上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネット選挙で共通ガイドライン なりすましに厳罰

この夏の参議院選挙から解禁されるインターネットを利用した選挙運動では、候補者に対するひぼう中傷などの問題が懸念されていますが、こうした書き込みへの対応にばらつきが出るのを防ぐため、ブログの運営会社などで作る業界団体は共通のガイドラインを設け、削除などの業務に当たることになりました。

この夏の参議院選挙から解禁されるインターネットを利用した選挙運動では、候補者のひぼう中傷や、候補者のふりをして発言する「なりすまし」などの問題が懸念されています。
こうしたなか、ブログの運営会社や、インターネットの接続業者などおよそ600社で作る業界団体は、会社によって書き込みの削除などの対応にばらつきが出るのを防ぐため、共通のガイドラインを設けることになりました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130508/t10014423241000.html

◆主なガイドライン
・削除の申請を受け付ける場合には、申請が候補者本人からであることを、印鑑証明書や免許証などで確認すること
・書き込みが、公職選挙法の適用対象となる選挙運動期間中に行われたかを、通信記録などから確かめる

◆ネット選挙解禁でできること
melto718.jpg

個人宛に送られる電子メールは候補者・政党以外ではNG。
もうひとつは有料のネット広告は政党以外ではNGとなる。
ネットでほとんどの活動が許されるようになるので、静かな革命だといわれているネット選挙。
しかし使い方を間違えば予想しない結果となったり、うまく使えば絶大な効果が予想され、またとんでもない政党が政権を取る可能性を秘めているので注意が必要だろう。

なりすましに厳罰
◆ネット選挙解禁で犯罪者に?
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130406/elc13040612000000-n1.htm

残念ながらネットではなりすまして発言をすることによって、意図的に間違った方向へ扇動する手法、単に自分が優越感に浸りたいための愚行としてが使われることが多い。
これに懸念を示して厳罰化することは賛成である。

ツイッターでも「私は○○の議員秘書です」「私は自民党員の上位の人間です」という嘘をプロフィールに書いたりでたらめをツイートして何度もアカウント停止になっている方たちがいる。
「人権擁護法案の阻止をぜひお願いします」「災害対策をお願いします」と騙されている人がこの手の人間を頼って発言しているが、これらのなりすましは選挙運動期間中に逮捕されることになる可能性が高い。

ネット選挙が禁止されていた理由の一つに、公職選挙法では選挙ポスターや法定ビラなどを除いた文書の配布を認めていないとあり、これをブログの更新やメールの送信なども広い意味での文書になる、違法だという意見があった。
しかし、文書の制限がされていた大きな理由は、資金力のある候補者が有利にならないように、選挙の公平性を保とうとする目的であったためであり、それを考慮するとブログの更新やメールの送信が文書になって、資金力のある候補者が有利、公平性を妨げるものではないという結論に至ったためである。

ネット選挙が解禁になったが、有識者の方々の意見では主戦場はFacebookとなるといった意見に賛成である。
ツイッターは残念ながらなりすまし、デマや噂が多く、また拡散作用があるというが、結局はフォロワーは似た考えの人たちで構成されており、その間でグルグルと回っていることが多く、ツイッターデモによってキーワードがトレンドに入ったところで拡散したとはとても言い難い。

誰が見てもすぐにわかるなりすまし(議員秘書、自民党員、永田関係者を語る)が多いツイッターよりもある程度素性が明らかになっているfacebookの方が信憑性が高く耳を傾けてくれる人が多いと思う。

◆僕が選挙参謀ならネット選挙をどう戦うか
http://www.actzero.jp/social/report-2830.html

◆「動員」を巡る攻防ーネット選挙運動解禁は「静かな革命」か
http://tharuki.blogspot.jp/2013/04/2.html


最近のツイッターでは一部の自民支持者を語るグループによって、自分の憧れの職業や医療関係者など(外科医、内科医、看護婦などの専門職、留学生、高校生)へのなりすましが横行しており(実際に本当にその職業の方もいるかもしれない)、本人たちはばれていないと思っているが、プロフィールと到底暇人としか考えられないほど一日中つぶやかれる幼稚なツイートの内容との差の大きさによって、多くの人が「胡散臭さ」を感じている。

ごく一部の人たちであるが、彼らはプロフィールに「医者」と書いてツイートすれば「医者のツイートだから信用できると、見た人が思ってくれるはず」、高校生と書いてツイートすれば「ひょっとしたら高校生が目覚めてくれるのではないか?」と稚拙な考えでやっていることが多く、ひきこもって朝から晩までツイートし、社会から遮断された者たちで集まり、自分たちが馬鹿げたことに精を出していることに気がつくという判断能力に欠けてしまっている。

嘘をプロフィールに書いて、私は医者ですと前提にしていながら、「朝鮮人は精神疾患持ちばかり」などとツイートすることは、全体のツイート内容そのものの信用を失わせ、安倍総理支持のイメージを悪くしていることにそのグループは気がついていない。
もしかしたら意図的に情報戦の一つとして左翼らがやっている可能性も否定できない、それくらい馬鹿げている。

本物と見比べる、または本当の医者や学生の方がみればその違いや奇妙さは歴然とするだろう。
まるで彼らが嫌う在日朝鮮人そのものである。嘘をつくこと、なりすます愚行、それらが大きく保守政党の足を引っ張って信用を欠落させていることに気がつくべきである。

また中にはツイッターを悪用し医者と名乗ることで女性に近づいてカルトへの勧誘、高校生とプロフィールに書いて高校生を騙す行為として使われることもある。
ツイッターアカウントには山のように「私は集団ストーカー被害者です」とプロフィールに書いているアカウントがあるが、十中八九それは被害者を装ったカルトの勧誘と見ていい。
被害者を装うことによって本当に「集団ストーカー」がいると思わせてうつ病や統合失調症の方をターゲットとして、疑心暗鬼にさせながら、保守を名乗るカルト集団へ勧誘しているのである。

自民党支持者を名乗り、おかしな言動、自分の都合のよい解釈しかできず、涙を流してニッポン万歳などと言っていたかと思うと、安倍総裁がTPP交渉参加となると狂ったように裏切られたと罵る人がいるが、保守を名乗るカルト集団の人間である可能性が高い。
彼らは絶対に現実を見つめることはなく、自分たちがおかしな思考、被害妄想になっていることには絶対に気がつかない。

最近のチャンネル桜がそれを如実に現している。反対意見を「工作員」とし異常なまでのTPPへの敵意。
北朝鮮(統一教会)にとってもTPPは日本が離れていくことになるからだろう。

◆チャンネル桜「うるさいハエどもが反桜キャンペーンをやってるようだ。批判コメント全削除を指示した」
http://lalinews.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

公職選挙法に基づく インターネット選挙要覧

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2013/05/14 17:05 ] 選挙関係 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。