上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

自民・谷垣氏 「菅内閣が国民のためにならないのであれば、倒閣したい」「我々は健全な野党として対応する」

自民党の谷垣禎一総裁は7日の記者会見で民主、自民両党による大連立構想について「政策のすりあわせもないなか、そういう(民主党との大連立を行う)ことは全くありえない」と述べ、否定的な考えを示した。そのうえで、大連立をめぐる総裁経験者との一連の会談に言及、「多くの方は軽々な大連立には慎重だった」と述べた。
菅直人首相の政治手法や政権運営に対しては「『今のままでは国民のためにならない』ということであれば、倒閣したい」と強調した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/110407/stt11040716170007-n1.htm


自民党の谷垣禎一総裁は7日の記者会見で、東日本大震災を受けた民主党との「大連立」について「われわれは健全な野党として対応する」と述べ、正式に否定した。
民主党側は菅直人首相続投を念頭に置いているためで、自民党内には谷垣氏の決断に表立った批判はない。大連立を巡る同党内の動きはひとまず沈静化しそうだ。
谷垣氏は首相・総裁経験者との一連の会談を「ほとんどすべての方が軽々な大連立に慎重だった」と総括。「政策のすり合わせもない中で、そういう(大連立の)議論はまったくあり得ない」と述べ、政策合意のない大連立を退けた。また、「私は菅さんの政治スタイルにはいろいろ疑問を持っている」と明言した。

麻生太郎元首相は7日、麻生派の会合で「連立は手段で目的ではない。『まずは副総理でどうです?』なんて話はピントがはなから違っている。そういうセンスの人と一緒にやれるかね」と述べた。安倍晋三元首相が会長を務める議員グループ「創生『日本』」も同日の総会で菅政権との大連立に応じない方針を決めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110407-00000030-maip-pol

ドイツが一度ナチスにやらせてみようか、ということで政権を譲ってああいう結果になった。
今回の民主党政権誕生もまた同じような背景がある。
そして震災を利用して日本はズタズタにされた状態。
大連立はしない方向が正解だろう、ましてや谷垣が総理、仙石が副総理などバカも休み休みにして欲しい。中国傀儡政権そのものではないか?

自民党議員は震災の復興では見えないところで頑張っている。正々堂々とこの反日政権の倒閣を目指して欲しい。
菅総理が大連立を言ってきたのは、断られることを前提に大連立を提案→自民が断る→震災の復興を拒否したようなものだ、というパフォーマンスのためだろうし、マスコミもまた一緒になって非難するだろう。

ただ国民もこのマスコミと民主党の結託にもうんざりしているのである。
テレビしかない人たち、団塊の世代と言われる勘違いした老害、そのあたりの人たちにも気がつき始めた人間もいるだろう。
にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村



[ 2011/04/07 23:04 ] 自民党関連 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。