上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

官邸HP、3/12の「ベント」開始時間を4時間余り早めの時間に改竄

原発事故で、政府の原子力災害対策本部が、首相官邸ホームページ(HP)で公開する経過録で、3月12日実施の1号機の緊急措置「ベント」の開始時刻を、4時間余り早め、書き換えていたことが6日、分かった。

ベントは炉内圧力を下げるため、放射性物質を含む蒸気を周囲に排出する非常手段。
当初、「午後2時半開始」と記入されていたが、3月27日に「午前10時17分」に変更された。
経産省原子力安全・保安院の担当者は「当院は当初からベント操作着手を10時17分としており、官邸に指摘し、表記が変わった」と説明。ただ官邸HPが、その時刻に「操作着手」でなく「開始」となっている点は「官邸側に提起したい」と語るにとどめた。
保安院によると、同日午前9時すぎ、1つ目の排出弁を開け、同10時17分に2つ目の弁開放に着手。だが不具合で開けず、調整後、実際の蒸気排出確認は午後2時半だった。
同HP上の保安院の別の発表では、14時40分に「蒸気の放出を開始」と表記。また枝野官房長官の会見録も、ベントは「14時ごろから」行われたとなっている。
同機は午後3時36分に建屋が水素爆発。ベント「開始」が、その5時間前か、わずか1時間前かで、受ける印象は違う。当日は菅首相の現地視察で、ベント開始が遅れたとの批判も出ていた。
また、書き換え翌日の28日には、国会審議で野党が政府の初動の遅れを追及している。
保安院は「(書き換えは)審議と関係ない」としている。
スポーツ報知
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20110407-OHT1T00034.htm

本当に頭が悪いのだろうか?
一度ネットにでたものは改竄してもあとが残るのである。そしてそういうことすれば余計に騒がれることとなる。
口蹄疫の問題が起こったときに山田元農水大臣が自身のページの「中国から子牛を輸入して牧場を広げたい」という内容を削除していたが、削除したことによって騒ぎとなり、まあ口蹄疫をできるだけ長引かせたかった意図があったのかどうかは置いといて、やましいことがあるので削除したと証明してみせたのである。

今回もそれと同じ。
事実だったことを改竄するのは流言蜚語の一つであろう。
民主党政府自ら官邸HPを使って間違った情報を流しているのは大問題である。

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



[ 2011/04/07 08:44 ] 原子力発電所関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。