上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アメリカ、特定秘密保護法案の閣議決定を「歓迎」 「同盟では情報交換が重要」「日本の機密保全は、米国の水準に達していない」

米政府は日本政府が二十五日、特定秘密保護法案を閣議決定したことを歓迎している。米国は「同盟では情報交換が極めて重要だ」(ズムワルト国務副次官補)と強調。情報共有を推進する前提として日本に情報管理強化の法整備を年来、働きかけてきた。
今月三日の安全保障協議委員会(2プラス2)の共同声明では、情報保全の強化で「両国間の情報共有が質量双方の面でより幅広いものとなり続ける」と指摘した。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2013102602000136.html

敗戦によって日本の機密情報はアメリカにただ漏れの状況の中で、特定秘密保護法案を閣議決定したことを歓迎するオバマ民主党政権。

「米側の要望の源流は〇〇年にさかのぼる。アーミテージ元国務副長官(共和党)、ナイ元国防次官補(民主党)ら超党派の報告書が機密保持の立法を日本に求めた。この報告書は日本に集団的自衛権の行使解禁を促しており、機密保護強化は日米防衛協力とセットになっていた。」

恐らく、特定秘密保護法案はアメリカ以外の国への漏洩を危惧して賛成しているのだろう。「同盟では情報交換が極めて重要だ」という言葉がそれを表している。
そうやって機密を保護しないと、アメリカから情報がもらえないことを意味する。

集団的自衛権「歓迎」する、秘密保護法案「歓迎」する、という論調は、日本にとって追い風のように思えるが、アメリカは三沢基地にあるエシュロンで日本の機密を盗聴し放題である。
エシュロン(Echelon)は、アメリカ合衆国を中心に構築された軍事目的の通信傍受システムであるが、アメリカはこの事実について一度も認めたことはない。

◆時論公論 「アメリカ情報機関 問われる通信傍受」
http://www.nhk.or.jp/kaisetsu-blog/100/159766.html

◆恐ろしいエシュロン
http://www.youtube.com/watch?v=VKECac1auZ0

どちらにしろ、特定秘密保護法案だけでなく、日本にはCIAみたいな諜報機関、スパイ防止法が必要になっている。世界の先進国、独立国家ではすでに当たり前の法案であるのに、日本はスパイ天国、情報漏えいが甚だしい。

◆中国領事館員自殺事件 遺書の内容 wikiより
中華人民共和国の上海市に設けられている日本の総領事館に勤務していた事務官が2004年に自殺した事件を巡り、中国当局の脅迫が背景にあると指摘されている事件。
館員は同月 5 日に合計 5 通の遺書を綴り、6日午前 4 時頃、領事館内の宿直室で自殺した。総領事あての遺書には、「一生あの中国人達に国を売って苦しまされることを考えると、こういう形しかありませんでした」、「日本を売らない限り私は出国できそうにありませんので、この道を選びました」と記されていた。

◆週刊文春の報道 wikiより
『小泉首相、麻生外相も知らない「国家機密漏洩事件」』と題されたこのスクープ記事では、外務省職員からの取材を基にしたとされる事件の概要および、政府首脳への取材内容が記されている。
事件発生当時官房長官を務めていた福田康夫および、外務省が抗議を行った時点での官房長官細田博之は週刊文春の取材に対して外務省からの報告は受けていないと述べている。さらに、川口順子外務大臣の後任である町村信孝や麻生太郎にも、事件についての引き継ぎはまったくなされていないことが明らかとなった。

◆脅迫された橋本元首相
橋本元首相が中国の女美人スパイから、寝物語を録音テープと写真で脅かされて、ODA26億円を決定し、国会で追及され、月刊誌「諸君!」(廃刊となった)6月号は「橋本首相『中国人女性』とODA26億円の闇」と題してレポートを発表された。
最期は腸管虚血を原因とする敗血症性ショックによる多臓器不全のため死去された。

また民主党政権時代には左翼がやりたい放題、官邸フリーパス大量発行し、逮捕歴のある左翼が堂々と官邸に出入りしていた。

官邸フリーパス大量発行(首相官邸)
◆スクープ 官邸に「左翼80人」入り込んでいた 飯島内閣官房参与が明かした「惨状」
飯島参与が「一番ひどかった」と強調したのは、官邸のセキュリティー問題だ。飯島参与によれば、官邸に出入り可能な人間がいつの間にやら増えており、その数は1300人に及んでいたという。さらに飯島参与は、「個人的な調査の結果」として以下のように語った。
「その中で、80人くらいちょっと『左翼的な』メンバーが入っている。ひどいのになると、前科一犯の奴が入っていた」
http://www.j-cast.com/2013/01/14161141.html?p=all

◆官邸にも出入りできるセキュリテーカードが1300枚超 極左翼メンバーも 前科者らもカードを渡していた…飯島内閣官房参与が暴露
http://www.logsoku.com/r/newsplus/1358178601/930-

◆民主党時代の内閣総理大臣官邸の実態
http://www.youtube.com/watch?v=i44IgwWuB7M

情報亡国の危機 ―インテリジェンス・リテラシーのすすめ

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


[ 2013/10/28 14:29 ] その他日本の問題 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。