上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

田母神氏支持デヴィ夫人が他候補ぶった切る

BS番組収録中に一般女性を平手打ちする騒動を起こしたデヴィ夫人(73)が3日、ブログで、東京都知事選に立候補した田母神俊雄氏を絶賛する一方で、他の候補をぶった切った。
田母神氏については「他の三候補者と違う点は『靖国神社参拝賛成』と『外国人参政権反対』そして『原発問題』です」と、安全性を確認した上での原発稼働を主張する同氏を支持。

一方で細川護熙氏については「20年近く公職を離れ実務経験がない。佐川急便から受けた1億円の問題も明らかにしていない。9カ月で総理の職を『いち抜けた!』と辞めてしまった。小泉元総理の脱原発しか言わない人」と批判した。

舛添氏についても「自分を支えてくれた自民党が野党になった時離党した人。5人のお子さんのうち3人は婚外子。認知も養育費も渋って問題が起きている。こういう人が女性問題や老人対策を話すのはチャンチャラおかしい。親韓国、国旗否定」と否定的な立場を示した。

宇都宮健児氏についても「親中国、親韓国。加害者を擁護し被害者を守らないおかしな人権派弁護士。国旗、国歌を否定する」と言いたい放題。そして最後に「ぜひ皆さま田母神氏を都知事に!!!」。最後まで言いたい放題だった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140204-00000001-nksports-ent

残念ながらこれは田母神俊雄氏にとってマイナスとなっただろう。
日本人は他人の悪口に対して耳を塞ぐ人が多い。
口汚く他の候補者を悪くいったところで、それで田母神氏への票に繋がることはない。

デヴィ夫人だけでなく、ネットにいる田母神支持者にもこの傾向が見られ、他の候補者を悪くいうツイートが出回っているが、それが内輪だけで絶賛され支持されているのであって、世間一般でもこのような手法がウケると勘違いしている。

この手の人たちは現実が見えてない。
いつも同じような人間と話をしているので自分の目線=一般社会の目線だと思い込み、本来ならば自分の目線と一般社会の目線の二つを持っていないといけないのだが、偏狭な環境にいるために、一般の人の目線がわからない。
これはチャンネル桜の面々、デヴィ夫人も同様である。

「舛添氏の5人のお子さんのうち3人は婚外子」などといえば、実際に話を聞いている聴衆の中に婚外子の方がいたり、また舛添氏のようなことをした方もいるだろう。
宇都宮健児氏は「親中国、親韓国。加害者を擁護し被害者を守らないおかしな人権派弁護士」と言えば、帰化して反日感情を持たずに日本に溶け込んでいる元外国人の方は不快に思うだろうし、そもそも弁護士とは「加害者を擁護し被害者を守らない」ものである。

また人のことを悪く言いすぎると、かえってその人物に同情し「ここまで言われるなんてかわいそう」と思う人もいる。
いずれにせよ、悪口を言うと言っている側の人間性を疑われることになり、結果として田母神俊雄氏のイメージは悪くなるばかり。

選挙で応援したいのであれば、田母神氏の良いところをアピールするべきで、田母神氏にはリーダーシップを示してグイグイ都民を引っ張っていくような発言力が必要である。
人の心を動かすものは「悪口」ではない。

デヴィ夫人の発言は同じように他の候補者を罵る底辺ウヨクだけに喝采を浴び、まともな日本人にはマイナスとなっている。
現在の底辺ウヨクは新聞報道においても「田母神氏は4番手というのは捏造だ」「本当は田母神氏は舛添氏と並んでいる」と現実がわからず、妄想に取り付かれているが、このような人たちが声を上げれば上げるほど、田母神氏の信用は無くなっていると思ってよい。

悪口は決して人の心を動かさない。

世界を動かした21の演説――あなたにとって「正しいこと」とは何か

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


[ 2014/02/04 17:05 ] 選挙関係 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。