上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

靖国参拝、首相見送り濃厚…中韓と関係改善狙い

安倍首相が、17日から始まる靖国神社の秋季例大祭に合わせた参拝を見送る方向に傾いている。
中韓両国との関係改善に向けた布石とする狙いに加え、日中対立の深刻化を懸念する米国への配慮もある。首相が靖国参拝にこだわる考えには変わりがないが、中韓両国との首脳会談を実現する環境が整いつつあるとの見方が出ている。
首相は秋季例大祭での参拝はしないが、神前に供える「真榊(まさかき)料」を私費で奉納することで調整している。複数の政府関係者が明らかにした。4月の春季例大祭の際と同様の対応となる。
首相周辺は「真榊を奉納しただけでも中国、韓国は文句を言ってくるかもしれないが、春季例大祭でやったこと以下ということはない」と述べた。
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20131010-OYT1T00222.htm

中韓両国との首脳会談を実現する環境が整いつつあるので見送りたい、とあるがそんな配慮をし、頭を下げて中韓との会談が必要なのだろうか。
中国ならまだしも韓国は一方的に日本を頼る国。
このように配慮配慮と言いつつ参拝を避けると、今後もっと参拝が難しくなるだろう。

現在のアメリカの政権が民主党政権であることも、参拝できない大きな理由の一つであり、米国民主党政権は先の大東亜戦争(第二次世界大戦)時の政党であり、靖国参拝を認めることは、日本が侵略戦争をしていなかったことにつながっていく。

オバマ政権は河野談話の見直しへ圧力
◆オバマ米政権 河野談話見直せば具体的な対応取る
米側は昨年末、複数の日本政府高官にこうした意向を伝えた。オバマ政権高官は日本経済新聞の取材に「特に『河野談話』を見直すことになれば米政府として何らかの具体的な対応をせざるをえない」と述べ、正式な懸念を示す声明の発出などの可能性に言及。談話の見直しの動きを強くけん制した格好だ。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS05001_V00C13A1PE8000/
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-2184.html

◆従軍慰安婦問題はアメリカの対韓国政策
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-2167.html

日本は悪いことをしたと中国や韓国が騒げば騒ぐほど、アメリカにとって原爆投下がより整合性が増し、中韓はそれを知っているからこそ、次から次へと死んだ人の数を水増しし、慰安婦の数を20万人などと馬鹿げたことを言い出すのである。

安倍総理にはぜひ、靖国参拝して欲しいが、三国の大きな圧力の中、特にアメリカがオバマ政権である限り、参拝は不可能かもしれない。

だから日本人よ、靖国へ行こう

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2013/10/12 17:05 ] 自民党関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。