上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

偏向報道したTBS「自民党から抗議を受けたことは残念です。引き続き理解を得られるよう努力して参ります」

選挙期間中に異例の対応 自民党がTBSの取材を拒否
自民党は、TBSの報道が公平公正を欠いたとして、党幹部への取材や番組出演を当面、拒否すると発表しました。
選挙期間中にもかかわらず、こうした対応を取るのは異例のことです。
自民党の発表では先月26日、国会最終日のTBSの報道番組「NEWS23」で、「電気事業法改正案など、重要法案の廃案の責任がすべて与党側にあると視聴者が誤解するような内容があった」と主張しています。
「訂正と謝罪を求めて抗議したが、誠意ある回答が得られていない」として、幹部への取材や出演を当面、拒否する考えを示しました。
これに対し、TBSは「自民党から抗議を受けたことは残念です。引き続き、理解を得られるよう努力して参ります」とコメントしました。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_politics/articles/000008228.html

◆問題の報道
http://www.youtube.com/watch?v=9E9K6ZD50lc


野党が大事な法案を廃案にしたことを、あたかも自民党に原因があるように報道するのは偏向を超えて捏造である。なぜTBSがこんなことをしたのか?
それはこの局が北朝鮮やその工作機関とつながっているからである。
選挙を前にして何が何でも自民党に勝たせまい、とマスコミが暴挙に出ている。

TBSと北朝鮮・オウムの関係
◆TBSビデオ問題
1989年10月26日に、TBSのワイドショー番組『3時にあいましょう』のスタッフが、坂本堤弁護士がオウム真理教を批判するインタビュー映像を放送直前にオウム真理教幹部に見せたことが、9日後の11月4日に起きた坂本堤弁護士一家殺害事件や一連のオウム真理教事件(松本サリン事件、地下鉄サリン事件等)の発端となったとされる事件であり、TBSが引き起こしたマスコミ不祥事・報道被害である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/TBS%E3%83%93%E3%83%87%E3%82%AA%E5%95%8F%E9%A1%8C

◆「TBSの犯罪」2-1(H18.12.20)
http://www.youtube.com/watch?v=JJHfz2TMN1U
http://www.youtube.com/watch?v=G-9JjKEfJ7I

◆TBSサブリミナル効果を使う 麻原彰晃の顔
TBSのオウム真理教関連番組(1995年(平成7年)5月放送)に、麻原の顔等の画像が無関係な場面で何度も挿入されていたことが報道された。TBSはサブリミナル手法を番組テーマを際立たせる1つの映像表現として用いたと説明したが、非難が集中し、郵政省は同年7月21日、TBSに対し厳重注意を行った。これを受けて、TBSは「視聴者が感知出来ない映像使用はアンフェアであった」と謝罪した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%AB%E5%8A%B9%E6%9E%9C

◆TBSの不祥事年表
http://www35.atwiki.jp/kolia/pages/18.html

そしてオウムの批判をしながら、実はオウムと繋がり、名を借りてのし上がった江川紹子氏は、もちろんTBSの肩を持ち即座にTBSを批判。
過去に麻原彰晃の四女を未成年後見人として引き取ったこともあるが、怪しまされたので後になって取りやめた経緯がある。
江川紹子 - Wikipediaより

◆江川紹子「自分とは違う意見に対し『倍返し』しようとする一種の脅しで『お子ちゃま』的な対応」…自民党のTBS取材拒否
http://mainichi.jp/select/news/20130705k0000e040161000c.html

売国左翼の自民党を批判する時はお決まりの「特権階級がー」「金持ちがー」であるが、それは根拠のない言いがかりである。捏造報道した方が悪いのは当然。
これは日本よりも貧富の差が激しい韓国で「政治家叩き」としてよく使われる方法を真似ている。

同じようにオウムや北朝鮮とつながりのある、民主党有田芳生議員はツイッターなどを駆使して、竹島奪還デモや大久保コリアンタウン化反対デモを行う日本人と、それを攻撃する在日朝鮮人の両方を煽り立てて大問題であると騒ぎ、同じ左翼らに呼びかけて混乱の拡大化を狙っている。
この手法は有田氏や江川紹子氏らがテレビに連日のように出演してオウムを煽り立てて、それによって彼らが過激化して行った経緯とよく似ている。

◆江川紹子さんと坂本弁護士のお母様との間の確執についてご存知の方はいませんか?
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1242498077

江川氏が坂本弁護士事件で、坂本弁護士をおびき出したという話もある。江川氏がなんらかの意図を持って「オウム」を叩いていたという話は絶えない。
坂本弁護士一家殺害事件や国松長官襲撃事件の黒幕の存在を隠すために、オウムがやったと殊更にテレビに出て騒ぎ、オウムの周りで発生した事件を、すべて「オウムの仕業である」と印象付けるために活動、陰謀論っぽい話ではあるが十分ありえる。
その結果彼らは地下鉄サリン事件へと暴発する。

TBSの自民党を選挙で勝たせまいとする捏造報道、それを擁護する江川紹子、両者に共通するオウムと北朝鮮、民主党有田芳生議員。
北朝鮮エージェントに騙されてはいけない。

謎の独裁者・金正日テポドン・諜報・テロ・拉致 (文春文庫)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。