上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

紅白「韓流全滅」へ K-POPアーティストがテレビに出演できる雰囲気ではない」

K―POPブーム終焉へ――。今年のNHK紅白歌合戦も、昨年に引き続き韓国勢の出演はゼロになる雲行きだ。
これまでK―POP人気をけん引していた「KARA」は19日、さいたまスーパーアリーナで「KARA 2nd JAPAN TOUR 2013『KARASIA』」を開催。
現メンバーでの最後の舞台となる24日の神戸公演まで、いよいよ秒読みとなった。
韓流歌手の紅白全滅は、KARA同様に日本でのブームに幕が下りる日が近いことを表している。
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/206296/

今までが異常すぎた、なぜ日本の大晦日に韓国の質の悪いK―POPを聴かなければならなかったのか?
「日韓関係の点から見れば昨年、李明博前大統領が竹島に上陸したときより悪化している」と本文にあるように日本を世界的な規模で中傷し続ける韓国、その韓国の音楽を大晦日に聴くハメになったのは、親韓である民主党が政権をとっていたからだろう。

経済面でも日本よりも韓国に利益がもたらされるように働きかけ、民主党は日本国内の韓流ブームを後押しし、円高、ウォン安もほったらかしだった。
彼ら韓流スターらは本国で日本の悪口を言い(言わなければならない状況であったとしても)そもそも嫌いな日本の、執拗に紅白に出たがるのか?

それは単純に日本を利用して儲かるのもあるからだろうが、「日本を素晴らしいK―POPで征服してやった」などという風潮があるのも否めない。

あくまでも大晦日の日本人のためのNHK紅白歌合戦。
「韓流全滅」、これが正常である。

嫌「韓」第二幕 作られた韓流ブーム (宝島SUGOI文庫)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。