上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

宮崎駿監督引退の理由は創価学会との揉め事

数々の名作アニメ映画を生み出してきた宮崎駿氏(72)が、現在公開中の作品「風立ちぬ」を最後に引退することが判明した。スタジオジブリの星野康二社長が、イタリアで開催中の第70回ベネチア国際映画祭で、明らかにした。
この引退をめぐっては一部ではこんな噂も流れている。
「実はスタジオジブリのある大幹部が創価学会の信者なんです。しかも学会の会長である池田大作氏の熱狂的な信奉者であることで知られている人物。これが監督の電撃引退と関係しているのではないか、なんて話があるんです」(実話週刊誌記者)
この幹部はかつてウォルト・ディズニー・ジャパンの幹部も務めていた人物で、現在はディズニーを退きジブリの実権を握っている。
創価学会の熱烈な信者として知られていた人物だけに、ジブリにきた時も大きな波紋を呼んでいた。この人物と宮崎監督の間に何かがあったというのだろうか。
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20130902/Bucchinews_645.html

最後の作品となる、「風立ちぬ」は自民、そして公明党の安倍内閣化における“右傾化”を危惧し反戦色の強い作品となっていると記事にある。
そこで「風立ちぬは左翼反日映画だ」とする意見も多いが、それは実在した零戦設計者・堀越二郎をモデルにした映画だからだろう。
しかし、はだしのゲンにもいえることだが、反戦=反日ではない。

気になるのは反戦=自民否定となっている点であり、まるで自民党が戦争推進しているかのように印象操作している点である。
度々選挙前にも自民党は戦争推進、徴兵制を導入するというデマが流れたが、公約にそのような記述は一切ない。
国防を高めることが戦争推進という左翼の方たちは、他国が侵略してきても何もしないことが反戦であり、平和であると誤解している。

スタジオジブリの星野康二社長
星野 康二(ほしの こうじ、1956年5月7日 - )は、日本の実業家。
学位はMBA(ニューヨーク州立大学)。
株式会社スタジオジブリ代表取締役社長、株式会社ドワンゴ社外取締役、財団法人徳間記念アニメーション文化財団理事。
ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社代表取締役社長(初代)などを歴任した。
1956年、北海道札幌市に生まれる。
北海道札幌旭丘高等学校を経て、創価大学文学部に入学する。
ドワンゴはニワンゴの親会社、つまりニコニコ動画も創価学会の関連企業。



宮崎駿氏は結果として右からも左からも叩かれていることを考えると、単なる理想主義者だろう。
今回、五回目の引退宣言であるが、いつもそうやって話題を集めて映画の興行をあげようとしている点はみっともない。

サヨナラ私の池田大作―女たちの決別

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。