上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

大津イジメ自殺事件:元担任の減給1/10(1ヶ月)は「非常に軽い」

2011年10月、いじめを受けた大津市立中2年の男子生徒(当時13歳)が自殺した問題で、県教委は17日、生徒の担任だった男性教諭(41)に対し、減給10分の1(1か月)の懲戒処分を下した。
県教委は「元担任が最後の処分者」としており、いじめ問題で処分を受けた教育関係者は、男子生徒が通った学校では5人、市教委では3人となった。

担任だった教諭は昨夏から体調不良で療養に入っていたため、唯一、処分が保留されていた。4月から仕事に復帰し、現在、中学校とは別の施設で研修に臨んでいるという。

勤務を再開した後、市教委の関係者らがいじめ問題での対応を聞き取り、処分の内容が検討された。
男性教諭は「今から思えば、男子生徒に行われていた行為をいじめと疑い、対応していれば自殺を防げたのでは。
男子生徒の心情を受け止めることができなかったことを反省している。本当に申し訳ない」と述べ、処分については「厳粛に受け止める」と語っているという。

県教委の処分発表とは別に、市教委の富田真教育長と松田哲男教育部長も市役所で会見を開いた。
富田教育長は「こういったことが二度と繰り返されないよう、職員一丸となって取り組み、信頼回復に全力を尽くしたい」と話した。
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/shiga/news/20130517-OYT8T01431.htm


越直美市長
「非常に軽い処分だ。一人の子どもの命が失われたことをよく考えてほしい」と不満をにじませ、処分を始めとする人事上の任免権を県教委がもっていることに対し、「制度の弊害が現れた」と述べた。

男子生徒の父親
いじめに対する元担任教諭の不適切な対応を考えると、今回の処分はあまりに軽い。
また、息子の死から1年半もの時間が必要だったことも納得がいかない。
市の第三者調査委員会の判断や指摘がなければ、学校や市教委はいじめの真相を明らかにすることもできなかった。また教員の責任を問うこともできなかった。
学校、教育現場に、より良い教育現場を作ろうとする意欲が感じられないことを改めて思い知らされ、がくぜんとする思いだ。

涙を見せたり民主党の得意とするパフォーマンスに終始して「私は関係ない」という態度を示し続けていた、無能な越直美市長。
今回もまた県教委とグルでありながら「非常に軽い処分だ。一人の子どもの命が失われたことをよく考えてほしい」「制度の弊害が現れた」などと詭弁を吐いて、己の次の選挙対策として、まるで県教委と対立し責める発言をしている。
日教組が民主党の支持母体であることは有名であるが、県教委側に立つ人間でありながら保身のために叩いて見せるパフォーマンスに大津の方は騙されないで欲しい。

melto474.jpg
わざわざカメラを意識し涙が頬つたうように演じる越市長、こういうことをする人には帰化人が多い

担任だった男性教諭
◆いじめを目撃した担任教師、笑って「やりすぎんなよ」 暴力見た生徒が証言
大津市立中学2年の男子生徒(当時13)が昨年10月に自殺した問題で、同じ学年だった複数の生徒が、教師がいじめたとされる生徒の暴力行為を見ても、「あんまりやんなよ」と言いながら、ほとんど止めようとしなかった、という趣旨の証言を生徒の家族にしていたことがわかった。
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1341556127/

◆自殺の生徒 「担任に泣きながら電話していた」複数の生徒が回答 市教委「担任は『いじめについての相談ではなかった』と」
大津市で昨年10月、市立中学2年の男子生徒(当時13)が自殺した問題をめぐり、学校が全校生徒に実施したアンケート結果に 「担任には(自殺した生徒から)泣きながら電話が来ていた」という内容の記名回答があることがわかった。 市教委と学校は昨年11月、アンケート回答のうち、「生徒が直接確認した内容」で事実確認ができたものについて公表したが、 市教委はこの内容は明らかにしていない。
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1341815242/

飛び降り自殺をした男子生徒が追い詰められて、逃げ場がなくなっていく様子がわかる、複数の生徒の証言。
そしてそれを無視し続けた担任教師と県教委の愚行。
「いじめについての相談ではなかった」と嘘をついていたが、生徒らの証言で明るみになった。

間接的に男子生徒を殺した担任教師と県教委、彼らは反省するどころか、嘘、隠蔽、改竄によって対男子生徒と被害者遺族に対して裏で手を結んで攻撃をしているという有様。
男子生徒の死から1年半もの時間、彼らは逃げ続けて誤魔化し、遺族の口封じを加害者生徒の親とともに行い、警察にまで手を回して遺族の被害届けを3回も断り、左翼、県教委、人権団体、在日朝鮮人らはそれで幕引きをしようとしていたが、マスコミの報道とネットでの情報拡散によって、悪事がばれてしまうことになった。

当時、いじめ取材の記者に担任の先生が 「ふふぅふ~、ふふふ~ふ~♪」は鼻歌を歌って無視したことが報道されたが、この態度が彼らの日ごろから心に秘めている「日本人に対する態度」の全てを表しているのである。
その日本人を小馬鹿にした態度は、今でも変わることはない、それが間接的に減給10分の1(1か月)の懲戒処分に現れている。

melto734.jpg
取材に対して鼻歌で無視をする担任教師

melto735.jpg
大津ではハングルを日本人生徒に教える授業を行っている。
受験を前にして貴重な授業を将来何の役にも立たないハングル授業を行う大津市。それは在日の3世4世らが韓国語が話せないために行って、日本人の生徒らはくだらない授業につき合わされているのである。

◆自殺した生徒の担任教師の授業内容の一部
6月2日(月) 「国際交流Ⅱ」① 全体ガイダンス
6月3日(火) 「国際交流Ⅱ」②③ 美湖中生歓迎会の準備
6月9日(月) 「国際理解Ⅱ」① ハングル講座① *講師・洪性奉(ホンソンボン)先生より教授
6月16日(月) 「国際理解Ⅱ」② ハングル講座② 韓国美湖中生の歓迎準備
6月23日(月) 「国際理解Ⅱ」③ ハングル講座③
6月30日(月) 「国際理解Ⅱ」④ ハングル講座④

加害者の両親たちと部落解放同盟・人権を盾にとる市民団体
週刊新潮によるとAの母親はPTA会長、ネットには市民団体の上層部に在籍とある。そしてAの父親は京都市内でデザイン会社を経営。
昨秋、緊急保護者会が開かれた。すると、すかさずマイクを握ったのはAの母親は髪を振り乱しながら「うちの子は仲良くプロレスごっこをしていいただけなのに、犯人扱いされて学校に行けなくなった。うちの子が自殺したら、ここにいる保護者や先生の責任ですからね」と興奮した口ぶりでまくし立てた。
このとき(昨秋)Aの母親はPTA会長だった。

mika142.jpg

◆大津いじめ自殺事件 担任笑って「やりすぎんなよ」 暴力見た生徒が証言
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1878.html

◆大津いじめ事件 在日に乗っ取られた市
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1879.html

◆大津いじめ自殺の闇 事件の背後に北朝鮮・部落開放同盟・東レ
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1883.html

大津のいじめ事件は、民主党が3年4ヶ月の間政権についたことによって、日本に巣食う反日団体・在日勢力が力をつけて、日本中で好き勝手に自分たちのやりたい放題をやっていること、その氷山の一角が如実に現れた事件である。
多かれ少なかれ日本中でこのような理不尽な在日・反日の横暴が繰り広げられて、涙を流す日本人が多くいることだろう。

大津中2いじめ自殺 学校はなぜ目を背けたのか (PHP新書)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ  にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ



スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。