上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

在日支配が続く日本 ミスインターナショナル脅迫事件

日本のみならず世界でも注目されている、日本芸能界の暗部を露呈した「ミスインターナショナル脅迫事件」。
世界有数のミスコンにおいて、2012年に日本人で初のグランプリを受賞した吉松育美(26)が、大手芸能事務所の幹部に“ストーカー脅迫”されていたという疑惑だ。
昨年12月16日には外国特派員協会で、吉松本人が記者会見まで開く騒ぎとなっている。
この事件の裏で、ついに死人が出たという噂が正月そうそう流れてきている。

「疑惑の渦中にいる大手芸能事務所幹部、彼の元恋人だったと言われていて、怪死した川田亜子アナ(満29歳没)。彼女の元恋人Xさんが現在行方不明になっているんですよ。この男性は川田さんの元恋人と言われており、別れた後に週刊誌などに彼女のネタを売り歩いていたこともあり、一部ではよく知られていた。彼がここ数年、俺は“闇勢力”に追われていると言って逃げまわっていたんです」(スポーツ紙記者)

大手芸能事務所幹部氏に今回おきた騒動も、川田亜子さんの怪死事件が絡んでいる。
08年に川田亜子さんが港区の路上で練炭自殺したという事件だ。吉松の海外エージェントであるマット・テイラー氏も、川田亜子さん最後の恋人と言われていた人物。テイラー氏と幹部氏は、金銭トラブルで裁判となっているなど、関係者が実に複雑に絡んでいる。
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20140102/Mogumogunews_142.html

◆ミス・インターナショナル吉松育美さん、威力業務妨害でケイダッシュ幹部の谷口元一氏を訴える
昨年、日本人初のミス・インターナショナルに選ばれた吉松育美(26)が、大手芸能事務所ケイダッシュの幹部で、関連会社パールダッシュ社長の谷口元一氏を12月11日、威力業務妨害で警視庁に刑事告訴、あわせて東京地裁に民事提訴したことがわかった。
収録現場に現れた谷口氏
http://s-bunshun.ismcdn.jp/mwimgs/5/6/140/img_5642ca96b1bb0f1787c06fe29e9627c325094.jpg

戦後、GHQは同じような風貌をした在日朝鮮人を自分たち白人の変わりに、日本の要職、芸能界、メディアなどに就け、日本を間接統治している。
それは現在のアフガニスタンと同じで、アメリカはアフガニスタンでカルザイ傀儡政権を押し立てて占領統治を 続けているのである。

楽に大金が稼げる芸能界、宗教界、メディア、パチンコを含むギャンブル、覚せい剤などの麻薬関係、暴力団組員に多くの在日が君臨し、犯罪の多くが在日によって日常的に行われ、 かつて大英帝国が少数民族の華僑を使ってアジアを統治していたやり方と同じ、これを間接統治または分断統治という。
戦勝国アメリカは、アメリカの言う事を聞く日本人と マイノリティーである在日韓国・朝鮮人に権限を与えたり、サポートしたりして戦後の日本を構築。

melto844.jpg
第二次世界大戦中、連合国軍はドイツと同様に日本の分割直接統治を計画していたが最終案では日本政府を通じた間接統治の方針に変更した。

◆戦後の日本・欧州の視点 No.3-1 児玉機関と笹川良一
http://www.youtube.com/watch?v=vSSwdGV9UHg

◆戦後の日本・欧州の視点 No.3-2 児玉機関と笹川良一
http://www.youtube.com/watch?v=2rF2SKbetWo

◆戦後の日本・欧州の視点 No.3-3 児玉機関と笹川良一
本来3が存在していたが、完全に削除されて閲覧できない。

日本のメディアが本来の機能をなくし、在日韓国・朝鮮勢力に間接支配された媒体であり、マスコミはいわば日本の犯罪組織の一つとなっている。
その証拠に芸能ヤクザが関わる「ミスインターナショナル脅迫事件」に関して、どのマスコミも報じようとしない。
それで吉松育美さんは海外のメディアへ訴えたのである。
この命がけの行動は日本人に戦後どれだけ在日が日本の主要部分に巣食い、また日本の暗部に光が当たる可能性が高い。

◆安倍昭恵夫人、吉松さん面会も取材依頼ゼロ 「大きなニュースのはずなのに何でなのでしょうか」
http://www.j-cast.com/2013/12/29193328.html?p=all

吉松さんによる外国人特派員協会での会見
http://www.youtube.com/watch?v=gism4R57Tkg

①2012春、ミス・ジャパンになった直後、元K1石井館長が突如現れバーニング事務所へ連れて行かれ、 「日本の芸能界で生きていくためには『掟』として周防会長に認めてもらわなければならない」と言われる。その後も現れ所属を迫られるが暴力団とのかかわりが疑われていることを知っていたのではっきりと断る。

②2012/10/21にミス・インターナショナルとなった後、それまでの事務所をやめ個人事務所に移りたいと伝え マネージャーも了承し12月で契約も終了。

③しかし12/28、日テレのバンキシャのスタジオに面識のない谷口が突然現れ、「吉松さんは今からうちの事務所所属だ」などとプロデューサーらに嘘をつき控室まで侵入し拉致されそうになる。 ※写真と録音の証拠あり

④以来、谷口はKダッシュの影響力を使い、電通、テレビ局、雑誌、スポンサー候補企業などに対し、吉松氏と関わったらスキャンダルをバラまくと圧力

⑤2013/6/13から谷口が吉松さんの実家・父の職場にまで電話をするようになり娘を説得するよう要求。 谷口が故・川田亜子さんの名を上げ彼女のようになるかのように脅迫

⑥父が「電話をやめてくれ」と言うと、スポンサーへの圧力を口にし、直後、突如スポンサー契約が解除になったことも 。 解除理由は「谷口氏に問題を起こされるのが怖いから」と説明される。 ※電話の内容は録音済み。さらに谷口は、自分とその仲間達を吉松さんの元へ送る必要があると告げる。(直接危害を加えるぞという意味と受け取る)

⑦谷口が吉松さんの父に「忠告を聞いてくれなくて残念です。では娘さんには私がやりたいようにやらせてもらいます」と携帯メッセージ。

⑧谷口が吉松さんの個人事務所に電話をかけ、出た女性を脅す。 吉松さんと事務所に対し「金を払え」と要求し「払わなければ事務所に押し掛ける」と告げる。

⑨「多くのクライアント、テレビ局に吉松さんと仕事するなとの谷口氏からの通達が出ている」と 広告代理店に言われるほどまでに谷口の意向が業界中に知れ渡る。

⑩9/30、谷口が吉松さんの自宅事務所とスタジオに送り込んで自宅をのぞき、盗撮をしていた2人の 顔写真を押さえ、その一人を吉松さんの警備員と番犬が取り押さえて警察に引き渡す。

⑪被害届を出し「死にたくないです」と保護を求めたが、パトロールを行なうというだけで何もしてくれなかった。

⑫10/3、吉松さんは谷口とKダッシュ社長両氏宛に、行動が止まない場合刑事及び民事で告訴すると警告。被害総額は200万ドル(約2億円)という。

警告書を送付後、谷口は「週刊誌に吉松氏の悪評を流す」と脅し、実際2日後に週刊新潮に載る。

⑭11/13、東京のミスインター事務局に呼ばれ「谷口氏が大会スポンサーと新株主に対しガセのネタを週刊誌に流すと脅迫している」と告げられる。 ※録音済み

⑮事務局は谷口氏の要求に屈し、当日は病気を理由に世界大会決勝に出席するな、黙っていろと吉松さんに求めた。

⑯12/17、吉松さんの夢絶たれる。日本人初のクイーンとして1年間自費でミスに相応しい行動し、 世界中の女性、子供、コミュニティに貢献するよう務めていた最後の任務を奪われたが公に助けの声が届かない全ての女性に代わって声を上げる事を決意

恐怖に怯えて生きるかもしれませんが、同時に私達には生きる意味があるのです。私は仮病を装いません、私は沈黙もしません、私は屈しません。

告発記者会見全文
http://ikumiyoshimatsu.com/ikumi-yoshimatsus-life-threatened-by-japanese-talent-executive-under-24hr-security/

日本語訳
https://twitter.com/IchigoIchieFilm/status/412960919296028673

ミスインターナショナル世界大会にまで圧力をかけ、去年の覇者である吉松育美さんを欠席させるよう画策したケイダッシュ幹部の谷口元一氏。
それだけではなく吉松さんがアメリカへ行っている間に、谷口氏側の依頼で私の自宅に執行官が入り、自宅の中を調べるという暴挙まで犯していることが判明。
司法まで不正に手を貸す異常事態、それは日本という国がどれだけ在日ヤクザに食い込まれているかよくわかる。

吉松さんブログより 2013年12月22日(日) 信じがたい事実…
http://ameblo.jp/ikumi-621/entry-11734264707.html

ミス世界一吉松育美さん脅迫被害・マスコミ黙殺事件まとめ wiki
http://w.livedoor.jp/tvgang/



今の状態では、在日は合法的に日本を侵略していると言っていいだろう。
芸能界で好き勝手する在日、統一教会による日本女性の人身売買は完全に黙認状態、犯罪組織へと成り下がったマスコミの放置、犯罪界、宗教界、政界、芸能界と牛耳り、海外からみればアルカイダ並みの印象を持たれる、在日暴力団。

これらからの脱却が、安倍総理の目指す「戦後レジームからの脱却」の一つであり、まずは私たち日本国民の一人一人が、現在の日本が置かれている状況を把握することから始めなければならない。

自衛官の方が書いた驚愕の事実
マインドコントロール 日本人を騙し続ける支配者の真実

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ



スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。