上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

米軍輸送機 仙台空港を復旧させ巨大輸送機C17で毛布など93トン 

東日本大震災の被災地への支援に各国も活発な動きを見せている。米軍横田基地(東京都福生市など)には、在日米軍だけでなく、各国の軍用機や民間チャーター機が飛来し、被災地に支援物資を届ける拠点となっている。米軍が震災直後から始めた支援活動「トモダチ作戦」だ。20日、同基地から仙台空港に向かった米軍の大型輸送機「C17」に同乗し、支援活動を取材した。

在日米軍は支援物資の輸送路確保のため、震災直後から仙台空港の復旧に着手した。16日には同空港に輸送機「C130」が着陸できるまでに復旧され、20日にはC130の3倍以上の最大積載量がある「C17」が離着陸できるようになった。

同乗したのは、横田基地を出発したC17輸送機2機のうち米太平洋空軍エルメンドルフ基地(米アラスカ州)所属の1機。前夜に米国から民間機で届いた毛布やビニールシート、衛生用品などの支援物資約93トンを積んで午後1時半過ぎに離陸した。
仙台空港までは約45分。機内でステファン・マロリー乗組員(41)が「テレビや新聞で被害を見て、本当に衝撃を受けた。(05年に米などを襲った大型台風)カトリーナを思い出した。同盟国として最大限の支援を続けるつもりだ」と話した。
到着すると、待ち受けていた米軍関係者があわただしくフォークリフトで積み荷を降ろし、待機していた車両に積み込んだ。目を奪われたのは、いまだ車やがれきで埋もれたままのターミナルビル。滑走路脇の草むらには貝殻や海藻が残されたままで、津波の威力の大きさを物語っていた。
http://news.www.infoseek.co.jp/top/story/mainichi_20110321k0000m040083000c/

日本は無政府状態と同じである。自衛隊と米軍で進めたほうが人の命が救われるだろう。
ちまちまとトラックで運ぶのとはケタが違う。

melto27.jpg

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村



[ 2011/03/21 21:54 ] ライフライン・停電情報・尋ね人・その他 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。