上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

脱原発派 「闇の勢力が人工雪を降らせて都知事選の妨害をした」

2月9日に投開票された東京都知事選挙は投票率が46.14%で、舛添要一氏が約211万票を獲得し、2位の宇都宮健児氏(約98万票)に大差をつけて当選した。 
今回の投票では投票率が低かった場合は、元々自民党と公明党の支持基盤を持つ舛添氏が有利とされていた。
投票率が高い場合は、無党派層も取り込め、他候補にも有利な風が福と見られていた。
結果的に大雪の影響もあり、投票率は史上3番目の低さに。
これを受け、「人工雪」を降らせて都知事選の妨害をしたという説が脱原発派(宇都宮氏及び細川護煕氏支持層)と保守層(田母神俊雄氏支持層)を中心に出ている。
http://yukan-news.ameba.jp/20140210-103/

田母神俊雄氏支持層に、さすがに「人工雪」を口にしている人は見たことない。
昔からこのような被害妄想をこじらせ何もかも陰謀論と結び付けたがるのはリチャード・コシミズ一派と底辺左翼が主だろう。

自分が支持する候補者が負ければ「不正選挙」だとわめき散らし、それを笑う人を「B層」だと勝手に決め付けて、無理矢理、自己満足する方法を取る。
自分の理想と現実がわからないネトウヨと大して変わらず、お互いその底辺のちょうど対極にいる。

今回の雪は東京都だけに降ったわけではなく、東海地方、関東地方、東北地方と広範囲に降ったのだが、そういうことは気にもせずに、大雪で投票率が下がった現実を陰謀者のせいにしないと心の不安を払拭できずに騒いでいる様は、ネトウヨの「どうせ舛添さんはすぐに辞職になる」と田母神俊雄氏が落選した悔しさをたいした根拠もない未来の出来事を想像して納得させていることと同じである。

火に晒しても溶けない人工雪
「雪というのは嘘で最近youtubeを騒がしている火に晒しても溶けない人工雪。東京都知事選を混乱させるために人工雪には車がスリップするように特殊なスリップ剤が含まれている」
と本気で思い込み、被害妄想を炸裂させる底辺左翼。

元総理である細川氏まで「原発問題を争点とさせない力が働いたので負けた」という始末。


痛いサヨクの方たちのツイート

都民ができること
○ 投票用紙はマジックで書く
○ 出口調査をしてみる(ビデオで撮影)
投票が完了すると、投票箱がタクシーなどで開票所へと移動する開票所でムサシ職員が投票箱の半分以上を入れ替えるはず。計票機械ムサシに総数を計票させてから、あとで不足分をこっそり追加(白票など)

気象兵器は日本の国会でも「地震兵器・気象兵器・津波兵器は各国が研究しているのは国際的な常識です」と答弁しているくらいの常識です。
人工雪も、先週のアメリカで実際に火に近づけても溶けない雪(人工物)が降りました。


この人たちは3.11も人工地震だと騒いでいた。
本当のリベラルにとってもこの手の人たちは頭が痛いだろう。

そもそも、無党派層の投票も舛添が一位だった時点で細川、宇都宮、田母神は完敗である、これが現実。

検証 陰謀論はどこまで真実か パーセントで判定

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


[ 2014/02/12 17:05 ] 原発・自然エネルギー問題 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。