上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本スケート連盟 多くの反対を押し切り浅田真央を最悪のリンクで調整させいた

自己ベストをマークした舞いに、「これが自分がやろうと思っていたこと」と、演技終了直後に頬を濡らした浅田真央(23)。敗れてなお、多くのファンの記憶に残る伝説を作った。その陰で、ソチへの最終調整の場に関して、浅田側とスケート連盟は揉めに揉めていた。
「真央には、精神的にもっとも落ち着ける場所で最終調整をさせてあげたい」と、佐藤信夫コーチ(72)は、スケート連盟幹部に(練習拠点の)中京大リンクで調整したい思いを伝えたという。だが連盟は、ソチへ移動が数時間でできる隣国アルメニアのリンクを確保していた。
そこで、浅田側と連盟の“対立”の間に、第三案として浮上したのが、浅田の振付を担当するタラソワコーチ(67)の口添えで、ロシア代表のソトニコワ(17)、リプニツカヤ(15)らと一緒にモスクワの「ロシア・ナショナル・トレーニングセンター」で最終調整をおこなうという案だった。
しかし、この案にも連盟は首を縦に振らなかった。 結局、浅田は連盟に押し切られる形で、渋々アルメニアに向かった。
「この決断が最悪だった。アルメニアのリンクの氷には砂が混ざっているうえにガタガタ。急遽、刃を研ぎ直す必要に迫られた。しかも空調設備が悪く、非常に寒かった。浅田は最終調整どころか、調子を狂わせてソチ入りした」(スポーツ紙記者)

連盟による“妨害”はこれだけではない。現地の報道関係者を取材すればするほど、それは次から次へと噴出するのだ。

「連盟幹部たちは、我々に対しても高圧的。取材させてやっているんだという態度で、少しでも気に食わないことがあれば、『何を書いているんだ』と取材パスを取り上げられた記者も過去にいたほど」(民放関係者)
それは選手に対しても同様で、今回の男子代表選手にも勇気づける立場にあるはずなのに、心ない言葉を浴びせ、逆に追い込むようなことをしていたという。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140226-00010005-jisin-ent

長年のフィギュアスケートファンの方なら、このニュースを見ても、またかという思いで、さほど驚かないだろう。
意図的に浅田選手を妨害しているのか、それとも堕落した日本スケート連盟だから仕方ないのか?

このニュースに出ているだけでも

・佐藤信夫コーチの「真央には、精神的にもっとも落ち着ける場所で最終調整をさせてあげたい」を却下。
・タラソワコーチ(67)の口添えで、ロシア代表のソトニコワ(17)、リプニツカヤ(15)らと一緒にモスクワの「ロシア・ナショナル・トレーニングセンター」で最終調整をおこなうという案も却下。
・男子代表選手にも勇気づける立場にあるはずなのに、心ない言葉を浴びせ、逆に追い込むようなことをしていた。
・選手村で頻繁に酒盛り。
彼らの遠征費は、浅田らの広告料から多くが出ているが、そのお金で我が世の春を謳歌しているにほかならない。

勇気づける立場にあるはずの者が、選手らの広告料でソチへ同行し、そして毎晩のように酒盛り。
落ち着いて練習できる、中京のリンクに戻って練習しいという選手の要望を連盟が拒否、タラソワの申し出のモスクワでの練習も拒否して浅田選手を強引にアルメニア行きさせる理由はどこにあるというのだろうか?

明らかに不自然であり、連日のようにメダルの可能性がある浅田選手!とマスコミが選手に圧力をかけるように報道している一流選手なのだから、最高のコンディションで練習をさせるべきである。

公金着服する日本スケート連盟
財団法人「日本スケート連盟」(東京・渋谷)の不正経理事件で、背任と業務上横領の罪に問われた元連盟会長、久永勝一郎(75)、背任罪に問われた同専務理事、松本充雄(70)の両被告の判決公判が27日、東京地裁であった。河本雅也裁判長は久永被告に懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)、松本被告に懲役2年、執行猶予4年(同2年)を言い渡した。
河本裁判長は判決理由で「両被告ともスケート界の振興に貢献した面もある。反省し、弁済を約束している」と述べたうえで、「(両被告は)連盟の財産を私物化していた」と指摘した。
http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20070327AT1G2700W27032007.html

荒川静香の賞金をピンハネしていたスケート連盟の女帝・城田憲子
◆“女帝”城田部長の超リッチ生活、14年前から君臨 スケート連盟不正支出疑惑
◆久永元会長ら逮捕=580万円背任容疑-スケート連盟不正経理・警視庁(時事通信)
◆スケート連盟裏金事件 肝心の女帝が海外逃亡 [ゲンダイ]
◆元フィギュア強化部長「城田憲子」氏が役職復帰へ スケート連盟の支援役員で
http://momolunafever.blog64.fc2.com/blog-entry-1407.html

現在、浅田真央選手を始め、多くのフィギュアの選手らが引退をほのめかしているのは、この堕落したスケート連盟が原因である可能性が高い。

しばしばこのスケート連盟の浅田選手への妨害は、悪名高い朝鮮族が仕切っているからだという声もあるがそれも一つの理由だろう。
彼らは同族のキム・ヨナになんとしても勝たせたいがため、才能ある浅田選手にはできる限り、マイナスとも思えることをし続け、そして日本の金メダリストの荒川静香に「キム・ヨナのほうが上」だと発言させている。

それは過去の五輪を見ても、韓国選手が正々堂々と戦うことは稀で、不正をしても「メダルはメダル」とメンツにこだわり、虚飾であっても気にならない劣化した道徳心からくるものであろう。

melto874.jpg
ソチ五輪会場で浅田選手のファン手作りの横断幕に韓国国旗を乗せる韓国人。日本人であれば「他国の選手の応援幕にそんなことをしてはいけない」と思うだろうが、韓国人は「よくやった!と褒める。



ロンドン五輪での韓国の不正 柔道
圧倒的に海老沼が勝っていた試合であるにも関わらず、旗判定で韓国に3本上がり、会場は大ブーイング、ジュリーという別組織の審判らから「おかしい」と抗議があり、ミナカワを含める3人の審判らはもう一度話し合いをして、旗判定のやり直しという前代未聞の事態に。結局、海老沼の白三本に変わった。

この珍事件を覚えている人も多いだろう。
このときの審判は「ミナカワ」という日系になりすましの審判だった。
この試合で海老沼はチョ・ジュンホから腕を折られそうになったが、ミナカワはなりゆきを傍観するだけであった。

◆海老沼匡が腕折られそうになった場面
http://www.nicovideo.jp/watch/sm18483143

melto485.jpg

melto486.jpg
またチョ・ジュンホの銅メダルが確定した試合後、控え室に向かう通路に「ミナカワ」審判が待ち構えており、チョ・ジュンホと抱き合う場面が一瞬、テレビに映りこんでいた。
胸の青いバッジは審判がつけるもの。


アルメリアと韓国の関係 なぜグレンデール市だったのか
なぜグレンデール市に慰安婦像ができたのか?
それは、韓国人がユダヤ系住民に続き「アルメニア人虐殺事件」でグレンデール市のアルメニア系住民・フランク・クィンテーロ市議に取り入り反日活動をして韓国人の人柄とそっくりのアルメニア人を取り込んだからである。
グレンデール市議会の市議員5名のうち1名はアルメニア系。
グレンデールはロサンゼルス近郊の町で、人口はおよそ20万人。うち5.4 %韓国系住民。
アルメニア系住民は27.6%を占めている。

日本にたかる韓国=トルコにたかるアルメリア。
なかった慰安婦強制連行があったと言い張りグレンデール市に慰安婦像を作る韓国と南京大虐殺があったという中国=トルコがやったと何の証拠もない「アルメニア人虐殺事件」をトルコのせいにして騒ぎ立てるアルメリア人。

アルメニア人虐殺wikiより
ヨーロッパ諸国では、特に第一次世界大戦に起きたものをオスマン帝国政府による計画的で組織的な虐殺と見る意見が大勢である。それによれば、この一連の事件は「アルメニア人ジェノサイド」と呼ばれ、21世紀に至る現代でも、オスマン帝国の主な後継国家であるトルコ共和国を非難している。トルコ政府は、その計画性や組織性を認めていない。

そして日本にたかる韓国=トルコにたかるアルメリア、この双方にチャチャを入れて面白がっているのがフランスである。

スケート連盟が浅田選手と鈴木選手をなぜアルメリアへ強制的に行かせたのか、おそらく金銭を受け取っていた可能性が高い。

荒川静香の発言
なぜ荒川静香が「キム・ヨナは浅田よりも上」と国民感情を逆なでするようなことを言ったのだろうか?
それは本当は15歳でトリノ五輪へ出場できるのであるが、タイムラグで14歳とされていた浅田選手。
当時、浅田が出たほうがいいという声が大きかったことが今でも影響しているのだろう。
彼女を除外しなかったら、3位通過でギリギリでトリノへ出場することになっている荒川静香自身が真っ先に落とされるので、やましさから「浅田選手は凄くない」と発言しているのである。

結論を言えばスケート連盟が浅田選手を勝たせたくないのは、朝鮮族のやっかみもあるだろうが、はっきり言えば金メダルを取らせたくないのである。

それは浅田選手が金メダルを取れば引退すると言い出すからだ。

今回までは同胞のキム・ヨナを持ち上げて、キム・ヨナ引退後に「今度は真央ちゃんの番」だと持ち上げて、できるだけ引退させずに、浅田選手を自分たちの「財布」にしたいだけである。
勝ってしまって引退すれば、残るのは羽生選手だけというのが現状であり、女子フィギュアではメダルが取れる人材がいない。

ソチオリンピック2014総集編 2014年 3/10号 [雑誌]

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


[ 2014/02/26 17:05 ] スポーツに関するもの | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。