上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

安倍首相の夫人、昭恵さんがフェイスブックで韓国ミュージカルを鑑賞したことに非難殺到

安倍晋三首相の昭恵夫人が9日夜、インターネット交流サイト「フェイスブック(FB)」で韓国のミュージカルを鑑賞したことを紹介すると、批判的なコメントが殺到。夫人は10日、FB上で「全ての人や国と仲良くしたいというのが私の思いです」と理解を求めた。
夫人が鑑賞したのは、男女の恋愛を題材に東京都内で公演中の「カフェイン」。FBに「楽しかった」と書き込むと、10日午前までに70件を超えるコメントが寄せられ、多くが「首相夫人として軽はずみな行動は謹むべきだ」といった批判的なものだった。
夫人は「批判覚悟で載せました。理想に向かっている私なりのアクションの一つだとご理解ください」と訴えた。
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2013051000568

愛国とは
いつものネトウヨと呼ばれる人たちの暴走。
彼らは決して自分に対する反対意見には耳を貸さないどころか、それらの意見は全て自分を攻撃する「悪意」だと判断。愛国を口にするが、自身の考えの中には「愛国」ではなく「好き嫌い」の基準で批判しているだけである。

極端な例で言えば、韓国と仲良くすることがその時の日本の国益に繋がるのであれば、それは賛成すべきであり、国益を損なうのであれば反対することが日本を愛することになるだろう。
基準は日本のためになるのかためにならないのか、である。
今後、安倍総理、麻生副総理、自民党も日本にとって有益であると判断したならば、韓国に歩み寄ることは十分にありえる。

しかしネトウヨといわれる人たちは「自分が韓国が嫌い」という基準でしか物事の判断ができない。
自分が韓国が嫌いなので昭恵夫人の韓国のミュージカルを鑑賞を非難しているだけである。

ファーストレディーの役割
日本のファーストレディーの立場にある昭恵夫人がネトウヨと同様に嫌韓を口にしているほうが異常であり、日本の国益を大きく損なうことになるだろう。
彼女の「全ての人や国と仲良くしたいというのが私の思いです」という言葉の裏側には嫌韓を口にしているネトウヨが「安倍さん大好き」「自民党支持!」と口にしていることを危惧し、安倍氏のイメージアップを兼ねて「批判覚悟で載せ」たのであろう。

中にはこの昭恵夫人への非難が非常に馬鹿馬鹿しい現象であることから、サヨクの情報戦の一部ではないかという声もある。
安倍総理が極右とレッテルを貼られていることを緩和するために昭恵夫人は韓国のミュージカルを鑑賞を記事に書き、非難する方はその思惑を邪魔するために左翼などがネトウヨに成りすまして非難しているというものである。
そうであるのならばそうだと思いたいが、中には無職同士で集まり延々ツイッターなどで朝から晩まで嫌韓をツイートし続けてそれが愛国活動であると思い込んでいる程度の低いグループも存在している。

ツイッター内における保守カルトの存在
朝から晩まで嫌韓、テレビばかり見て芸能情報を韓国の差し金だとつぶやき、違う意見をされると「私のツイートは悪意によって否定された」「私は日本を変えるためにツイートしているのに、馬鹿馬鹿しくてツイッター止めたくなった」とわめき散らすネトウヨ。

テレビ番組への批判や嫌韓が「私は日本を良い方向へ変えている」と自負して恥ずかしいくらい自惚れてしまう人の特徴は、残念ながら「大震災は人工地震」だと触れ回って人を不安にして勧誘を続けるサヨク団体とさして代わりがない保守を名乗るカルト的な自己啓発団体に属している方たちに非常に多い。

無職であることの引け目から「自分が何かの形で世の中の役に立ちたい」という意思によって、朝から晩まで嫌韓をツイートするという楽な方向に流れて、自分は社会のためになっていると自分自身を誤魔化して安心したい方たち。

それらの宗教がかった保守団体に属している人たちがツイッターには多く存在し、特徴はひきこもりによる新型うつ病、重度の病気を持つ家族がいる人などをターゲットとし、人の弱みに付け込んでネット内で勧誘を広げている。
心に大きな負担を抱えている人を集めて「日本は数ヶ月で核武装ができるのです!!」とある種の希望を与えるようなセミナーをして、それらの人たちは日ごろの自分の将来への不安を「日本の核武装」という言葉によって救われ、涙を流して「日本万歳」と口にして自分の精神の崩壊を防ごうとしており、保守カルトはそれに漬け込んでいるのである。
なので首相夫人の韓国ミュージカル鑑賞も彼らにとって見れば「自分の不安を増大する危険にもの」となっている。

そうした保守カルトは北朝鮮労働党・統一教会が後ろにいる場合が多く、同じ民族でありながら彼らの敵である「韓国」という国を日本の中でとことんまで悪者にしている。
日本と韓国の分断は中国・北朝鮮にとってはもっとも望むところである。

キーワードは時には「核武装」であり、時には「メタンハイドレートによって日本は金持ちになる」であり、自分の不幸は他者のせいである、韓国のせいである、という根底によって原因が作られており、あくまで自分の甘えであることには目を向けない。

日本の躍進を示唆するキーワードによって彼らは操られ、涙を流して喜ぶが、残念ながら核武装してもメタンハイドレートが商用化されても、自分自身の努力がなければ自分の未来は開けないのである。
自分は愛国者であるというのならば仕事をして「微々たる消費税」のみではなく、普通の人並みに税金を収めること、これが一番の愛国活動である。

笑う裏社会 (Forest2545Shinsyo 79)

ブログ村 その他保守ブログ

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2013/05/11 17:05 ] 自民党関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。