上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

有田芳生議員野次られる 北のスパイが拉致被害者問題を隠れ蓑に

◆すべての拉致被害者を救出するぞ!国民大集会
http://www.youtube.com/watch?v=BGKuwMFive0&feature=youtu.be
日比谷集会でのの来賓紹介の一幕。
司会者が「有田芳生参議院議員」と紹介すると会場から「レイシスト」「帰れ」の罵声が飛ぶ。

別バージョン
◆拉致被害者救出国民大集会 参加議員紹介(拉致議連事務局長 山谷えり子議員)
http://www.youtube.com/watch?v=8vo9iCGk6KY&feature=youtu.be

竹島奪還デモや新大久保コリアンタウン化を阻止する平和的なデモをしている日本人の一般市民に襲い掛かり、帰り道を待ち伏せしたり、ツイッターで脅迫をする在日朝鮮人らによって組織作られた「しばき隊」。これを全面応援する民主党の有田芳生参議院議員。

このような野次が飛ぶのは多くの人がこの人物に疑問に感じている証拠である。
拉致被害者を救出しようといい、その片方でテロ組織化している朝鮮学校を無償化にしろと言い張る有田議員。
朝鮮学校は普通の外国人の子供らが通う学校と違い、学校の認可がなく自動車学校の類であり、教員免許のない北朝鮮の活動家が教師となって子供たちを教育しているのである。



朝鮮学校の実態 北朝鮮の犯罪組織の一部
朝鮮学校元校長・金吉旭による「原敕晁さん拉致事件」
金総書記側近を国際手配へ、原敕晁さん拉致指示
1980年6月の原敕晁ただあきさん(当時43歳)拉致事件で警視庁公安部は、北朝鮮の金正日総書記の当時の側近で、工作機関・対外情報調査部の姜海龍カンヘリョン元副部長について、来月中にも国外移送目的略取などの容疑で逮捕状を取り、国際手配する方針を固めた。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110929-OYT1T00137.htm
http://megalodon.jp/2013-0501-1732-50/www.yomiuri.co.jp/national/news/20110929-OYT1T00137.htm

◆朝鮮大学校出身の企業経営者(元朝鮮総連関連者)による「朝鮮学校問題に係る在日スパイ被疑事件」。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E5%95%8F%E9%A1%8C%E3%81%AB%E4%BF%82%E3%82%8B%E5%9C%A8%E6%97%A5%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E8%A2%AB%E7%96%91%E4%BA%8B%E4%BB%B6

◆朝鮮学校元校長・曹奎聖と住吉会系暴力団員との共謀による「北朝鮮ルート覚せい剤密輸事件」。
http://www.geocities.jp/kosakaeiji/170703houdou.htm

◆朝鮮学校元教員・金徳元が、かつて朝鮮学校の教え子だった特別永住者を使って成田空港に麻薬ヘロインを持ち込んだ「広島朝鮮学校ヘロイン密輸事件」。金徳元は事件発覚後、現在に至るまで行方不明である。
http://yoshiko-sakurai.jp/2010/04/15/1687

◆【朝鮮学校の真実】朝鮮高校の青春 ボクたちが暴力的だったわけ
日本人狩りをする朝鮮学校の生徒らを生き生きと書いた本。
アマゾンのレビューには痛々しい証言もある。
http://matome.naver.jp/odai/2135913060953876701

◆子供のころに大怪我させられた理由がわかった
私ごとですが、中学生か高校生くらいのお兄ちゃんの集団にわけも分からずぼこぼこにされ大怪我をし、貯金を降ろさせられた犯罪にあった経験が有リます。
警察には捕まったのにどうにもならないので被害届を取り下げるように言われたことで片親の母が泣きくずれていたのをよく覚えています。
この本を読んでその理由が分かりました。
http://www.amazon.co.jp/review/RB9FVURHMLFZE/ref=cm_cr_dp_title?ie=UTF8&ASIN=4334974805&channel=detail-glance&nodeID=465392&store=books

◆児童用防犯ブザー配布反対に朝鮮人からの脅迫電話が殺到 町田市教委/東京
町田市教委が北朝鮮情勢を理由に市内の朝鮮学校へ防犯ブザーの無料配布を取りやめ、後に撤回した問題で、配布に反対する大量の脅迫電話などで市教委の通常業務に支障が出ていることが10日、分かった。「死ね」「ハンマーで頭を割ってやる」という内容もあり、市は町田署に相談、庁内の警備を強化した。
http://mainichi.jp/area/tokyo/news/20130411ddlk13100247000c.html



youtubeのコメントにもあるように有田氏はこの集会の直前に開かれた朝鮮学校無償化を求める集会にも出席するという非常に矛盾した行動をとっている。
朝鮮学校そのものが拉致事件関わった組織であり、「原敕晁さん拉致事件」では元校長の金吉旭は国際指名手配されている。

また先日、民主党の徳永エリ参院議員(51)が国会質問で、閣僚による靖国神社参拝に対し、「(北朝鮮による)拉致被害者の家族の方々が落胆しているとの声が聞こえる」などと発言しているが、これが捏造の可能性が高い。

拉致家族会の増元照明事務局長は「あり得ない。家族会のメンバーと連絡を取ったが、私を含めて『閣僚の靖国参拝は当然』『誰も発言していない』という認識だ。国会で拉致被害者家族という名前を使った以上、徳永氏はきちんと説明すべきだ」と参拝を支持しているのである。

民主党は拉致被害者家族を利用
勝手に拉致被害者の家族を持ち出して「落胆している」という捏造発言にみられるように民主党は、拉致被害者の家族の方々を利用している。
徳永議員のブログ記事にも、"拉致被害者を支援している同僚議員から、「一連の韓国や中国との関係、問題、影響しないだろうか?」と心配する声が出ている、それを話して欲しいと言われた"とあるがこれは有田自身の徳永議員への入れ知恵ではないのか。

有田氏も拉致被害者を救えとばかりに、「すべての拉致被害者を救出するぞ集会」へ参加しているが、これは有田氏のパフォーマンス、著書を書いて飯の種にしているだけにすぎないだろう。
自身が北朝鮮シンパであることを「拉致被害者」を利用してそれ隠れ蓑にしている可能性が高い。

拉致問題を理由に北朝鮮を訪問する有田芳生議員
◆有田議員が訪朝終了 遺骨問題で現地視察か
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/601919/

◆民主・有田議員が訪朝…「相談なく残念」と外相
民主党の有田芳生よしふ参院議員(比例)が北朝鮮・平壌を訪問したことが24日分かった。
有田氏の事務所によると、有田氏は「政治、経済状況の視察」として22日に中国・北京を訪問した後、23日に平壌入りした。27日に帰国の予定だ。政府は北朝鮮への渡航自粛を求めており、玄葉外相は24日の記者会見で「政府・与党に相談なく、与党議員が訪朝するのは残念だ」と不快感を示した。
北朝鮮からの引き揚げ者でつくる「全国清津せいしん会」も23日、墓参などのため平壌入りしている。同会は24日、「(有田氏から)同行要請はあったが、諸般の事情から固くお断りした」とのコメントを発表した。
(2012年10月25日06時38分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20080115-899562/news/20121024-OYT1T01346.htm?from=blist

有田氏は、北朝鮮の麻薬関連で繋がりのあったオウム事件の解決に取り組んでいたはずだが、なぜ安全に北朝鮮を訪問できるのか、またなぜ自身が所属する民主党に相談もなく勝手に訪朝するのか?

有田氏や徳永氏が拉致問題を都合のいいように利用するのは、安倍総理がかつて力を注いで取り組んでいた問題であることに目をつけて、足を引っ張り、拉致問題の解決を北の命令によって邪魔する目的を持っている可能性が高い。
そのうち北朝鮮にパイプを持つであろう彼らは、今回のように拉致被害者を盾にとって「靖国参拝をやめろ」「朝鮮学校を無償化しろ」と脅迫めいたことを言い出し、安倍総理、拉致被害者家族の両方に圧力をかけているだろう。

◆北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会
http://www.sukuukai.jp/

◆「朝鮮学校補助金交付取り消し」第7回公判は、この6月5日(水)13:15 神戸地裁204号法廷
http://sukuukai078.com/ust.html

ワシントン北朝鮮人権委員会拉致報告書

ブログ村 その他保守ブログ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2013/05/03 17:05 ] 有田芳生 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。