上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2、3号機の圧力容器損傷か=東電福島第1原発―原子力安全委

国の原子力安全委員会は29日の記者会見で、福島第1原発2号機と3号機の原子炉圧力容器について、「圧力が上がらないということはどこかから漏れていると思うのが自然だ」と述べ、損傷の可能性を示唆した。会見した代谷誠治委員は「圧力が出ているのは1号機だけ。2号機も3号機も出ていない。どこかが損傷している可能性が高い」と話した。
また、東電が28日の会見で、敷地内から検出されたと発表した微量のプルトニウムについて、「1~3号機で燃料が破損、溶融しており、何号機から出ても不思議はない」と語った。
時事通信 3月29日(火)22時24分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110329-00000154-jij-soci

2号機の圧力低下は髄前から言われていたが、その度に原子炉圧力容器に破損はないと会見で述べていたが、隠蔽していたのだろう。
高濃度の汚染水で作業員が被曝してから隠せなくなってきたと思われる。
そもそもこの事故は菅総理の3/12のパフォーマンス視察によってベントを長時間あけることができなかったこと、また民主党がアメリカからの冷却材の申し出を断ったことが原因となって悪化したことな間違いはない。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



[ 2011/03/30 02:22 ] 原子力発電所関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。