上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ケネディ大使のイルカ漁批判発言に米国務省「米政府が長年明らかにしてきた見解を表したものだ」

米国務省のハーフ副報道官は21日の電話記者会見で、ケネディ駐日米大使が短文投稿サイトのツイッターで「イルカ追い込み漁の非人道性を深く懸念している」と同漁を批判したことについて、「米政府が長年明らかにしてきた見解を表したものだ」と述べた。そのうえで、日本政府にこうした懸念を直接伝えていることも明らかにした。
ハーフ氏は「我々は生物の持続可能性と人道性の両面で懸念している」と語り、同漁を懸念する米政府の立場は明確であり変わっていないと説明した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140122-00000017-mai-n_ame

キャロライン・ケネディ駐日米国大使 @CarolineKennedy
米国政府はイルカの追い込み漁に反対します。イルカが殺される追い込み漁の非人道性について深く懸念しています。
https://twitter.com/CarolineKennedy/statuses/424405149730107393

ケネディ駐日米大使の発言が日本国内で思わぬ波紋を呼び、キャロライン・ケネディバッシングから矛先を変えるべく、米国務省がこのような発言をしたのだろう。
また、キャロライン・ケネディ駐日米国大使の従兄弟、ロバート・ケネディ・ジュニアがシーシェパードの代理人であることを考えると、彼女の発言は環境テロリスト集団である、シーシェパード寄りであることがよくわかる。

ロバート・ケネディ・ジュニア
環境弁護士のロバート・F・ケネディ・ジュニア氏は記者会見で、シー・シェパードとその創設者で現在はコスタリカでのサメ漁に関して国際刑事警察機構(ICPO、インターポール)から国際手配されているポール・ワトソン容疑者への支持を明言。
米国の裁判所にシー・シェパードを訴えた日本鯨類研究所を、「科学研究団体を装った海賊組織」と非難した。
http://www.afpbb.com/articles/-/2927363?pid=10270257

オバマを大統領にしたキャロライン・ケネディ
キャロライン氏がニューヨークポストで「父のような偉大な大統領になれる」とオバマについてコメントし、アメリカで絶大な人気を誇るジョン・F・ケネディ元大統領の娘が支持についたことはオバマに大きな影響力を及ぼしている。

melto856.jpg

オバマへの多額の政治献金
キャロライン氏は2008年に、大統領予備選中のオバマ氏について、「私の父のような大統領」と題したコラムを米紙に寄稿、いち早く支持を表明。12年の選挙では、支持だけでなく資金集めにも奔走したとも。2期目のオバマ氏は今年、外交・政治経験に乏しい資金調達の貢献者や大口献金者を英国、ドイツ、イタリアなどの大使に次々に起用している。
http://www.iza.ne.jp/topics/world/world-840-m.html

米政界随一の名家出身のケネディ駐日米大使。
彼女に政治的手腕がどのくらいあるのかわからないが、日本より中国を大事にしているオバマはアイドル的な人気を利用して、この人を駐日米大使にして面倒な対日本との外交を避けたのだろう。

ケネディ駐日米大使が日本へ来たときに熱狂的に迎えられたが、あくまでも彼女はアメリカのために日本で情報収集し、活動する立場の人間であり、例え新婚旅行で日本を旅するくらいの親日家であってもそこは誤解しないほうがいいだろう。
また日本のイルカ漁についてあれこれと諸外国がいちゃもんをつけてくるが、デンマークのイルカ漁に関しても恐らく環境テロリストの類は圧力をかけているに違いない。

この問題で大切なのはひるまないこと。
日本は他国の海域まで押しかけてイルカ漁をしているわけでもなく、菅官房長官が発言したように日本の海域で日本の法律に則ってイルカ漁をしているだけである。
いちいち諸外国の発言を気にしてイルカ漁をやめることなどせず、だからどうした?くらいに思ったほうがいいだろう。

白人はイルカを食べてもOKで日本人はNGの本当の理由 (講談社プラスアルファ新書)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ


[ 2014/01/23 17:05 ] アメリカに関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。