上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

東電は被災者の受け入れにお金を徴収 自衛隊に貸すと汚される

全国各地で被災者の受け入れが進む中、原発事故の当事者である東京電力が、保養施設や社宅を多数保有するにもかかわらず、わずかな人数しか受け入れていないことが31日までに分かった。
東電は12都県に21の社宅や保養施設、461の独身寮や厚生施設を所有しているが、31日までに被災者に提供されたのは、新潟県柏崎市にある社宅24世帯のみだ。
同じ電力会社でも、東北電力は地震発生当日の11日から女川原発(宮城)敷地内の体育館に、約240人を受け入れた。中部電力も、社宅650世帯分と保養施設90室で受け入れる方針を示しており、その差は際立つ。
また、東電のグループ企業が運営するリゾートホテルでは料金を徴収していることも判明。新潟県のリゾートホテル「当間高原リゾート ベルナティオ」(十日町市)も154室に約520人の収容が可能だが、市役所を通じた受け入れは36人まで。「直接お申し込みいただいた方は大人お1人さま1泊3食で6000円、市役所から要請を受けた被災者については同じ条件で無料となります」(広報担当者)。

東電本社では「今後も、弊社施設による被災者の皆さまの受け入れ拡大を検討して参ります」(広報部)としているが、“消極的”としかみえない東電の姿勢に疑問の声が上がりそうだ。
http://www.sanspo.com/shakai/news/110401/sha1104010504014-n1.htm

自分たちの会社が原発事故を起こし住む場所がなくなった人たちに料金を徴収するとは、信じられない。
やはり作業員の方達に非人道的な扱いが目立つ会社だが、被災者たちのも同じ扱いをするつもりのようだ。これだけ日本だけでなく世界中に迷惑をかけている会社だと認識すらないようだ。バカという言葉しか思いつかない。

東電、計画停電で被災地・避難所の電気止める「考慮外だった」
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110314-OYT1T00710.htm

東電、手間がかかるからと「鉄道だけ電力供給は不可能」とウソ報告
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110315-OYT1T00535.htm

東電、被災世帯に2月と同額の3月分電気料金を請求
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20110325-OYT1T00998.htm

東電、避難住民受け入れゼロ→東北電力、中部電力は対応
http://news.goo.ne.jp/article/jiji/nation/jiji-110329X768.html

東電、しぶしぶ被災者受け入れるも避難所の「使用料」要求
http://www.sanspo.com/shakai/news/110401/sha1104010504014-n1.htm

東電、社員寮の看板から東電の文字消す、素早い対応に社員安堵
http://www.asahi.com/national/update/0402/TKY201104010561.html


東電「宿泊施設荒らされたくない」→自衛隊、消防の決死隊員が食堂床で雑魚寝
http://bbs68.meiwasuisan.com/bbs/bin/read/news/1301670479/l50
http://sibaryou55.iza.ne.jp/blog/entry/2222349/

melto79.jpg

東電が管理する広大な宿泊施設があるが、現場の隊員たちは部屋から閉めだされ、通路で寝起きする劣悪な環境を強いられているとのこと。
自衛隊に汚されるのは嫌だという理由で、Jヴィレッジというホテル並みの施設なのに、簡易毛布を床にひき雑魚寝を強いられている。東電は自社社員のみ遠く離れた場所に施設や船舶を用意し、ローテーションで休息させている。
日本で一番恥ずかしい日本人である。本当に日本人か?
にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
にほんブログ村



[ 2011/04/02 16:22 ] 原子力発電所関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。