上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

実際に聞いてみた ユニセフが81%しか本部に拠出していないのは本当?

昨日、元2ちゃんねる管理人「西村博之」氏が、アグネス・チャンさんに「黒柳徹子」さんの口座を教えればいいのではないかという公開質問状を送った件に関し波紋を呼んでいる。そもそもこの問題は「日本ユニセフ」が全体の収益のうち81%しか本部に拠出していないのは「ピンハネ」であるという問題から勃発している。そこで当編集部は直接日本ユニセフに問い合わせてみました。
さて、昨年の全体的な収益額と拠出額を見ていただきたい。この値は公式サイトに記載されているため問い合わせるまでもなく確認することができる。それによると

募金の総額:161億
ユニセフへの拠出額:130億

募金の総額
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/syushi.html

ユニセフへの拠出額
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_don.html

ということで、確かに80.7%(切り上げで81%)をユニセフへ拠出していることが明らかになった。
ただし問題はそこではなく、残りの19%はどうなったのかということだ。ネットではこれを「ピンハネ」と騒がれ、アグネスさんはそれを「デマだ」というのです。
ではこれは「デマ」なのか「ピンハネ」なのか早速聞いてみました。
―のこりの19%は?
http://www.yukawanet.com/archives/4572719.html

Q. 募金の総額が161億で、ユニセフへの拠出額は130億となっておりますが残りの利用目的は?
A. 日本国内活動やアドボカシ―活動に利用させていただいております。

Q.人件費などの運営費もそこから捻出されているということでよいでしょうか?
A.はい。詳しくはホームページにも掲載されております。

アドボカシ―活動
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_katudo_advocacy.html

参考までにホームページ上には収支報告書なるものが掲載されている。
2013年度収支予算書
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/pdf/syusi_yosan2013.pdf

役員報酬計18,479,000円  
給与手当計.238,555,000円
福利厚生計58,645,000円
退職給付計18,280,000円
業務委託費計 1,099,569,000円

agu01.jpg
アグネスチャンと創価学会池田大作氏

ユニセフって国連児童基金、日本ユニセフは東北震災やフィリピンの台風など、子供に限定されない広範囲で募金活動をやっている。
擁護する方の意見として「宣伝費にお金を使っているからこそ、募金が集まるのだ」というものが多いが、宣伝費にお金(募金)を使って必死なのは、集まった募金が多ければ多いほど、25%の中抜きできる金額が増えるからだろう。
そもそも%という割合で中抜きすること、それは善意で集められたお金が子供や被災地に届かなくなる割合が増えるということ。

あなたのすぐ隣にいる中国のスパイ

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。