上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

在特会が、教育現場をターゲットに 「反日の国に子どもたちを行かせてよいのか」

故中沢啓治さんが自らの体験を基に描いた漫画「はだしのゲン」の閲覧制限で注目された松江市教委事務室に昨年5月1日、今回の裁判の被告の一人で元在特会幹部の西村斉氏(44)の姿があった。
学校図書館からの撤去を求めた当時松江市在住の男性の申し入れに同行した西村氏は、旧日本軍の行為を描く場面などについて「子どもへの精神的テロだ」などと抗議した。
「学校の図書については指導しない」とする職員と、西村氏らの間で押し問答が35分ほど続き、その映像がインターネットで流された。
対応した市教委幹部は「面談には非常に圧力を感じた。職員を非難する電話が2週間ほど鳴りやまず、業務に支障が出た。ほとんどは県外からだった」と振り返った。

9月には、学校近くで在特会幹部が「反日の国に子どもたちを行かせてよいのか」などと街宣。
同校は、急きょ保護者説明会を開き、修学旅行は安全が確保されていることなどを説明したという。
http://mainichi.jp/select/news/20131005k0000e040170000c.html

◆韓国への修学旅行、公立高の15校のうち11校が中止、国内に変更
今年度、韓国への修学旅行を予定していた公立高校15校のうち11校が旅行を中止し、国内に変更したことが分かった。今春の北朝鮮の核・ミサイル問題などを受けたもので、各校が生徒の安全や保護者の意見などを考慮した結果とみられる。
海外への修学旅行は2001年、秋田空港にソウル便が就航したのを機に、検討が進んだ。県は04年から、ソウル便の利用促進のため、修学旅行生らへのの補助事業を開始。初めての利用者には1人あたり2万円を支給している。制度の利用者は増加傾向で、昨年度は27校1658人(私立高校、専門学校など含む)に上った。
http://mainichi.jp/area/akita/news/20131004ddlk05100002000c.html



わざわざ危険な国へ修学旅行で行く必要はないだろう。
ネットでの拡散や周知が広がった結果、在韓大使館前で行われている反日デモや抗議がようやく日本の中でも認識された。
修学旅行に韓国に行くことは、反日思想の日教組の教師にとって事前学習にかこつけて、生徒らに反日教育するいいチャンスであり、生徒らは自虐史観を埋め込まれる。

mika201.jpeg
納得がいかないまま、日教組教師(朝鮮人の帰化人だろう)に怒鳴られて偽慰安婦らに対して土下座で謝罪させられる日本の広島県世羅高校の生徒たち。

◆広島県世羅高校 女子高生の体験記
http://blogs.yahoo.co.jp/torotuky/55721665.html

もともと韓国そのものが反日ではあるが、日本の左翼と韓国の反日活動家、北朝鮮シンパらによって日韓の間には偽慰安婦問題や竹島問題が非常に深刻化して煽られている状況。
日本ではこうした輩が教育現場に入り込んで、純粋な生徒たちへ夢も希望もない教育をしていることが大きな問題だと思う。

ヤンキー最終戦争 本当の敵は日教組だった

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。