上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

辛坊治郎さん、莫大な救助経費の負担発生せず 自衛隊に感謝「この国の国民で良かった」

ニュースキャスター辛坊治郎さん(57)と全盲のセーラー岩本光弘さん(46)の乗った小型ヨットが太平洋横断中に遭難した事故で、海上自衛隊の航空機に救助された2人が午後10時半ごろ、神奈川県の海自厚木基地に着き、会見を行った。
辛坊さんは「気力はあるし、食料も水も1週間くらいは大丈夫という読みはあったんですけど、体温が下がって明日までもつかなという思いがありました」と状況を振り返り、「“あ、帰れる”もうその一言で。こんな言い方がいいかどうかわかりませんけど、この国の国民であって良かったなと思いました」と救助船がやってきたときの心境を声をつまらせながら告白した。
岩本さんも「本当に助けていただいてありがとうございます。本当に感謝の気持ちでいっぱいでした。あのゴムボートが来たときは本当にほっとしましたし、来ていなかったらどうなっていたんだろう」と感謝を口にした。
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2013/06/21/kiji/K20130621006060391.html

救助され報道陣に頭を下げる辛坊治郎さん(右)と岩本光弘さん=21日午後、神奈川・厚木基地
http://www.sanspo.com/geino/images/20130621/oth13062123510025-p1.jpg
http://www.sanspo.com/geino/images/20130621/oth13062123510025-p2.jpg

melto762.jpg melto763.jpg
辛坊治郎さんと岩本光弘さんの救助にあたった海上自衛隊の救難飛行艇

日本テレビ24時間テレビのために無謀を
◆辛坊治郎さん、太平洋へ出港 順調なら8月にサンディエゴ到着
小型ヨットでの太平洋横断に挑戦しているニュースキャスターの辛坊治郎さん(57)と全盲のセーラー、岩本光弘さん(46)が16日、途中寄港していた福島県いわき市の小名浜港を出発した。順調に進めば、8月に米サンディエゴに到着予定。
http://www.zakzak.co.jp/entertainment/ent-news/news/20130617/enn1306171215006-n1.htm

台風が迷走する中、24時間テレビの放送に合わせて8月にサンディエゴ到着を果たそうとしていたのだろう、無謀な出発といわざるを得ない。
辛坊治郎氏や企画したテレビ側の責任は大きい。

荒れ狂う海へ乗り出し、案の定浸水。
海保がジェット機で現場着するが、海域は高い波で荒れており、 このまま救命ボートでは危険だと判断。
そして海自にUS-2での救助要請することになり、1回目は着水困難なため引き返す、2回目の日没前に波3~4m風速18m/sの中救助活動強行して辛坊治郎氏らを救助。
スポンサーを募り、金のため、視聴率のために無謀な行為へ乗り出した彼らを救うために、自衛隊もかなり危険な任務となった。
自衛隊は税金の無駄」だとテレビで批判していた辛坊治郎氏は、自分の命の危険を目の当たりにし、海保と海自の両方の世話になったことへ感謝を述べることになった。

◆辛坊氏「この国の国民で良かった」と会見で感謝を述べる
http://www.youtube.com/watch?v=H63EJW1b6sA

過去の辛坊氏 発言など
◆追悼 中川昭一 と 辛坊発言「自殺すればいい」
http://www.youtube.com/watch?v=WguaLvFcpS0
「お父さんも自殺されたし、ああ言う事を何回も何回もテレビで放送すると本人は自殺の恐れが有るからもうこの辺でやめといてやろうや、という話しになるじゃないですか。とんでもない話だと思う!あんなものは自殺すればいい!

◆辛坊治郎氏がフジデモ参加者を脅迫「デモ参加は警察リスト入り」
先日「そこまで言って委員会」の収録で、例のフジテレビ前の「反、韓流デモ」を取り上げました。委員会メンバーの一致した 見解は、番組を見ていただければお分かりだと思いますが、私、VTRを見ながら、ある意味デモ参加者はエライなと思ったんです。
何故かと言うと、多くの参加者が素顔を晒し、テレビカメラに映されるのを嫌がっている様子が見られなかったからです。当然、 我が「委員会」も、デモ参加者の顔がはっきり分かる形で編集、放送します
http://blog.livedoor.jp/sinbojiro/archives/50848207.html

◆その後、フジデモ主催者が反論のツイートをするが無視した辛坊治郎氏。
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-1319.html

辛坊氏も改めて自分の命を大勢の人たちの努力によって助けてもらったことで日本という国の素晴らしさを感じただろう。
この人は日本のために働いていた故中川氏に対して「自殺すればいい」という言葉を使って評価し、花王デモについても、参加者が怖気つくような脅迫めいたことを口にしたりブログに書いていた。

ご自身の番組のためにやった無謀な行為に対して、見捨てることなく莫大な税金を使ってUS-2を出動してくれた自衛隊、そして海保や海自らの方たちは自らの命のをかけて辛坊氏を救助。
辛坊氏は一連のこの事件に対し、一体どのような評価をするのか興味深い。
また、海難事故は費用を請求しないという話だが、売名行為、私利私欲のための無謀行為での事故。
彼は「感謝の気持ちが一杯」という言葉で終わらせるのか。

◆辛坊治郎さん、莫大な救助経費の負担発生せず
太平洋横断に挑戦していたフリーアナウンサー辛坊治郎氏(57)と全盲のセーラー岩本光弘さん(46)の小型ヨットが21日朝に浸水、救助要請を出した。同日午後6時過ぎ、海上自衛隊の救難飛行艇が現場海域で救命ボートに乗った2人を救助した。
海上自衛隊によると、第2管区海上保安本部・本部長からの災害派遣要請を受け、自衛隊法にのっとり出動したため、辛坊氏らの費用負担は発生しないという。今回は航空機が海上保安庁航空機1機、海上自衛隊救難飛行艇2機と3機が出動し、飛行時間は計10時間以上。
飛行機の規模は違うが5人乗りのジェット機を1時間チャーターした場合の費用は約60万円。
費用負担が発生した場合は燃料費や人件費を含め莫大(ばくだい)な金額だと考えられる。
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20130622-1145936.html

見せかけの正義の正体 この国で起きている本当のこと2013

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。