上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日韓全面協力、18年冬季と20年夏季五輪成功へ

日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長と韓国オリンピック委員会(KOC)の金正幸会長は9日、ブエノスアイレスで会談し、韓国で開催される2018年平昌冬季五輪と20年東京夏季五輪の成功に向け、全面的に協力することで合意した。
日韓関係が冷え込む中、東京の五輪招致成功を機に新たな動きが生まれる可能性もある。
日本には過去2度の冬季五輪を開催したノウハウがある一方、韓国は昨夏のロンドン五輪で日本の倍近い金メダル13個を獲得するなど近年は競技力で勝っている。両者は選手の交流も促進させる。
竹田会長は「両国の関係がしっくりいっていないときでも、スポーツは互いの理解を深めることに貢献できる」と述べ、金会長は「われわれの交流と相互協力は現在の両国の関係を好転させることができると確信する」と応じた。
http://www.sanspo.com/sports/news/20130910/oly13091010470005-n1.html

金大中、ノムヒョンと10年間左翼政権が続いた韓国では、徹底した反日教育によって親日派が口を封じられる法律ができ、現在彼らは鳴りを潜めている。
過去の日韓併合は日本にいる親韓派と朝鮮半島の親日派によって推し進められた。

日韓ワールドカップ、そして今回の2018年平昌冬季五輪と20年東京夏季五輪の全面協力体制は、やはり日本にいる親韓派と韓国の親日派の影響もあるのだろう。

冷え行く日韓関係の悪化によって得をするのは中国・北朝鮮である、といっても現在の右派ネット利用者はもはや聞く耳は持っていない。
韓国の激化が加速している反日活動は主に韓国左翼(北朝鮮シンパ)がやっているのだが、それをみて私たちが「韓国は反日をやめろ」と思うのは当然だろうし、また日本において左翼らが「オスプレイ反対」「米軍は出て行け」と騒ぐ様子をアメリカ人が見ると「日本は反米活動をやっている」と捉えることに等しい。

何かあれば「日韓共同で」というのはある意味、西側諸国として存在する「米国・日本・韓国」の連携を表しているのだろうが、裏を返せば日本はいまだに韓国を日本の付属品のように考え、韓国は独立したものの日本にすがりつくという構図がなくなっていない。

東学党の乱
日清戦争で日本のおかげで朝鮮は独立できた、というが言い方を変えれば、1894年、朝鮮で東学党の乱(とうがくとうのらん)で朝鮮政府は清に内乱鎮圧の為の援軍を頼み、そして日本は事前に結んでいた天津条約と朝鮮にある日本の公使館を守るという口実で朝鮮へ出兵し、いわば日本と清が朝鮮に対して内政干渉した結果、日清戦争へと発展している。

これは日清戦争だけでなく1300年前の白村江の戦いでも百済と日本は手を結び、倭国・百済遺民の連合軍と、唐・新羅連合軍との戦争を起こし、日本は大敗する。

麻生元総理が言っていたように日本と中国は過去の歴史においてただの一度も友好関係だったことがない。
そしてその両国の間にある朝鮮半島は両国の干渉を受け続けている。

地理的要因がそうしているのだろうが、現在38度線(実際にはもっと南下しているだろう)では北が共産主義、南が自由主義という形で均衡が保たれているが朝鮮半島で火種が尽きないのはそのためである。
韓国が共産主義側へ落ちて、朝鮮半島が赤く染まれば、日本の安全保障は間違いなく今よりも脅かされるだろう。

なんでもかんでも日韓協力体制というのは賛成しがたいが、日本と韓国との関係が冷え込むことは、ゆくゆく日本が不利になる。
安倍総理が韓国に対して手を差し伸べるようなことがあれば、「裏切り者」「親韓派だ」とさわぐ方たちが出てくるだろう、その場合決して韓国が好きだから手を差し伸べるのではなく、手を差し伸べることがゆくゆく日本の得になるからであり、見誤ってはいけない。

世界史劇場 日清・日露戦争はこうして起こった

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


[ 2013/09/12 17:05 ] スポーツに関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。