上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

週刊朝日編集長を懲戒解雇 違反内容非公表も「文春」がセクハラ報道

朝日新聞出版は8日、「週刊朝日」の小境郁也編集長(53)に重大な就業規則違反があったとして、出向元の朝日新聞社が同日付で懲戒解雇処分にしたと発表した。
違反の内容は「関係者のプライバシーに関わるため、公表を差し控える」としている。小境氏をめぐっては、今週発売の週刊文春10月17日号がセクハラ問題を報じている。
朝日新聞出版は9日付で、青木康晋社長を役員報酬減額、尾木和晴雑誌本部長を減給処分とする。
後任の編集長は、朝日新聞東京本社写真部の長友佐波子フィーチャー写真担当部長(9日付)。
小境氏は、橋下徹大阪市長に関する連載記事問題後の平成24年12月、編集長に就任。
朝日新聞出版管理部と朝日新聞社広報部は「週刊朝日を立て直す重責を担う立場でありながら、こうした事態を招いたことは誠に遺憾」としている。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131008/crm13100822320023-n1.htm

melto823.jpg
小境郁也編集長

報道機関でありながら、自分のとこの不祥事は「関係者のプライバシーに関わるため、公表を差し控える」として報道しない都合のいい時だけ知る権利振りかざす朝日新聞出版。
寧ろ、率先して報道すべきだろう。

週刊朝日新編集長である、小境郁也編集長は橋下市長の出自問題で前の編集長である河畠大四を更迭してすげ替えた次の編集長であった。そして今度はセクハラ問題。
本当にセクハラだけの問題なのだろうか?
公表を差し控えているためにどこまで本当なのか分かり辛い。

注目ツイート
オフイス・マツナガ @officematsunaga
橋下差別記事でアエラ副編から週刊朝日の編集長になった小境郁也。懲戒解雇:詐欺、横領等の刑事罰に問われるような行為(実際に刑事罰を受けるか否かは問わない)をした場合等に、最も重い処分として「即時に」「退職金支給なしで」解雇。 @HYamaguchi @kirik

mankin @mankin911
週刊朝日新編集長が<セクハラ常習>で更迭-胸モミ&ほっぺチュー・・・ ◆ 週刊朝日・小境郁也編集長、セクハラ、AERA、朝日新聞社 週刊文春(2013/10/17),

ただのセクハラで懲戒解雇はないだろうから、性犯罪の類だろう。
朝日新聞出版は取材対象のプライバシーは平気で踏みにじり、捏造報道するが自社のことは隠蔽。
まともな出版社ではない。

朝日新聞が中国を驕らせる―反日、反米の呪いと親中媚態言論の正体

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ



スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。