110-11.jpg
http://www.xinhua.jp/resource/2013/04/110-3.jpg

死んだ家畜に猫がいないことを考えると、空気よりも重たいガスか何かが原因で家畜が死んでしまったのではないだろうか?一晩でこれだけ動物に被害が出ていることを考えると、人体に悪影響がないはずはない。
また中国はこうやって死んだ豚の肉を食肉用として流通させている可能性が高い。

病死したブタの肉を買い取るブローカー 食肉へ
◆豚大量死で露見した中国畜産業界の闇 3本足の鶏、死肉専門ブローカーも!
海市を流れる黄浦江で、伝染病で死亡した豚の死骸が6000頭以上、投棄されていた騒動は世界中で報じられ、大きな話題となった。黄浦江は上海市の水源になっており、市民らの不安が高まるなか、当局は畜産農家が遺棄したと発表した。
一方、遺棄したとされる農家のある村役場は「家畜の死骸回収は無料で行っており、投棄はありえない」と話し、「豚が死ぬと専門の人が引き取りにくる」という村民の証言も報道された。
http://www.zakzak.co.jp/zakspa/news/20130404/zsp1304041400004-n1.htm

その他の証言
 「農村部を車で走っていたら、人だかりができていたので停車して近づいてみると、田んぼの真ん中に5匹の豚が横たわっていた。どの豚も虫の息で、野次馬は『病気の豚を誰かが捨てたんだろう』と話していました。それから2時間後、帰りに同じ場所を通ったら豚の姿はなかった。村人たちの胃袋の中に消えたんでしょう」

「市内の精肉店で、鶏肉を丸ごと1羽買ったら、なんと足が3本生えていた。中国ではたまにあるようで、中国人の妻は『ラッキー』と喜んでいましたが、抗生物質や成長促進剤を投与しすぎて奇形になってしまったんでしょうね。気持ち悪くなって捨てましたよ」

「たまに食肉業者が飛び込み営業に来ることがあるんですが、豚肉で相場の半額以下と明らかに安い価格を提示してくる連中がいる。従業員曰く、そうした業者が扱っているのは、病死や老衰死した豚肉とのことです」

◆「上海市民は死んだブタの肉を食べていた」=浙江省の飲食店経営者が証言
地元の農家によれば、死んだブタは500グラム当たり1元(約15円)で売っていたという。現地にある飲食店の経営者によると、 死んだブタはワゴン車に7~8頭が積まれ、上海に運ばれる。検疫所の係員に見られそうになれば、車を捨てて逃げるという。
http://news.livedoor.com/article/detail/7555063/

melto684.jpg
病死して川に捨てられたブタを買い取って食肉用として販売する中国の業者

◆地下水が汚染されているために公衆トイレの下水を汲んで使用している中国。
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/340102/

◆ゴミ集積場の“臭い水”が飲料水源に繋がるダムに垂れ流し
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/338775/

◆“犬も食わない”肉で作ったスナック、病死豚などから製造の業者摘発
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/340306/2/

大規模な反日デモという名の暴動が去年中国で発生して中国へ旅行に行く人はかなり減ったが、今でもテレビがまともに報道しないために中国が安全だと勘違いして旅行に行く方たちがいるとのこと。
反日国なので危険というのもあるが、甚だしい環境汚染や大気汚染、モラルの低下による食の危険、鳥インフルエンザの放置、これらをあげていけばキリがない。
今の中国ほど人が暮らすのに適さない国はないだろう。

中国はブタなどの動物の奇形が次々と生まれていることは広く知られているが、人間の奇形も同様に増え続けている。

◆中国では毎年、80万­から120万の奇形児が誕生。30秒ごとに奇形児が1人生まれて­いる
http://www.youtube.com/watch?v=kdEuh2tU8qY

◆中国の欠陥嬰児 毎年約90万人
http://www.youtube.com/watch?v=f8Js1pIiOEE

中国高官が祖国を捨てる日ー中国が崩壊する時、世界は震撼する (経済界新書)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2013/04/20 17:05 ] 中国に関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。