上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

戦時中の朝日新聞 慰安婦強制連行したのは朝鮮人業者と報道が発覚

「慰安婦強制連行」説を主導してきた朝日新聞だが、近現代史家・ジャーナリストの水間政憲氏は、戦時中の朝日新聞朝鮮版が「慰安婦」についてどのように報道していたかを精査した。
新刊『日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実』(小学館)の中で、水間氏は以下のように解説している。

朝鮮半島で一般女性を拉致監禁して遊廓などに売り飛ばしていたのは悪徳朝鮮人業者だった。では朝日新聞・朝鮮版では当時のこのような状況をどう伝えていたのだろうか。

〈婦女誘拐の一味 遂に送局さる 元釜山府臨時雇らの首魁 官印偽造、公文書を偽造行使し多数の婦女子を誘拐した元釜山府庁臨時雇釜山府大倉町四丁目五十九番地金東潤(二十七年)ほか七十七名に係る公印偽造、公文書偽造行使詐欺誘拐事件は釜山署で取調中のところ今回取調終了、二十日一件記録とともに身柄を送局したが拘束者は金東潤ほか九名、起訴意見十一名、起訴猶予五名、起訴中止六名、不起訴五十五名である。被害婦人は二十八名に上り、このほか南洋方面に誘拐されたものも多数ある〉
(『大阪朝日・南鮮版』1939年11月21日付)
 
他にも悪徳朝鮮人業者が摘発された記事がある。

〈田舎娘など十四名も誘拐 一味送局さる 京城府蓬莱町四丁目無職裴長彦(五十七年)ほか十一名は共謀して田舎の生活苦に喘ぐ家庭の娘、あるひは出戻り女など十四名を誘拐して酌婦あるひは娼妓などに売飛ばして約一万余円をせしめてゐた事件は西大門署で取調べてゐたが、二十五日一件書類とともに送局した〉(『大阪朝日・西鮮版』1940年6月28日付。写真)

melto806.jpg
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130901-00000003-pseven-soci

あの朝日新聞も「強制連行」の真犯人が朝鮮人だと報道。
合法だった慰安婦であるが、一部で朝鮮人の悪徳業者が婦女子を拉致、誘拐、そしてその悪徳業者に対して日本軍陸軍省は1938年3月4日に『軍慰安所従業婦等募集ニ関スル件』と題する命令書を発令している。

軍慰安所従業婦等募集ニ関スル件
「(婦女子を)不統制に募集し社会問題を惹起する虞あるもの(略)募集の方法誘拐に類し警察当局に検挙取調を受くるものある等注意を要す(略)周到適切にし其実施に当たりては(略)警察当局との連携を密にし(略)社会問題上遺漏なき様配慮」

慰安婦強制連行の捏造記事を書いた朝日新聞の植村隆
朝祖新聞に慰安婦強制連行の捏造記事を書いた植村隆。
その時期から韓国は慰安婦について強制連行があったと騒ぎ立て、それ以前は慰安婦のことで抗議はなかった。
日本を売った植村隆は現在、朝日カルチャーセンター札幌教室の講師になっているようだ。

朝日カルチャーセンター札幌教室 講師=植村 隆
1958年高知県生まれ、早稲田大学政経学部卒業、82年朝日新聞社入社、大阪本社社会部、テヘラン支局長、ソウル特派員、外報部デスク、北京特派員などを経て、現在北海道報道センター記者。朝日新聞入社後、韓国・延世大学語学堂に留学。著書に『ソウルの風の中で』(社会思想社)、共著に『マンガ韓国現代史』(角川ソフィア文庫)など。
http://www.asahiculture.com/LES/detail.asp?CNO=117298

韓国は自分たちが誘拐・拉致をしていたことを日本がやったと世界中にふれまわっている。
竹島同様に間違った反日教育を続けている。
慰安婦とは現在の130万円に相当する月給で、正式に日本政府が募集した軍に付いて回る売春婦であり、募集をかけるとお金に釣られた多数の売春志願者の行列ができ、拉致・誘拐などする必要がなかった。

好きで売春をしてお金を稼いだ当時の状況は、日本に溢れかえる現在の韓国人売春婦とさして変わり。今いる売春婦もまたいずれ「日本に無理矢理連れてこられた」「日本人業者から売春させられた」と必ず言い出すだろう。

日本人が知っておくべき「慰安婦」の真実 (ポスト・サピオムック)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。