日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

このままいけばアメリカ国民が被曝する

福島第1原発:米が情報収集強化 無人機、衛星など総動員
福島第1原発の事故への対応が難航していることを受け、米軍の情報収集活動が活発化してきた。
日本側から要請があった場合の対処に備えた準備が始まったものとみられるが、同時に日本側発表の事故情報への不信感が背景にあることも浮き彫りになってきた。
米軍の活動は日本側との調整を経たもので「自衛隊との情報共有は極めてスムーズ」(ウィラード太平洋軍司令官)という。だが、米ウォールストリート・ジャーナル紙は「日本政府からの情報の質への懸念が米政府で急速に
高まっている」と報道。ニューヨーク・タイムズ紙も「東京電力は危機を過小評価してきた」と報じ、日本政府への不信感が米軍の情報収集活動強化につながったと指摘した。
http://mainichi.jp/select/world/europe/news/20110320k0000m030018000c.html

冷却材の拒否から始まり、度重なる情報隠蔽。
アメリカも対岸の火事ではなくなってきている。このままいい加減な対応していると本気でアメリカを怒らせることにならないだろうか?
アメリカは自衛隊と共に勝手に行動するかもしれないが、それでも仕方ない。
[ 2011/03/19 23:24 ] 原子力発電所関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ