上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「深刻な事態…これは天災ではない」 佐藤前福島県知事

福島県知事在職中に、国の原子力政策に疑問を投げかけていた佐藤栄佐久氏(71)に、東京電力福島第1原子力発電所の事故について聞いた。佐藤氏は「深刻な事態は国の原子力政策が招いたもので、天災によるものではない」と強調した。

--未曽有の事故に、東京電力は「想定外の事態」と繰り返した。
◆私でさえ安全と思っていた。経済産業省は「二重三重のチェックをしている」「自然災害による
事故も絶対あり得ない」と言っていた。国がそれだけ言えば、地域社会が信用するのは当然だった。
--88~06年の知事在任時、福島第1、第2原発で事故やトラブル隠しが発覚。安全管理に疑問を唱えていた。
◆原子力政策は、国会議員や福島のような立地県もタッチできない。政策の基本を定める長期計画策定会議の
メンバーの大半は電力関係者の「味方」。政策を実際につくるのは経産省の官僚だ。彼らにとって、良いのか
悪いのかは別問題で、一度方針を決めると後戻りしない体質だ。
--原子力安全・保安院の経産省からの分離が検討されている。
◆分離しないといけない。02~06年に原発トラブルなどに絡んだ内部告発が、県に21通も寄せられた。
 保安院に情報提供しても対応もせずに東電へ情報が流されると、告発者は恐れていた。原発の運転を前提に安全をチェックしろと指示してきたと指摘されるのも、保安院が経産省の一組織だからだ。
--第1原発敷地内からは、微量のプルトニウムも検出された。
◆3号機で使用中のプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料から出た可能性もある。プルサーマルは、専門家から安全性に懸念の声もあったが、国は推進してきた。
--多くの住民が原発関連の仕事に従事してきた現実もある。
◆原発のない町に帰っても働く場もないという問題は確かにある。ただ、第1原発がある双葉町を
見てほしい。原発ができて永久に栄えると思っていたが、すぐに2機増設してほしいという話が出た。
財政上の優遇もあったが、09年には自主的な財政運営が制限される「早期健全化団体」に転落した。
原発立地の損得を、冷静に考えるべきだと思う。(抜粋)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110404-00000036-mai-pol

3号機のプルサーマルに反対して、その後0円収賄事件とも言われる事件で逮捕されて失脚されられた知事である。
今この事態をどのようにみているのだろうか?
結局この人のいうことが正しかったのである。
プルサーマルとはウランにプルトニウムを混ぜるのだが、使えなくなった使用済み核燃料に混ぜて作ることができ、先日サルコジ大統領が来日したのだが、実はフランスが日本に売りつけているのである。

佐藤栄佐久前福島県知事は「反原発派」だったから逮捕されたのか
福島原発事故隠蔽で国と対立した直後に捜査
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2275



にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村




[ 2011/04/04 13:45 ] 原子力発電所関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。