上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東京都の浮動票が動く 山本太郎氏当選

東京選挙区に無所属で立候補した新人の俳優・山本太郎氏(38)の当選が確実となった。昨年12月の衆院選落選から7カ月。東京・高円寺の選挙事務所で、支援者から「タロウ」コールがわき上がり、大騒ぎとは対照的に山本氏は、「議員になることが目的じゃない」とバンザイもせず、表情を引き締め、「ありがとう」とつぶやいた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130721-00000070-dal-ent

東京選挙区では自民党の丸川氏が約100万票獲得して当選。そして山本太郎氏はなんのかんので657,505票を獲得して当選。これが票が読みにくいと言われる東京都の恐ろしい民意である。
この人に大切な票を託して何をしてくれるというのだろうか?
恐らく脱原発組だけの票ではなく、路上で歌を歌ったり、騒いでだりして人の注目を浴び「馬鹿の票集め」に徹したことが当選へ結びついたと考えられる。
無党派層の浮動票が動き、多くはその中の「どこに投票したらいいのかわからない」という方々が山本太郎に「こいつ、おもしれえー」と投票したのだろう。

支援者が最後にローラー作戦開始
午後6時半の時点、東京選挙区で6位という情報が事務所に入った。途端、40人前後のボランティアが「いつ投票するの? 今でしょう!!」と書かれたボードを手にして一斉に街に繰り出した。電話やスマートフォンを使ってのライブ配信などで投票を呼びかけるスタッフもいた。投票率が低ければ、組織の後ろ盾がない山本陣営は不利になる。浮動票をつかもうと最後まで必死のローラー作戦を展開した。
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp3-20130722-1161278.html

浮動票と投票率の関係がいまだにわからないネトウヨは投票率が上がれば自民党が有利になると思い込んで、選挙に行こうと呼びかけていた。馬鹿は一生直らないだろう。
今回の山本太郎当選は最後の最後に浮動票が動いた結果。文中にあるように、支持者の基盤がない候補者は浮動票を集めるしかない。その作戦がうまく言ったのだろう。5位当選どころか4位当選してしまった。
地方と違い東京は浮動票が動くと大きい。

◆東京のB層が山本太郎に投票 絶望の当選確実へ
山本氏はネットを中心に爆発的に無党派層への支持を拡大させている。浮動票の怖さを知るのは再選を狙う丸川氏自身だ。
6年前の参院選で政界初挑戦だった丸川氏は、現職の保坂三蔵氏(74)の“2番手扱い”だったが、フタを開けてみれば浮動票を集め、4位で当選。
自民党の組織票で固めたはずの保坂氏は、次点で落選し、バツが悪い丸川氏はバンザイ三唱の自粛を余儀なくされた。
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/163762/

丸川氏がまともな票であるならば、悪いけど山本太郎の票はその対極に位置している。

ネットでは山本太郎氏が公職選挙法に触れる可能性を言われているが、本人が逮捕されることはなく関係者が身代わりで逮捕されるだろう。また一度当選したものは後で違反が発覚しても取り消されることはない。このあたりは法の改正が必要なのではないか?

中核派民主派宣言―新左翼運動の再生

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


[ 2013/07/22 12:05 ] 山本太郎 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。