上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

枝野の子供の甲状腺に関する発言 バカも休み休みに言え

枝野官房長官は、午後の記者会見で、福島第一原子力発電所の事故に関連して、周辺の市町村でゼロ歳から15歳までの子ども900人を対象に甲状腺の被ばく調査をした結果、危険な水準に達した子どもは1人もいなかったことを明らかにしました。
この中で、枝野官房長官は、福島第一原子力発電所の事故に関連して「放射線がお子さんに影響を与える可能性は高いので、3回に分けて甲状腺被ばくの調査を進めてきている」と、述べました。
そのうえで、枝野長官は「3月28日から30日に福島県川俣町と飯舘村で、合わせて900人余りのゼロ歳から15歳までの調査を行ったが、全員スクリーニングレベルを超えるものは認められなかった」と、述べ、子どもの甲状腺の被ばく調査をした結果、危険な水準に達した子どもは1人もいなかったことを明らかにしました。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110403/k10015075091000.html

甲状腺に異常がでるのは5年後10年後である。
枝野はどこまで国民をバカにしたら気がすむのか。このような愚弄した発言までするということは民主党もなりふりかまわずの状態なのかもしれない。
統一地方選挙が近いことも原因だろう。
一国の官房長官がここまでバカだとは考えにくいので、解ってて無知を装い異常なしの発言をしているのだろう。

サルコジ大統領と同日に来日したフランスの原子力専門チームが自国のメディアに答えた内容
・住民の退避範囲が狭いので拡大すること
・原子炉がどれだけのダメージか、放射線量が強すぎて調査できない
15歳以下の子供にヨウ素を事前摂取するようにすすめたが日本側が拒否した
・放射性物質の飛散範囲予想を国民に毎日広報すること(世界に誇る気象予測のスーパーコンピューターを日本は持っているのに活用してない)

放射性物質の飛散範囲予想に関しては日本気象学会(民主党)により日本では出来なくなっている

「放射性物質予測、公表自粛を」 気象学会が会員の研究者らに通達 「文書を見たとき、少し怖い感じがした」
http://cahotjapan.blog103.fc2.com/blog-entry-818.html

しかし、枝野氏も知らない日本人が多いからとよくこういうことが言えるとは・・・・。

http://www.youtube.com/watch?v=rCX1A3yJLqI
10年後に子供が甲状腺ガン、死亡続出
妊婦の染色体異常、貧血 死産早産。奇形1.8倍

2/4 http://www.youtube.com/watch?v=gFOxGGdzfn8
神経、精神、ガン、年齢性別問わず体調悪化

http://www.youtube.com/watch?v=oHg23DkfZDA
頭痛、様々な病気の誘発、免疫異常
「国から見放された」汚染された食品
言語障害、脳の萎縮

http://www.youtube.com/watch?v=tsE0CqvuifE
体内被曝で脳細胞が死滅
遠い地域でも汚染の強い地域の人と同じ高い内部被曝
牧草から土の十倍の15545ベクレルのセシウム137→牛乳→濃縮され人へ

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村



[ 2011/04/03 22:19 ] 枝野幸男 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。