上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

危険 橋下維新は米軍批判して大統領になった盧武鉉(ノムヒョン)を模倣

左翼政権が二代続いた韓国
韓国大統領の盧武鉉を知れば知るほど日本維新の会の橋下市長の発言と重なることが多い。
金大中大統領もウリ党という左翼政権であり、盧武鉉もまたウリ党で二代続けて左翼政権が続いた韓国。
その間に韓国は歴史教科書の改ざんして反日教育が推し進め、また韓国民にも左翼特有のある種の自虐史観を植え付けた。
親日派の韓国人も未だ韓国にはいるが、「親日反民族行為者財産の国家帰属に関する特別法」などができ、親日であることがばれると財産没収という憂き目に遭う法律、これによって徹底的に日韓併合時に要職について不動産で富を作った親日派を徹底的に封じ込めている。

盧武鉉は米軍批判を利用して大統領になった男
まったく人気のなかった盧武鉉が大統領選挙で負けるだろうと言われていたが勝ってしまった経緯には米軍批判を利用としたからである。

米軍装甲車女子中学生轢死事件の無罪判決
2002年11月27日および28日に大統領選挙戦が始まったが、実は11月20日、在韓米軍の軍事法廷は6月に女子中学生を交通事故死させたアメリカ兵に無罪の判決を下している。これは民主活動家たちが運動を活発化させるきっかけを与え、ソウルを中心にあの「キャンドルデモ」が始まり、反米の嵐が吹き荒れたのである。
米軍装甲車女子中学生轢死事件の無罪判決こそが左翼である盧武鉉を大統領へ押し上げた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%A7%E6%AD%A6%E9%89%89#.E5.A4.A7.E7.B5.B1.E9.A0.98.E9.81.B8.E6.8C.99

日本でも左翼が米軍、オスプレイを批判して国民感情を煽るのと同じである。
突然、橋下市長が米軍に風俗活用求めるなどと突拍子もないことを言い出したのは何か裏がある。

韓国大統領選挙における米軍が下した無罪判決も実に不可解で、選挙前にわざわざ国民感情を煽る「無罪判決」を下せば盧武鉉が選挙に有利になることはわかっていたはずである。
維新もまた米軍とデキレースをしてわざと揉めて反米意識、国民感情を煽り「やっぱりの維新しかない」という風潮を米軍装甲車女子中学生轢死事件のような事件の勃発によって、選挙大勝を目論んでいるのかもしれない。
日本でも選挙前に反米に繋がる出来事があれば、同情が橋下に集まるのは目に見えている。

最後は自殺したとされる盧武鉉ではあるが、この人物は北のスパイ、またはアメリカのスパイとも言われており消されたという見方をする人も多い。
彼もまた橋下市長のように突然狂乱じみた発言をすることがあり、その手法はそっくりである。

盧武鉉の危険な革命「首都移転構想」は道州制と同じ
ノムヒョンの最大の公約は「首都移転構想」で、これは事実上の革命を意図していたという意見がある。
日韓併合時に韓国の既得権益や富裕層、支配層は親日派の韓国人によって占められており、いまなお続く要職についた親日派を首都を移転すると同時に追い出し、追放して労働者階級や左翼勢力と入れ替えようとしていた。
これは2004年10月21日に憲法裁判所が「ソウルは朝鮮王朝以来の慣習的首都」として「違憲」と判断し挫折する。

日本維新が大して日本のためにならない道州制にこだわる理由は導入によって盧武鉉のように人材を入れ替える目的があるのではないか?
一見メリットも何もない法案にいろんな屁理屈をくっ付けて正当性を唱えているだけであり、その場合、民主党にも裏マニフェストが存在したように何か裏があるのだろう。

橋下市長の突然の慰安婦問題の火種作りと米軍批判。
選挙を意識して間接的に与党叩き選挙での一発逆転を狙っている。
もし、韓国のノムヒョン当選時のように、参議院選挙前に米軍のレイプ事件が発生したら、必ず橋下市長はそれを利用し、「やっぱり橋下さんは正しかった」などと乗せられる日本人も出てくる。
この政党はとてもじゃないが信用できる要素は何一つない。
どうしても維新がよさそうに思える方々は「たちあがれ日本」に幻想を抱いているのだろう。

韓国が世界に誇る ノ・ムヒョン大統領の狂乱発言録

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ
にほんブログ村


[ 2013/05/16 17:05 ] 橋下徹・維新の会 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。