上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

また朝日新聞  スクープ扱いで 「インドネシア慰安婦」でっち上げ

朝日新聞が2013年10月13日付の朝刊1面トップで東南アジアの慰安婦問題を大々的に取り上げた。
その狙いについて、東京基督教大学教授の西岡力氏が解説する。

“スクープ”扱いの記事はこう始まる。

<旧日本軍の慰安婦問題が日韓間で政治問題になり始めた1992~93年、日本政府が他国への拡大を防ぐため、韓国で実施した聞き取り調査を東南アジアでは回避していたことが、朝日新聞が情報公開で入手した外交文書や政府関係者への取材で分かった>
何と20年以上も前の話である。当時の日本政府が東南アジアの慰安婦問題の真相解明に後ろ向きだったという内容だ。

これがスクープといえるのか。その横には東南アジア諸国は経済発展を重視し、途上国援助(ODA)を受ける 日本政府との関係悪化を恐れ、政治問題化を避けたという解説記事が載っている。
翌14日付朝刊1面でもインドネシアの慰安婦問題を取り上げる力の入れようである。

当時、旧日本軍の慰安婦らの苦難を記録したインドネシア人作家の著作が発行される予定になっており、駐インドネシア公使は、〈著作が発行されれば、両国関係に影響が出るとの懸念をインドネシア側に伝えていた〉という。
そのうえで公使の動きを〈文学作品発禁を促すものとみられ、当時のスハルト独裁政権の言論弾圧に加担したと受け取られかねない〉と批判している。
全体を読めば、慰安婦問題の真相解明を求めたとされるインドネシア側に、日本政府が圧力をかけたと思わせる紙面づくりになっている。

日本占領下のインドネシアでは、強制収容所から慰安所に入れられたオランダ人女性が強制売春をさせられたとして、戦後、旧日本軍元兵士を告発した。元兵士は軍事法廷(BC級戦犯裁判)で裁かれ、十数人が死刑を含む有罪判決を受けた。
そうした個人的な犯罪はあったにせよ、旧日本軍や官憲がインドネシア人女性を組織的に強制連行したという証拠は見つかっていない。
http://www.news-postseven.com/archives/20131214_231364.html

国家に著しくダメージを与える捏造報道。
朝鮮人の慰安婦問題も朝日新聞の捏造報道から火がついている。
過去にも朝日新聞は日本人のイメージを悪くする捏造報道が多い。

朝日新聞 珊瑚礁事件
平成元年の四月二十日に起きた朝日新聞による自作自演事件。
朝日新聞記者が沖縄にある珊瑚礁にK・Yという落書きを発見、夕刊一面で報じる。
その後の調査の結果、朝日新聞記者が傷をつけて記事として書いた自作自演報道であることが発覚。

melto839.jpg


朝日新聞社員2ちゃんねる差別表現書込事件 - Wikipedia
2009年3月に、朝日新聞社の社員が社内のパソコンからネット掲示板2ちゃんねるに対し、同サイトの運営妨害と判断される書込とともに、部落差別や経済的弱者および精神疾患への差別を助長するような内容を書き込んでいたことが判明し、問題になった事件。

「従軍慰安婦」という造語で、反日を煽り立て、日本と韓国関係悪化に成功した朝日新聞社員が、今度は日本とインドネシアとの関係悪化を画策。
日本の国益を損ね日本を貶め続ける朝日新聞をこのままにすれば、これからも捏造を繰り返すだろう。
何か罰則が必要だと思う。

朝日新聞が中国を驕らせる―反日、反米の呪いと親中媚態言論の正体

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。