上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

原口議員 地元紙に「法的措置」ちらつかせるが一蹴される

◆民主・原口議員、地元紙に「コワモテ」抗議 「法的措置」ちらつかせるが、一蹴される 2013/5/31 18:52
ソーシャルメディアを積極的に活用していることでも知られる民主党の原口一博衆院議員(比例九州)が、地元メディアに怒っている。参院選の立候補予定者の事務所開きで行ったスピーチを報じた記事について「不正確」と非難。抗議と訂正を申し入れたという。
ただ、原口氏が怒る原因になったネット上の見出しは佐賀新聞が付けた見出しではない上、報じられた発言の内容については反論していない。新聞社側も訂正には応じない考えだ。
http://www.j-cast.com/2013/05/31176354.html?p=all

その問題のスピーチについての記事は

「『円安、株高というが得をしているのは一部の人間だけ。大多数の人は置き去りにされている』と、安倍政権の経済政策を批判。『この流れを止められるのは私たちしかいない』と支援を訴え、連合佐賀の武重信一郎会長も激励した」

その後ネットで「この流れを止められるのは私たちしかいない」が「円安・株高を止めれるのは民主党しかいない」という言葉になってネットに拡散され、原口氏への非難が殺到。
この批判に原口氏が反応し、5月30日の16時30分頃、フェイスブックから佐賀新聞の記事にリンクを張って佐賀新聞に

「不正確な記事について新聞社に抗議。その不正確な記事を元にまたもやスピンコントロール。そして拡散。悪質すぎるので法的措置を検討中」

原口氏はネットがつけた見出しである「円安・株高を止めれるのは民主党しかいない」を佐賀新聞がつけたものだと勘違いして「法的処置」をちらつかせる。そして騒いでいる途中で自分の発言に気がついてどんどんトーンダウンしていく。

「佐賀新聞の当該記事は、正確さを欠いており、同新聞社編集部に対して抗議と訂正を申し入れているものです。私が事務所開きで申し上げたのは、いわゆる『置き去りにされた年金』問題でした」
「またこの事務所開きで私が強調したのは、アベノミクスの危惧ではありません。寧ろ強調したのは、憲法問題と申しますか立憲主義の危機についてでした」

さらにトーンダウン

「佐賀新聞のこれを書いた記者から電話がかかってきました。編集長が釈明するようにと言われたようです。記事の最初の原稿は、話をしてみると、正確だったようです。それが字数制限などの関係で縮められて全く違う記事に。その後は、それを元に悪意をもって拡散した者がいるというのが実情のようです」

佐賀新聞社は法的処置をちらつかせた原口議員に対して「誤報とは考えておらず、訂正記事を出す予定はありません」とのこと。もっともである。

melto589.jpg

グーグルアースで中国艦船がリアルタイムで監視できる、内閣不信任案に賛成すると言いつつ、次の日には真逆のことを言う原口議員。
過去にも山ほどおかしな発言がある。

◆消費税増税法案について2012年の9月には「民主党のトップ・総理になったら凍結する」と言いつつ、今年の2月のインタビューでは2009年の選挙では消費税増税を言わなかったが言うべきだったなどと発言。

120914 原口一博衆議院議員インタビュー
http://www.youtube.com/watch?v=DI-dNKchsyk#t=00m55s
――もし代表になって民主党のトップ・総理になったら、消費税増税法案をどうするつもりでしょうか?
原口 『 凍結します
   ↓
   ↓
2.14原口一博、本音で語る60分!その弐-01
http://www.youtube.com/watch?v=12B4eD9ux8s#t=01m26s
『私も前回(2009年の選挙)は消費税増税を言わなかった。言うべきだというのがボクの09マニフェストでの主張だった。しかし言わなかったから私達はつらい思いをした。今回(昨年末の選挙)はそこから逃げまい。もう誰がやってもここは避けて通れない。やはり真面目な真摯な姿勢が主権者に伝わったんですね』

◆原口議員の2013年3月1日のfacebook
どうせ死ぬのにどうして生きているのか?
死すべき運命の人々がどうして日々をそれに目を背けて生きていけるのか?
小学生の私は、大人と言う大人に聞いて回った。
胸が苦しくなるような経験だった。小さな私は、医師の診断を受けることになった。
「どこも身体は悪くありません。神経質ですね。」と言われることもあった。
夢遊病のように「どうして生まれてきたのか?」と叫びつつ歩き回った
母親は、小さな私を抱いて時が過ぎるのをただ待つほかなかった。医師の方々にも打つ手はなかった
https://www.facebook.com/kharagucih/posts/570734709611671

以前も書いたが、原口議員は民主党も合っていると思うが幸福の科学のほうがよりこの人にふさわしいのではないか?この人を見ていると衆議院選挙における比例区当選は必要ないことが証明されている。
この人のボロはもう隠しきれないところまできている。

日本をダメにしたこの民主党議員たち

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2013/06/05 17:05 ] 原口一博 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。