上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

3人被曝の水たまり、放射線濃度が通常冷却水の1万倍 東京電力、福島原発3号機の分析結果発表 

東京電力は25日、福島第1原子力発電所3号機で協力会社の作業員3人が被曝(ひばく)した水たまりの放射性物質を分析した結果「通常の原子炉の冷却水の1万倍の濃度を検出した」と発表した。
放射性物質の種類などから原子炉や使用済み核燃料貯蔵プールにある燃料棒が「破損している可能性がある」としている。
日経新聞 
http://www.nikkei.com/news/latest/article/g=96958A9C93819696E0E7E2E2E38DE0E7E2E1E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2

原子炉や使用済み核燃料貯蔵プールにある燃料棒が「破損している可能性がある」ことを隠蔽し続けていたが、3人の方が被曝してしまったので慌てて情報を公開したようである。
長靴履かせないで行かせたのは絶対におかしい、これは作業員には正確な情報を与えないままに作業させているのではないか?まあ、そうであっても金で口封じすれば良いと考えているのかもしれない。
わざわざわかりにくいようにシーベルトを使わずに冷却水の1万倍の濃度という言い方をするところも悪意を感じる。
これだけの濃度の水が産みへ流れるのだから海の汚染は凄まじいことになるだろう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村



[ 2011/03/25 16:09 ] 原子力発電所関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。