上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

参院選 全都道府県で投票率低下22.66% 午後2時

第23回参院選の投票が21日朝、全国で始まった。期日前投票、不在者投票及び在外投票を除いた午後2時現在の投票率は22.66%で、前回参院選の午後2時現在(27.81%)に比べ5.15ポイント下回った。
全47都道府県で前回の投票率を下回っており、富山県は21.26%と10.33ポイントも低下した。投票率が最も低いのは千葉県の17.87。逆に最も高いのは島根県の30.25%だった。
参院選は即日開票され、21日深夜にも大勢が判明する。
参院の定数は242で、3年ごとに半数の121(選挙区73、比例代表48)が改選される。今回は選挙区271人、比例代表162人の計433人が立候補した。
http://mainichi.jp/select/news/20130721k0000e010177000c.html

投票率の低下はあらかじめ予想されていた。
真夏日、また夏休み最初の日曜日で家族連れが行楽地へと出かけ選挙どころではないだろう。
投票率が下がると組織票の強い公明党、共産党が強くなるが、自民党にとっても有利である。
自民党大勝という雰囲気で始まった参議院選挙、恐らくその雰囲気を「しらけた選挙」と受け取って「どうせ投票しなくても結果は同じ」として投票率が下がっているのかもしれない。

前回、山梨選挙区では民主党の輿石東陣営が老人ホームにいるお年寄りの選挙ハガキをなりすまして悪用し不正を働いて当選したが、今回も民主党の不正、日教組による保護者への圧力、などを考えると野党の動きも過信できない。
注目はワタミの元会長、岡崎トミ子、山本太郎、野党第一党はどこになるのか、と言ったところだろうか。

もっとも危険なのは、今回のネット選挙を一番うまく利用した三宅洋平。
FacebookやNAVERまとめを利用した勢いのある選挙活動。
「すべての武器を楽器に!」などをスローガンにネットでの活動を盛んにしイメージアップがやや成功したような印象を受ける。HIPHOPのような軽さを武器に「反原発」などできもしない奇麗事を並べるさまは坂本龍一を踏襲しているかのようだ。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


[ 2013/07/21 17:05 ] 選挙関係 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。