上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

常識を越えた自衛隊10万人“全軍”動員

未曾有の大災害となった東日本大震災で、自衛隊の災害派遣態勢も創設以来の規模となった。
その数、現場だけで10万人、後方で物資補給にあたる兵站(へいたん)要員を加えれば約18万人にもなる。
菅直人首相(64)の朝令暮改の指示とはいえ、陸海空あわせて約24万人の規模からすれば軍事的な常識も無視して“全軍”を被災地に差し向けた。(梶川浩伸)

現在、陸自は約14万8000人、海自約4万2000人、空自約4万4000人。
統幕などが約2200人で、自衛隊は約23万6200人の隊員を抱える。これだけいれば10万人の投入は問題ないと思うのは早計だ。
ある防衛省関係者は10万人と聞いて仰天した。防衛面をおろそかにできないし、九州の新燃岳の噴火、新潟・長野の地震もある。常識で考えれば長期間はとても張り付けられない人数だ」と話す。

通常、外征軍(他国の領域で作戦をする軍隊)が最前線に回せる兵員は総兵力の10~20%とされる。
残りは補給、整備、給食などの後方支援、すなわち兵站任務に就いたり、前線への交代要員として待機・訓練などをしている。そうして最前線部隊をローテーションしないと戦闘行動を続けることができない。(以下略)
産經新聞から抜粋 http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110317/plc11031700140000-n1.htm

全動員させるのはいきすぎだと思う。今の日本はまったくの無防備状態。
後日中国から人民解放軍が支援という名目で日本に始めて上陸する。このまま駐屯し続ける可能性もまったく0ではない。
中国が今まで近隣諸国でどんなことをしてきたかを考えると無防備に支援を喜んではいられない。
アメリカの空母が二隻日本にきているのは有り難い。アメリカ様様である。




【送料無料】昭和・平成日本テロ事件史

【送料無料】昭和・平成日本テロ事件史
価格:650円(税込、送料別)




[ 2011/03/18 05:58 ] 東北地方太平洋沖地震 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。