上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

山本太郎氏を宮中出席自粛と厳重注意 参院、異例処分へ

自民党は6日、園遊会で天皇陛下に手紙を手渡した無所属の山本太郎参院議員の処分に関し、山崎正昭参院議長が厳重注意した上で宮中行事への出席自粛を求める案を提示する方針を固めた。共に参院の正式なルールに基づく処分ではなく異例。野党も同調する見通しだ。
自民、民主両党の議運委筆頭理事が6日、国会内で会い、自民党側が民主党側に打診した。7日午後の参院議院運営委員会理事会で正式に提案する。処分が決定すれば、7日中にも山崎議長が山本氏に伝え、8日の参院本会議で報告する。
http://www.47news.jp/CN/201311/CN2013110601002329.html

軽過ぎる処分、二度と招待されることはないにしても、この人に「自粛」を求めてもあまり効果はないだろう。
多くの人が疑問に思うのは、そもそも、山本太郎氏が何で園遊会に参加していたのか、この人は呼ばれてもないのに、勝手に国会議員という立場を悪用して参列している。

下村文科相が「田中正造は議員辞職し、立派な覚悟をもって直訴した。山本さんはそういう覚悟ではなく、あとのコメントを聞くと、単なる無知だったのかなという感じがする」「議員辞職ものだ。政治利用そのものだ」と指摘しているが、左翼の方は山本氏の馬鹿げた行動を田中正造だといい、スーツを着て差別されてもいないのに「差別反対デモ」をしてキング牧師と同じことをやったという。
何でも奇麗事を並べ立てて表面だけ取り繕うのは左翼独特の手法。
死刑覚悟で直訴した田中正造氏も、自分がこんな人と比較されるとは思ってもみなかっただろう。

どんな左翼にもいささかも同意できない18の理由

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


[ 2013/11/07 17:05 ] 山本太郎 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。