上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

金メダル獲得のために他国の選手を潰しにかかる韓国

◆ロシアのリプニツカヤ(15歳)、韓国メディアに「キム・ヨナの演技?見たことない。最近出場の大会すべてB級」
ソチ五輪フィギュアスケート団体でロシアの金メダル獲得に貢献したユリア・リプニツカヤ(15)が18日、韓国MBC放送局のインタビューで「キム・ヨナの演技を見たことない」などと述べ、韓国で波紋を広げている。
複数の韓国メディアによると、MBCはリプニツカヤに対し、団体戦でロングエッジなのに得点していなかったかと質問。これに対し、リプニツカヤは「今どき誰が正確にルッツを飛ぶの」と挑発的に答えた。
記者がほかの選手の試合を見ているのかどうか問うと、「一度もフィギュアに興味を持ったことはない。時間ができたら映画を鑑賞する」と発言。
キム・ヨナをどう思っているのかとの質問には「空白期間が長かったのでは。私は試合でキム・ヨナ選手の試合を直接見たことがない。最近出場した大会もすべてB級」と韓国メディアを刺激するような発言を繰り返した。
韓国メディアは、一連の発言を「あきれた発言」と報道。
韓国のインターネットユーザーは「キム・ヨナが怖いのか?」、「大胆だね」、「キム・ヨナは(リプニツカヤの)鼻を折ってしまえ」などとコメントし、リプニツカヤの態度に不快感を示した。
http://news.livedoor.com/article/detail/8552089/

日本と韓国のメディアは浅田選手に「キム・ヨナと浅田真央のライバル対決」「金メダル争い」という報道を連日繰り返し浅田選手へ圧力をかけ、天才と言われるロシアのリプニツカヤ選手についてもソチで執拗に絡んでいた。
浅田選手がソチへ到着した際にも韓国のメディア関係者が多く詰め掛けて「靖国」問題まで持ち出して大声で騒ぐ愚行を行った。

◆浅田真央の平常心を失わせる 韓国メディアの“取材攻勢”
何とか4年前の雪辱を果たしたい浅田だが、どうやら雲行きは怪しい。「韓国サイドの嫌がらせが凄まじく、浅田も平常心を失ってメダル圏外もある」とは某現地記者。
「5日深夜にソチ入りした際、空港に集結した100人近い韓国メディアが怒号を飛ばしながら突進。モミクチャ状態の浅田はケガでもしかねない状況だった。アルメニアからソチに戻る時も、韓国メディアは大挙して空港に向かい、浅田にアタックを仕掛けようと手ぐすね引いている。会見では、浅田に<団体ジャンプ失敗のショックは癒えたのか><3回転半はもう跳ばないのか>など、一番気にしている質問をズケズケ聞いてくる。韓国メディアは、基本的に自国選手の熱狂的な応援団。どんなエゲツナイことを仕掛けてくるか、浅田陣営も戦々恐々です」
http://gendai.net/articles/view/sports/147999

melto873.jpg
押し寄せて嫌がらせをする韓国メディア。なぜ日本スケート連盟は対策をしなかったのか?

浅田とリプニツカヤがキム・ヨナのライバルと思っていた韓国メディアは、普通の感覚ならば卑怯とも思える手法で「キム・ヨナが金メダル取れるためにはなんでもやる」とばかりに二人を攻撃。
彼らは手段を選ばず、汚い手を使って金メダルを取っても「金メダルに違いないではないか」という感覚である。

そしてその挑発に若い15歳のリプニツカヤは乗ってしまったのである。

melto872.jpg
練習場まで押しかけてリプニツカヤの邪魔をする韓国メディア。
このリプニツカヤ選手の表情を見ればどれだけ行き過ぎていたのか良くわかる。

また、五輪会場でも浅田選手の顔つきは暗く、何かに押しつぶされそうな雰囲気だった。
おそらく想像を超える圧力をかけられ、そして会場に詰め掛けている韓国人らの罵声、韓国メディアの嫌がらせにまいっていたのだろう。

melto874.jpg
ソチ五輪会場で浅田選手のファン手作りの横断幕に韓国国旗を乗せる韓国人

フィギュアスケートはメンタルが非常に左右する競技である。
それを韓国メディアはよく知っており「キム・ヨナに金メダルを!」と執拗に挑発を繰り返し返すのである。
挑発にのってしまうと、少なからず不の要素が生まれてしまう。
リプニツカヤ選手は、負けたくないと気負いが演技に出てしまった可能性は否めない。

今回のリプニツカヤの対応に憤慨した韓国は、彼女に対して徹底して嫌がらせをするだろう。
このような卑怯な韓国人に対抗する方法は、挑戦的に言い返すことではなく、「無視すること」「相手しないこと」「気にしないこと」である。
彼ら朝鮮人にとって相手してもらえないこと、これが一番の弱点であり、フィギュアスケートだけでなく私たちの普段の生活の中で、ストーカー行為、つきまといを行う在日朝鮮人に対しても同様である。

困った隣人 韓国の急所(祥伝社新書313)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


[ 2014/02/21 17:05 ] スポーツに関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。