上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

余計なことをする村山元首相 韓国で恥をかく

旧日本軍の慰安婦に対する日本政府の謝罪や賠償を求めている韓国の支援団体「韓国挺身隊問題対策協議会」(挺対協)の尹美香常任代表は12日、韓国訪問中の村山富市元首相を「慰安婦問題に非常に大きな傷を与えた政治家だ」と批判した。
挺対協が毎週水曜日にソウルの日本大使館前で開く抗議集会で述べた。
挺対協は、村山政権が進めた「アジア女性基金」による元慰安婦への償い金支給について、日本政府が法的責任を認めたものではないとして受け取りに反対してきた。
尹氏は村山氏について、野党時代の社会党(当時)は日本政府の責任を追及していたが、首相になると立場を変え「日本政府は戦後補償をできない」と言い始めたと指摘。「被害者の反対にもかかわらず、基金による(償い金)支給を強行した」と主張した。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140212/kor14021222460007-n1.htm

慰安婦強制連行はあったと言い張る村山元総理。
村山氏は安倍政権を批判したいがために、朴槿恵大統領との会談を申し込んで断られただけでなく、韓国の支援団体からも嫌われる始末。
自身の政治理念がぐらついてあっちにいい顔、こっちにいい顔する無能な人物はどこでも嫌われる。

朴大統領が村山氏と会談すれば、冷え込んだ両国関係がさらに悪化する恐れがあり、韓国も反日を口にしながらも、本当の意味での悪化は回避したい意向だと、元総理でありながらそれがわからず、ひたすら安倍降ろしのために老体にムチ打って韓国を訪問。

日本は日本人でありながら自虐史観に捕われた人たちによって、国内から反日活動家が出ているような国であることが、一連の村山氏の行動で、より明らかになっている。
ある意味、日本がもっとも反日国家なのかもしれない。

慰安婦問題はまず日本政府(宮沢内閣)が出した河野談話の撤回が先だろう。
海外で韓国とのロビー活動に対抗しても日本人がやれば「日本政府が認めている慰安婦を高級売春婦だと豪語する右翼が騒いでいる」と見られるのがオチであり、先のフランスでのマンガ展示会がいい例である。

河野談話だけが取りざたされているが過去にも小泉元総理が慰安婦だと言い張る人たちに対して謝罪文を発表しているのも問題である。


元慰安婦の方々に対する小泉内閣総理大臣の手紙
拝啓

このたび、政府と国民が協力して進めている「女性のためのアジア平和国民基金」を通じ、元従軍慰安婦の方々へのわが国の国民的な償いが行われるに際し、私の気持ちを表明させていただきます。

いわゆる従軍慰安婦問題は、当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた問題でございました。私は、日本国の内閣総理大臣として改めて、いわゆる従軍慰安婦として数多の苦痛を経験され、心身にわたり癒しがたい傷を負われたすべての方々に対し、心からおわびと反省の気持ちを申し上げます。

我々は、過去の重みからも未来への責任からも逃げるわけにはまいりません。わが国としては、道義的な責任を痛感しつつ、おわびと反省の気持ちを踏まえ、過去の歴史を直視し、正しくこれを後世に伝えるとともに、いわれなき暴力など女性の名誉と尊厳に関わる諸問題にも積極的に取り組んでいかなければならないと考えております。

末筆ながら、皆様方のこれからの人生が安らかなものとなりますよう、心からお祈りしております。

敬具
平成13(2001)年
日本国内閣総理大臣 小泉純一郎


村山談話、河野談話、小泉元総理の謝罪の手紙。
これらを元に「日本は慰安婦を認めているではないか」というのが海外の認識であり、それを踏まえることなく「慰安婦の強制連行はなかった」「高級娼婦である」と言えば言うほど、日本は不利な立場へと追いやられることになり、勝ち目はない。

私は日本を守りたい

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


[ 2014/02/14 17:05 ] その他日本の問題 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。