上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

西村眞悟衆院議員 「大阪の繁華街でお前、韓国人慰安婦やろと言ってやったらよろしい。韓国人売春婦がまだ日本にウヨウヨいる」

橋下共同代表の慰安婦発言などで揺れる日本維新の会。その維新の会の幹部と衆院議員が集まる代議士会で、問題の発言が飛び出しました。
自ら発言の機会を求めた西村真悟衆院議員。西村氏は、橋下氏の慰安婦問題に関する発言が、海外の報道でねつ造されているとして・・・

「“慰安婦”が“セックス・スレーブ(性奴隷)”というふうに 転換(訳)されていますので、これが国際的に広がれば反日暴動が、謀略が成功しかねないということですから、我々積極的に“売春婦”と “セックス・スレーブ(性奴隷)”は違うんだと、売春婦はまだ日本にウヨウヨおるぞと韓国人、反撃に転じた方が良いと思う。
私、きょう(17日)大阪に帰りますが、大阪の繁華街で『お前、韓国人慰安婦やろ』と言ってやったらよろしい」
(日本維新の会・西村真悟衆院議員)


公の代議士会で、こう言い放った西村氏。慌てた同僚議員はすぐさま・・・
「というわけで、皆さん戦いましょう」(日本維新の会・西村真悟衆院議員)

「今の(発言)は撤回してください、撤回してください。今の“韓国人”というのは撤回してください」(日本維新の会・松浪健太衆院議員)

「“韓国人”は撤回します。“慰安婦”であります」(日本維新の会・西村真悟衆院議員)

同僚議員に求められて、西村氏は発言を撤回するとしました。
維新の会の代議士会で飛び出した西村議員の慰安婦問題をめぐる発言。終了後、西村氏は「発言は不穏当だった」と釈明しました。

「私の考えでは『韓国人慰安婦がウヤウヤ(ウヨウヨ)おる』という部分は、計数を計ったことがないので、それは韓国という国名を挙げたわけですから、少々不穏当であった」(日本維新の会・西村真悟衆院議員)
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye5334673.html
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130517/stt13051716310006-n1.htm

この発言の結果、西村真悟衆院議員は日本維新の党を離党することになった。
発言がやや感情的だったことは否めない。
言っていることは間違っていないが、問題となっているのは公の場の発言として適切であったかどうかだろう。

韓国がアメリカなどで日本を貶めるために「慰安婦問題」で一方的に日本が悪いとロビー活動し、それに対する怒りは当然である。慰安婦をセックス・スレーブ(性奴隷)として新たに日本を攻撃する韓国。
それについて西村議員は「日本には昔だけでなく今も韓国人売春婦はまだ日本にウヨウヨいるではないか」と韓国に対して反撃が必要だという意見であった。
しかしその後の「大阪の繁華街で『お前、韓国人慰安婦やろ』と言ってやったらよろしい」は余計だろうし、感情的になっているのがわかる発言。

「正しいことを言っているのに言論封鎖だ」「言論の自由がない日本になぜなったのだ」「間違っていないのになぜ離党なのだ」と騒いでいる人がいるが、この問題は西村議員が本当のことを言っているから正しい、間違っていないという問題ではなく、本当のことであっても公の場では言っていいことと言ってはいけないことがある、それを感情が超えてしまい、言い過ぎたことが問題である。
会社勤めをしている方、社会的な組織に属している方ならわかるがろうが、物事には「公私」があり、私生活で口にできることと公の場で口にできることには違いがある。
ご本人も発言した後ですぐさま撤回したのは不適切だと思ったのだろうし「少々不穏当であった」と認めている。

これは「韓国人売春婦」の部分が「アメリカ人売春婦」に変わっても同じく離党となっていただろうし、韓国を名指しするのはタブーというわけではない。
またこういった発言は日本だけではなく外国であっても失言の類になるだろう。

橋下市長の突発的に発せられた慰安婦に対するおかしい発言の数々。
韓国だけでなくアメリカまで波及し、火種が大きくなっていく。
これは明らかに参議院選挙、憲法改正の足を引っ張ることになるだろう。

この人物が唐突に発言する場合、画策したものがある場合が多い。
先日は韓国のノムヒョンの選挙対策をまねたものであると書いたが、私は橋下氏が以前から公明党と組んでいたことを考えると、憲法改正の邪魔をする公明が後ろで糸を引いている可能性も考えられる。

自民党から離れたくない、しかし憲法改正に反対する公明党。維新と自民が組めば憲法改正が濃厚となる。
それを橋下氏が牽制を兼ねて火種を作っているのかもしれない。

今回の橋下氏の発言はそれくらい不可解で日本の国益を大きく損なうものである。
西村氏が離党するのならば橋下氏も離党して当然だろう。

ネット右翼の逆襲--「嫌韓」思想と新保守論

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ  にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


[ 2013/05/18 17:05 ] 橋下徹・維新の会 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。