上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

小泉純一郎元首相が終戦記念日に靖国神社へ参拝できた理由

前回首相在任時に靖国神社に参拝をしなかったことを「痛恨の極み」とまで述べていた安倍晋三首相だが、今年8月15日の靖国参拝を結局見送った。隣国である中国や韓国の反発を覚悟で靖国神社を参拝するには、国際的な周到な根回しが欠かせない。
かつて小泉純一郎氏は「終戦記念日に靖国神社に参拝する」と公約し、首相就任初年は8月13日、その後も正月や春と秋の例大祭など毎年参拝し、首相在任最後の年の2006年には8月15日に参拝した。
それを可能にしたのは米国の支持があったからだ。政治評論家の浅川博忠氏が指摘する。

「小泉氏はブッシュ大統領と個人的な信頼関係を築くことを外交の最優先目標にした。9.11テロが起きると対テロ戦争への協力を明確に表明して特措法を成立させ、アメリカのアフガン侵攻を支援し、イラク戦争では国内の反対論を押し切って自衛隊派遣を決めた。在任中に何度も日米首脳会談を行ない、ブッシュと信頼関係を築いた。
ゴマをすったわけではない。外交カードを次々に切ることで、アメリカが日本を尊重せざるをえない状況を巧みに作り出した。当時も米国内には、首相の靖国参拝で日本と中韓との関係が悪化して米国の利益にならないという声があった。だが、小泉氏はブッシュを味方につけているという自信があったから、参拝に踏み切ることができたわけです」
http://www.news-postseven.com/archives/20130819_206236.html



中韓が引き合いに出される、靖国参拝、南京大虐殺の捏造、慰安婦強制連行、これらのすべてにアメリカが関わっている。
アメリカにとって靖国参拝を認めること=A級戦犯は戦犯ではないことになり、、南京大虐殺は捏造だとすること=日本は悪いことをしていない、慰安婦強制連行なかった=日本軍は野蛮ではなかった、ということになり、自分たちが行った核兵器実験である広島・長崎への投下の正当性が薄れてくるからである。

日本が悪いことをしたという出来事、たとえそれが嘘であったとしても、アメリカにとっては大歓迎であり、日本が悪い、だから原爆を落とすしかなかったとするのである。
戦争ではいかなる卑怯な手段であっても勝った方が正義、負けたほうが悪。

小泉純一郎
小泉純一郎元総理は2001年の自民党総裁選で「私が首相になったら毎年8月15日に靖国神社をいかなる批判があろうと必ず参拝します」という公約を掲げ、自民党総裁の任期が満了する2006年にずっと避けてきた8月15日に参拝を果たす。
小泉純一郎元総理と安倍総理の状況の違いは、小泉氏の時はアメリカは共和党政権、そして今はオバマ民主党政権。
そのアメリカ民主党政権が日米戦争へと導き、野党である共和党の大反対を押し切って日本への核投下を実行しているので、同じオバマ民主党政権はその流れを引き継ぎ、中韓のプロパガンダを影で支援し日本を徹底的に悪者へしようと画策しているのである。

反日の民主党のF・D・ルーズベルト大統領は日本へ18発もの原爆投下を予定
ルーズベルトの後継者である民主党のトルーマン大統領が日本へ計十八発もの原爆投下を承認していた事実はワシントン.ポスト紙にスクープされているが、この決定を最初に下したのもルーズベルトである。小心かつ実務経験に乏しかったトルーマンは、ルーズベルトが決定していた方針に一切手を加えずに単にそのまま実行したのだ。
ちなみに京都が空襲から除外されたのは「文化財の保護」なんかではなく、原爆投下の第一侯補地であった為に、破壊カデータを正確に取るために温存されたにすぎない。この原爆の日本への使用については、後に共和党大統領となるアイゼンハワーなどが猛反対しており、共和党支持者の米陸海軍の将軍たち(マッカーサーも含む)は全員が反対意見を具申している。
日本人が知らない「二つのアメリカ」の世界戦略 深田匠(著)

ルーズベルトが原爆投下を決める際にアイゼンハワーは「日本は既に両手をあげているではないか」「降参しているのと同じ、反撃はない」と猛反対をするが、黄色人種を実験台として選んだアメリカの共産主義者らは、一発どころか二発の核兵器を投下。これはプルトニウム型とウラン型の原爆の二つを実験として使いたかったからである。
日本が手も足もでない状況下での原爆投下は人種差別意識からくる大量虐殺であり戦争の早期解決のための手段ではない。

現在、日本が中韓との摩擦で追い込まれている背景にはアメリカの民主党政権が背後にいるからであり、中国の尖閣への挑発もまたアメリカにとっては「日本に米軍基地の必要性」を植えつけるのに好都合であり、そうした意味で両国は裏では繋がっている。
アメリカという国は一枚岩ではない。
日本の味方になることもあれば最大の敵となることもある。

なぜアメリカは日本に二発の原爆を落としたのか

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2013/08/29 17:05 ] その他日本の問題 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。