上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

日本の将来

日本の政治についてのブログです。訴訟準備のため選挙後は不定期更新となります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

気象庁、4月7日震度6強の地震は東日本大震災の余震との見方

4月7日午後11時32分、宮城県北部と宮城県中部で震度6強を観測した地震について、気象庁は8日未明の
会見で、東日本大震災の余震であるとしている。
余震としては、最大規模の6強を観測したが、今後も2次余震について警戒が必要だとしている。
ソース:FNN
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00196891.html

マグニチュード7くらいまでならなんとかなるが8を超えると耐震のこと考えるとかなり厳しい状況になる。
ただ、余震ということなのだがそれはどうだろうか?

1978年の宮城県沖地震
震源地 宮城県沖 北緯38度15分 東経142度17分 マグニチュード7.4


というのが過去にもあり、今回は

震源地 宮城県沖 北緯38.2度 東経142.0度 マグニチュード7.4

最近の気象庁もそうだが、頭の悪い民主党によってなんでもかんでも嘘を報道すれば国民のパニックが抑えられると考えられてしまい、本当のことを言わなくなっているように思う。
嘘や隠蔽が混乱を招いているのだが、民主党にはそれがわからないらしい。
中国のやり方を見よう見まねでやっている方が政治の中枢にいるから癌となっているのだろう。

3月11日の地震がM9.0だったので大したことがないように思われるがM7.4はかなり大きい地震の類であり今後この地震の余震があるかもしれない。

melto100.jpg

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ
にほんブログ村

【送料無料】わかりやすい地震雲の本

【送料無料】わかりやすい地震雲の本
価格:1,260円(税込、送料別)




[ 2011/04/08 09:39 ] 東北地方太平洋沖地震 | TB(-) | CM(-)
スポンサードリンク
カテゴリ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。