上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新大久保で問題になっている“ヘイト落書き”について

在日韓国人・朝鮮人が多く暮らす新大久保で、“ヘイト落書き”を消して回る『差別らくがき消し隊』(@sabetsurakugaki)が発足した。
新大久保では数年前から、韓国の反日ぶりを知った日本人による反韓デモが激化。その多くは「竹島を返せ!」「不法滞在する韓国人売春婦は出て行け!」といった日本人として正当な主張をするものだが、一部は過激化し、普通の日本人からは支持を得られそうにない“ヘイトスピーチ”も繰り返されてきた。
中にはデモやスピーチにとどまらず、商店の看板や自販機、電信柱などに差別的な落書きをして回る輩もいるようだ。このような落書きは、軽犯罪法あるいは刑法の定める建造物・器物の損壊罪に触れる犯罪行為である。
http://getnews.jp/archives/522902

melto883.jpg
新大久保に書かれた落書き

「韓国人去ね」とは何だろうか?恐らく死ねと書きたかったのだろう。
このような事件を「日本人がやった」と判断するのは早計である。なぜならば在日が書いて日本人のせいにすることが簡単になってしまうからだ。

そしてこの中にある「チ」の文字が不自然な点、日本人は学校で書き順を習うが、この「チ」は明らかに日本語の「チ」をまねて書いているのがわかる。

melto884.jpg
クリックで拡大できます。

字体の癖がすべて同じであることを考えると、同一人物が書いているのだろう。

過去の自作自演の出来事

◆滋賀県公立中学校差別落書き自作自演事件
37件に及ぶ連続差別落書きが、後に部落解放同盟関係者の発言から同学校の教師による自作自演であることが発覚した事件である。
差別落書きは「エタ、アホ、死ね」などという内容で、同和地区出身の生徒の持ち物や学級日誌などに対して行われ、同和地区出身生徒の氏名を全員正確に列挙した落書きもあった。教育委員会や部落解放同盟は、犯人は生徒であるという前提のもとに同校での同和教育の不充分さを問題とし、これ以後「解放教育」への取り組みが強化されることとなったが、教師の自作自演であった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/滋賀県公立中学校差別落書き自作自演事件


◆篠山町連続差別落書き事件
、1983年8月に兵庫県多紀郡篠山町(現在の篠山市)で部落差別落書きが発見された事件。篠山町当局と全国部落解放運動連合会はこの落書きを部落解放同盟小多田支部長による自作自演と結論付けたが、その後見苦しい言い訳を繰り返しており、証拠があるにも関わらず自作自演を否定し続けている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/篠山町連続差別落書き事件


◆被差別部落出身の町職員に、差別ハガキが44通も→福岡県議が調査に力添え→ハガキはその職員の自作自演と判明…県議ショック
「差別問題を県議会で取り上げてほしい」。
2月、県議に一本の電話があった。立花町に採用された被差別部落出身の男性に、03年から計44通の差別的なはがきが役場などに郵送されていた。
県議は男性と面会。犯人への怒りや家族の不安を聞いた。そして、3月の議会で県警に徹底捜査を要請した。
3カ月後。容疑者として逮捕されたのは“被害者”の男性だった。会合で話をし、講演料まで手にしていた。
44通すべての関与を認めており、県警は町に雇用を継続させることが目的だったとみている。
「ショックです」。逮捕の一報に肩を落とす県議。これまで部落差別問題を政治活動のテーマに夜間勉強会も開催してきた。やりきれない表情に問題の根深さがにじんだ。
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1248325284/l50

◆朝日新聞珊瑚記事捏造事件
1989年(平成元年)に沖縄県西表島において、朝日新聞社のカメラマンが珊瑚に傷をつけ、その写真をもとに新聞記事を捏造した虚報事件である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%9D%E6%97%A5%E6%96%B0%E8%81%9E%E7%8F%8A%E7%91%9A%E8%A8%98%E4%BA%8B%E6%8D%8F%E9%80%A0%E4%BA%8B%E4%BB%B6

以下がその記事の一部。


「サンゴ汚したK・Yってだれだ」
これは一体なんのつもりだろう。(中略)「K・Y」のイニシャルを見つけたとき、しばし言葉を失った。(中略)日本人は、落書きにかけては今や世界に冠たる民族かもしれない。だけどこれは、将来の人たちが見たら、八〇年代日本人の記念碑になるに違いない。精神の貧しさの、すさんだ心の……。 にしても「K・Y」ってだれだ。



朝日新聞もカメラマン自ら珊瑚礁にKYという文字を書いて「けしからん日本人がやった」という記事を書いていた。
何らかの目的があって自作自演し、日本人を犯人をでっち上げる行為はこれ以外にも多く見られる。
そして差別落書きをされた!として『差別らくがき消し隊』という似非自演行為を画策している可能性も否めない。

アンネの日記同様に犯人が逮捕されればすべては解決となる。

同和と在日7―糾弾ビジネスの正体見たり!

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へ


スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。