上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ネットの中の朝鮮人・帰化人の特徴

次世代の党が大敗に終わり、案の定一部の支持者による「不正選挙だ」という馬鹿な発言が増加している。
この現象は「自分が納得できない結果」に終わったことを何かのせいにするという、昔はオウム、今は朝鮮人、コシミズ関係者らが行っていた変な集団の見苦しい現実逃避と同じであり「自分の都合の良い考え方」をしているに過ぎない。

次世代の党の支持者はそういった馬鹿な左翼をせせら笑いながら自分たちも同じ位置まで堕ちていることに気がついていない。
産経新聞までがネットに投稿された「ただ選挙用紙を束ねている動画」が話題になっているという妄想記事を書き、以前幸福の科学と田母神氏の対談を載せただけあってカルト染みた記事も目立っている。

田母神氏の投票数と次世代への比例の投票数が違うのは比例の票を不正された、と騒ぐ方々。
ちょっと考えれば東京12区は自民党が立候補していないのだから、小選挙区で田母神氏に入れた人が比例で自民党にいれたことくらいわかるだろう。

SNSと次世代の党の支持者
彼ら次世代の党の支持者には妄想集団の集まりであるSNSが深く関係しており、寄付金目当ての金儲けのためにデマや歪曲された情報を流し続けた結果、このような変な集団が出来上げたことは非常に罪が深い。

「○○へ電話して抗議しよう」「ツイッターデモをして世の中を変えよう」などと、やったところで本当はほとんど効果が得られないことを「世直し」とばかりに煽り立てることで一致団結を目指し組織化してSNSの存続を図る。

その保守から突然出てきた安倍叩きを開始し始めた連中も同じである。
民主党が野党の時は反民主で巨大掲示板も活気があり、SNSにも多くの人間が集う、ネットの動画も閲覧数が増える。
しかし自民党が大勝して野党が力をなくすと敵がいなくなるのでネットでの活動が沈静化しSNSやアフィブログが廃れ始める。

そこでツイッターなどで安倍叩きを画策し、その一方で安倍氏を支持するアカウントを作りマッチポンプ。
もう民主党叩きでは儲からないということなんだろう。

もっとも悪質なのは「自分は正しい人間である」「自分はネットでは強大な力がある」と自ら2ちゃんねる掲示板に書き連ねてアピールし、ややもすれば「自分に逆らうと容赦しない」と脅迫染みた言動をする方。
これは朝鮮人と同じ手法である。
ネットでのプロフィールに「政府の要人」「精神科医」「政治家の卵」「弁護士」とずらずらと嘘を書き連ね、ツイートを読めば馬鹿であることは一目瞭然であるのに、自分を大きく見せることに涙ぐましい努力をし人を玉している方々。

もっともそんな胡散臭い人間を安易に信じてしまう人がいるのも問題である。
仕事もせず生きがいを見出せない方たちが「ネットで活動している自分は日本のためになっているはずだ」と思い込み、目が覚めれば朝から晩までせっせとツイート。寂しさからネットで仲間を求め現実を直視しない生活を続けていれば弱みに付け込まれて騙される。
また、残念ながらそのような人が「次世代の党」を応援している場合が多い。

一般社会では朝鮮組織の嫌がらせ屋をしながら、もう片方で探偵事務所を兼務するマッチポンプ。
レーダー盗撮の話題で騒ぎ朝鮮系の盗撮防犯会社を宣伝と同じである。
ネットでは左では反日、右では聖人君主を気取り、彼らは表向きは相反しているように見えるが裏では協力、表裏一体である。

個人情報(入手は合法ではなく違法によるもの)をチラつかせながら嫌がらせをする部隊、右派を装い相談を受けるふりをして愛国ビジネス・愛国グループに利用したり、怪しい弁護士を紹介して金儲け。

見破る簡単な方法
それらの朝鮮人の嘘を見破る方法は簡単である。
その人物の言葉ではなく言動・行動で判断すればいい。

例えば日ごろからカルトのような発言をしているのに「私は自民党支持者である」「私は比例も小選挙区も自民に入れた」という人がいれば馬鹿はすぐに「この人は自民党支持者だ」と思い込む。
また、誰かが口だけの立派なことを言うと馬鹿は「この人は立派な人だ」と思い込む。
ある人が「私は政府関係者で極秘情報を持っている」と言えば馬鹿は「この人は政府関係者」だと思い込む。
ある人が「Aさんは凄い人なんだよ」というと馬鹿はAさんを凄い人だと思い込む。

しかしその一方でそのAさんが人の個人情報をちらつかせながら自分の利益を損なう相手を誹謗中傷、脅迫していることには疑問を感じながらも目をつぶる。
政府関係者で極秘情報を持っているといいながらニュース等の既出の情報をもったいぶってつぶやき、人のツイートやブログのフレーズを盗用していることには疑問を感じつつも心の中で打ち消す。

それでは永遠に本質には近づけないだろう。
このような考え方も冒頭に書いたように「自分の都合の良い考え方」が身についてしまった例である。
次世代の党は不正に票を減らされた、既に京都では集計が見直され、それでも次世代の党が当選には届いていないことには目をつぶる。

追伸
日本人のふりをした朝鮮人、またネットで活動する帰化人がよく使うせりふに「同じ日本人として恥ずかしい」というのがある。これは高確率で日本人ではない。

どのくらいの人が、街中で実際に日本人で愚かなことをしている人を見たときに「同じ日本人として恥ずかしい」と思うのか?
日本には日本人が大多数、ほぼ日本人なのだからわざわざ「同じ日本人として○○」という発想は出てこないだろう。
これが海外での出来事ならそう思うのも納得できる。自分が少数派にいるからこそ「同じ日本人として」が出てくるのである。

よってそのような台詞を吐く人間は日本人でない、または日本国籍になったものの少数派としての意識が高い人間である場合が多いのである。自分の出自を正々堂々と言えずにこのような台詞を吐くものは非常に醜悪である。

【楽天ブックスならいつでも送料無料】ドアの向こうのカルト [ 佐藤典雅 ]

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
にほんブログ村


[ 2014/12/20 17:05 ] 愛国カルトの嫌がらせ | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。